比企能員単語

ヒキヨシカズ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

比企能員(?~1203)とは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した武将である。

概要

は不明だが、源頼朝企尼の甥で彼女の猶子となる。その関係で1180年に頼伊豆で挙兵すると、彼に仕えた。1182年に頼長男源頼家は彼ので誕生し、員の妻、河越重頼の妻、梶原景時の妻らが、となり、源頼家企氏を後ろとして養育されていった。加えて安達盛長の妻、河越重頼の妻、平賀義信の妻、源範頼の妻、源義経の妻、北条義時の妻は皆企氏の出身で、頼は当初は企氏を軸に源頼家を支えていこうとしていたようだ。

1184年には甲斐信濃源義仲の残党が挙兵したとして、和田義盛とともに足利義兼らを率いて追討している。さらに源範頼に従い、義宗とともに西海に赴いた。

州合戦では北陸道大将軍として宇佐美実政とともに出羽を制圧し、大河兼任が挙兵すると今度は上野信濃の軍勢を率いて東山大将軍として出していく。そして頼の上に供奉し、右衛門尉に任じられ、幕府でも上野信濃の守護となった。

ところが、源頼朝の死後、外戚の地位をめぐり源頼家を擁立する源実朝を擁立する北条に分かれることとなる。比企能員は頼の直断が停止され合議制に移ると十三人の中に入り、さらに梶原景時の弾劾にも参加するなど、御人を代表する宿老として取り扱われていたものの、員の・若狭局が頼との間に子・一を設けると状況が変わる。

北条時政はこれに危機感を覚え、頼が旧病で倒れた際西日本を実に、東日本を一分割継承させる案を提出した。そして比企能員が時政の屋敷を訪れた際天野遠景、仁田忠常によって殺され、さらに企一族の館も襲撃されて若狭局、一も含めて族滅されたのである。
吾妻』では企氏が時政の排斥をたくらんだためカウンターとして行ったとされるが、実際のところは不明であり、これを否定する学者も多い。ただ、企氏そのものが本のように僧籍に入ったものを除くとこれ以降の歴史でいなくなってしまったため、相は闇の中である。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AF%94%E4%BC%81%E8%83%BD%E5%93%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

比企能員

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 比企能員についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード