毛利隆元単語

モウリタカモト

「毛利隆元」もうり・たかもと 1523年~1563年9月18日)とは、日本戦国武将・大名。

生涯

1523年(大永3年)に誕生。武田信玄は1521年生まれであり、ほぼ同年代である。
後世の肖像画から察するに、父親よりも母親に似ていた(細面でやつれたような顔の元就に対して、隆元い肌とふくよかな丸顔が立つ)ようで柔和な容姿だったらしい。そこを大内義隆に気に入られry

元就の保身策(それまで同盟関係にあった尼子から替えし、大内と同盟関係を結ぶため)により、当時同盟関係にあった大内へと人質に出された。時の大内大内義隆は文弱な性格であり、公家趣味アッー!な娯楽を持つ人物であった。

10代という多感な時期をそこで過ごした隆元は、公家かぶれにこそならなかったが文芸や遊を覚えてしまい、戦国武将としては覇気の足りないお坊ちゃんになってしまった。隆元は幼少期から親しんでいた狩りを止め、絵画や典書写にばかり勤しむようになった。
元就は後継者の堕落に危機感を覚え、宿老の志広良と共に隆元の訓育に苦労することになる。

 

君と臣は、船との如く。

どちらかが変ずれば、容易く覆されましょう。

宿老・志広良が、隆元に言い諭したとされる訓
理想的な君臣の関係を、船とに喩えた簡潔で見事な喩表現である。元就と共に毛利を支えた老将の一言に、隆元は相当心を動かされたようである。

 

元就と広良の厳しい訓育の甲斐もあって、隆元は1546年(文15年)に督を譲られる。だが実権はなく、毛利は引き続き元就導下に置かれた。
隆元父親に従順で、独自色を出すなどの手な努はしなかったため、隆元は生涯にわたって元就の手の上からは離れることはなかった。(できなかった、という方が正しいかもしれない)

隆元自身は、井上一族大粛清後の政治空白を埋め、毛利の財政を統括すべく五奉行制度や官僚組織を構築。各種訓や法度を定めるなど、行政機関を精的に固めている。
また厳島以前まで、人領連合的な要素の強かった毛利を一枚岩の大名とするために、領達との上下関係を明確にする方策(友誼を結んだり、銭を用いて雇用関係になったりなど、相手に応じて硬軟織り交ぜて対応した)を講じたりなど、元就の覇業を影から支えた。隆元がこの時期に定めた訓や法度の多くは、後世の長州の御訓として採用されたという