比企谷八幡単語

ヒキガヤハチマン

比企谷八幡とは、小説やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の主人公である。

ドラマCDアニメともに担当声優江口拓也。多分DT的な意味で)。

概要

8月8日まれのA型で、千葉市立総武高等学校2年F組に所属している。担任教諭の平塚静により強制的に奉仕部に入部させられた。
家族構成は両親と比企谷小町、それに飼い猫のカマクラ

高校入学式当日の登校中、散歩をしていたアホリードを離してしまいリムジンに轢かれそうになった場面に出くわし、そのを助けようとして事故に遭ってしまい入院する事になった。その為に高校生活のスタートに出遅れクラスに打ち解けず孤立してしまったが、自身の性格から仮に事故かったとしても立場は現在と変わらなかっただろうと本人は述懐している。

由比ヶ浜結衣からはヒッキー称で呼ばれているが本人は歓迎していない。First Loveやtravelingを唄っている訳ではない。
他に戸部がヒキタニくんと間違えたのをきっかけに、葉山隼人や戸部からを中心にヒキタニくんと呼ばれている。と言うか隼人が使えばそれがクラスの中心となる。

人物・性格

顔が良い方であると自覚する程度には顔立ちが整っているが、ドロドロと濁った腐ったの様なをしておりそれが全てを台しにしている。があるって事かな?

学業は優秀な部類で中学同級生が1人も居ない学校に行きたいと言う理由で勉学に励み、進学校である総武高に入学しその中でも悪くない成績を維持している。特に国語は得意で学年3位である。但し理数系は捨てており、数学は9点で学年最下位を取るなど悲惨な状態。
読書を好んでおり雪ノ下雪乃とはアホには理解出来ない国語得意同士の会話を交している。

将来の夢は専業夫と言って憚らない。ヒモでは駄らしい。
小学生の時分からぐならぬ婿ぐ準備はしており、料理を筆頭に事は一通りこなせる。ご近所付き合いをどうするつもりかは不明。

級友のどから存在をまともに認識されていない孤高の存在で、名前すら覚えられていない、いは間違えられる事が多々ある。天然光学迷彩の使い手か。休み時間は寝て過ごす。勉強が好きなのも1人なので他にやる事がかったからだった。
幼い頃から友達付き合いが上手ではなく本人は友達のつもりでも相手からは友達と思われていなかったり、自覚に空気の様な扱いを受けていた。そうした環境から1人である事を拒まない現在の人格が形作られた。
ぼっちを拗らせた結果、巧く人間関係を構築出来ている所謂リア充を憎み、見かける度に心の中で見下し、罵倒するに到っている。特に上っ面だけの人間関係を嫌悪し、青春を唾棄すべきものと考えている。
他人との交友が皆無に近いのでクラスメートであっても名前や顔を覚えていない相手が多い。結衣の事は彼女が奉仕部に相談に来るまで存在を知らず、戸塚彩加は1年から同じクラスでありながら顔も名前も性別も知らなかった。加の性別に関しては親しくなった今でも全に知っているかは怪しい。
昔は今より素直で、女子に話し掛けられて惚れられていると思い込んだり、自意識過剰にありがちな勘違いが多かった。そうやって多くの恥をかいた経験と反から決して二度と間違いは犯さない、勘違いしないと硬く決意している。その為に結衣から寄せられる好意を素直に受け取れない。しかしえ?なんだって?さんとはわけが違う。
これまでの経験が多くのトラウマとなっており、ふとした拍子にスイッチが入ってトラウマが呼び起こされる。特に結衣自覚ながら的確に八幡の心を抉る。トラウマ地雷原と言って良いほどの地雷の数が多く、偶に自分からり始めて勝手に自爆している。
集団からは離れた場に身を置き外側から人間観察をしているので人を見るは確かで、表層の態度に惑わされず本質を見抜く事が出来る。
ペシミスト。極度の捻くれ者で常に物事を斜に構えて見ており、静からは高二病であると認定されている。彙や知識は豊富で皮に満ちた屁理屈が非常に多い。
1人だと他人と接しないのでその分の余裕を自分に回せるので思考が加速する(多分1000倍くらいに)。だから常に役にも立たない事や益体もい事を考えている。
また、ては中二病患しており、コートと襟巻きで仮装永久『名も』を自称して仮想していた。

庭内カーストでも最下位に位置している。ただ決して全くが注がれていない訳ではなく、母親からは小町して幾分扱いが悪いものの心配はされているし、父親からも自身の経験から美人局や悪徳商法に引っ掛からない様にと教育を受けている。

自他共に認める(初期は否定する発言をしていたが後に認めている)シスターコンプレックス小町を可がっている。頻りに可愛いと誉めそやしており、小町に男が近付こうものなら手厳しく当たる。その度が過ぎた愛しっぷりには結衣や当の小町からすらキモいと言われるほどである。

ではカマクラと名付けられたを飼っており、毎年比企谷小町東京んにゃんショーを見に行くなど大抵の動物は好きだが、例外的に人とは嫌い。但し人の中でも加(男)と小町)は好き。

高校生男子として人並みの欲望は持ち合わせているが、リスクリターンの計算と自己保身に長けた小悪党なので実い。なんならどころか接触すらないまである。
卑屈な性格をしていてその思考や発想は下衆、八幡の言動や考えた作戦が周囲に引かれる事も少なくないが、生悪人ではなく知り合いが困っていれば助けるなど性根は善良な人間。場合によっては自らが泥を被る事も厭わない。この自己犠牲野郎!
結衣が「死ねば?」と発言した時は「死ねとか殺すとか軽々しく言うんじゃねぇよ。ぶっ殺すぞ」と落ち着いて静かに嗜めるなど、命を尊重する良識のある人格者である。これはもう八幡を祭としてっても良い。

漫画アニメ・ゲームに関する知識は豊富で、本人が生まれる前の作品から直近の作品までカバーする範囲は幅広い。心の中でく言葉にそういったネタを頻繁に絡めている。ネットスラングへの造詣も深い。

自分が生まれ育った千葉県へのは並々ならぬものがあり、千葉らせたらかなりうるさい千葉に関する知識にかけてはあのユキペディアさんをも上回り、千葉知識統一王座決定戦では勝利を掴んだ。

珈琲が好きで喫茶店やドリンクバーから自宅まで、飲み物を口にする場面のどで珈琲を飲んでいる。ブラックで飲めない訳ではないが砂糖ミルクをふんだんに入れた甘い珈琲が好きで、取り分けMAXコーヒーにはい。『人生は苦いから、コーヒーくらいは甘くていい……』は蓋し名言である。
珈琲に限らず甘いものは全般的に好きなようである。しかし結衣お手製ハニートーストには甘くない評価を下していた。
他にラーメンも好きで最強の食べ物と言い切っている。作中でもラーメンを食べたりラーメンの事を考えている場面が多い。

交友関係

雪ノ下雪乃

八幡が奉仕部に入部させられた事で知り合った。出会った当初の印は最悪で、今でも『絶対に許さないリスト』の筆頭に名前を連ねているくらいには最悪。
顔を合わせれば雪乃からは冷たい言葉で罵倒されている。罵倒されすぎて予想していたより生温いと感じるほどである。
原因、遇は違えど共に孤立した者としてシンシーを感じたり見解が一致する事が多い。だがお互いにお互いの傷を抉り合う関係である。

由比ヶ浜結衣

結衣が奉仕部に相談へ訪れた事で知り合った。同じクラスでありつつ八幡結衣を知らなかったが、結衣八幡を知っていた。
結衣クラス内での立場や言動、格好から八幡結衣ビッチ認定している。またアホとして認識しており、流石に面と向かって言う事は少ないが心の中では結衣アホの図式が当たり前に成立している。
結衣八幡慕の情を抱いており自覚もしているのだが、素直になれず照れ隠しに「ヒッキーマジキモい!」と連呼する。素でも言う。

比企谷小町

前述した様に八幡シスコンであり、小町を溺愛している。小町もそんなを利用しつつも好いており、兄妹仲は頗る良好である。
八幡の事は深く理解しており、理解しているからこそ将来を心配していて、結衣雪乃を筆頭に安心してを任せられる相手を探し、画策している。許容範囲は広く加もギリギリありである。
逆に八幡小町アホなのを心配し、ではよく勉強を教えている。しかしアホなので結果は伴わない。

戸塚彩加

八幡とは1年の時から同じクラスだが、加が話しかけるまで八幡加を知らなかった。何故か加は八幡に懐いており、頻繁に話す間柄となる。
八幡加のモーレツな可さに鼓動が高鳴り、胸が弾み、脈拍がまり、ハートをキャッチされてドキドキでスイート妄想をしている。雪乃結衣よりもヒロインらしく扱っており、うっかりプロポーズしそうになった事すらある。危うく海老名菜が喜びそうなルートに突入しかけた事は1度や2度ではない。

材木座義輝

八幡クラスは異なるが体育の授業でペアを組む際に、友達が居ない余り者同士で組んでいる相棒である。体育ペア勢。
八幡は義の痛々しい姿を疎んじているが義八幡が好きすぎてよく話しかけてくる。物語開始時点で友人が居ないと宣言している八幡だが、傍から見れば2人の関係は全に友人のそれである。だがこれを友人とは言えないだろう。敢えて言うなら腐れ縁か。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AF%94%E4%BC%81%E8%B0%B7%E5%85%AB%E5%B9%A1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

比企谷八幡

410 ななしのよっしん
2018/10/11(木) 09:27:46 ID: CAjyJJkahf
>>408
俺ガイルで8巻以降の問題を起こすリア充(特に葉山)の思考回路が
リア充のそれではなく、多少とも友達がいる程度の陰キャの思考なのがな
要は作中のリア充に理解を示すっていうのがあくまで作者内のリアリティのないの考えるリア充の有り方だから
7巻以降の八幡もあまり変わってないどころかむしろ悪化していると思う
7巻以降(6巻までもその傾向は強かったけど)は正直キャラ物語を作っているのではなく、作者の考える物語のためにキャラを動かしているから全員思考回路がめちゃくちゃなのをどうにかしないと八幡ブレブレの自分では何の行動もできないダメ男のままで終わると思う
411 ななしのよっしん
2018/10/13(土) 04:39:41 ID: G5cxeL5wDB
>>410
はー、なるほど
葉山たちがリア充っぽくない」って見方は今までしたことなかったが、言われてみれば確かにそんな気もする。
八幡がブレてるってのは、今まさに成長する「過程」の段階ゆえと思えば仕方ないと思う。
が、葉山や陽さんあたりが「ストーリーに合わせて」暗い悩みや歪みを抱えさせられてる感は確かにあるな。

>>409
リア充したほうが楽しい、ってのは必ずしも絶対的な価値観ではないと思うで。
最低限の社交性は持ちつつ、けど人に気をつかわずのんびり暮らす、ってのは一つの理想ではあるやろ。
むしろ友達を自分から積極的に作りに行くのって、なんかさもしい感じがして個人的には好きじゃないかな。
自然と寄ってきてくれる人とだけ友達になるのが「ソロ充」。そしてその寄ってくる人たちがたくさんいるのが「リア充」、ってのがの考えやな。自分から作りに行くのは「キョロ充」って印
412 ななしのよっしん
2018/10/21(日) 11:27:12 ID: pq2qS3qlOD
流石に自分から友人をつくりにいく人間を一緒くたに「キョロ充」って呼ぶのは言いすぎでしょう
キョロ充」で記事もあるのだから一度読み返してみては?
積極的に他人に関わることができる人間を何故そんな蔑称で十把一絡げにできるのか…
自然に出来上がる仲ってやつを否定するわけじゃないけど、かと仲良くなろうって気概も否定されるものではないからね

八幡好きだけど、こういうヒネたファンがわくあたりホント罪作りなキャラだよ
八幡ぼっち論は人のネガティブな何かを刺するんだろうねぇ
前にも書いたけど、それだけが八幡の魅じゃないのにな
413 ななしのよっしん
2018/10/22(月) 20:03:33 ID: RgnXUgr9Xr
それな
八幡っていろいろ考えすぎたり過去トラウマがどうのこうの言って、他人に対して消極的でなかなか関われないっていう、典的な日本人に多いタイプだよね

そんな主人公を否定的には書かずに内面はかっこいいとして肯定的に書いたってことが、このラノベの新しいとこだったと思う
なんか救われたような気がした多いんじゃないの 実際も6巻はじめて読んだときは感動したし

でもやっぱ実際には、もっと自分から他人と関わっていった方がいいわな
カースト上位者のなんてうすっぺら』とか本気で信じてる読者が出てきてるのはまさにこのラノベの罪なところだろうね

それって一巻とかの初期は八幡の会話すらしてないカースト上位へのひねくれた偏見、ひがみ、ねたみ、みたいなギャグだったはずなのに、
なんかいつのまにか、このラノベではそれが本当で八幡が一番すごいってことになってた(笑)
414 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 14:15:26 ID: qZY/Ikm3Sd
ラノベにしてはかなり女性ウケいいよね八幡って
女性読者少ない割にpixivとかはやはちとか好きな人多いし
415 ななしのよっしん
2018/12/11(火) 08:20:22 ID: l9YpJyWeYD
>>414
ラノベテンプレ的な個性なキャラデザじゃないのと、それなりに陰があってドロドロ拗らせてる一面があるからな
416 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 20:46:38 ID: eS/5maMS5T
アニメ3期決定したけど自分を八幡に似てる…と言っていたような熱心な八幡ファン
今どれだけ残っているかな…ああいう陰キャラにとっての自己投影の大当たりキャラって
最近じゃ見ない気がするんだよな、なろう系とかああいうのもさ設定だけ引きこもり
陰キャみたいな設定付いてるけど行動言動がどうみても陰キャのそれじゃない
ってのが多いし、中高生くらいのオタの心を掴み黒歴史を生み出す様な痛いキャラ
また出て欲しいと思ったり
417 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 18:48:29 ID: 2yZH6KpjZ/
今や八幡って気持ち悪い二次創作の自己投影キャラの代名詞だし現役じゃない?
418 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 15:18:02 ID: pq2qS3qlOD
はがない小鷹辺りから明示化されてきたぼっち主人公
論、あくまで「立ってきた」って話で、それ以前にも似たようなキャラはいたが
とにかく、その頂点とも言えるからねぇ、八幡
自らぼっち礼賛に傾くという
期ならではの痛々しい陰を抱える主人公なわけだが、その分野においては八幡える主人公はもう、今後産まれないのかも?しれない…ちょい大だが
実際、ここまで拗らせたキャラは、良しにつけ悪しにつけ今でも中々見ないわけで
サイコパス、人格破綻者みたいな壊れたパーソナリティを抱えるのではなく
むしろ「はちょっと壊れちゃってるんだぜ」みたいな捻た自己底に眠っている部分が肝
俺ガイルの迷走というか衰退は今更言わずもがなだが、こんな一部の読者を刺してくるようなキャラを生み出し(てしまっ)たことは、り継いでもいい気がするよ
419 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 13:26:29 ID: ZUYdt9pwCJ
八幡似てる言ってたはもう中高大卒業して八幡の痛々しさに気付いただろ
原作八幡だって初期とは違って自分の中の気持ちを受け入れてちゃんと他人と向き合おうとしてるんだから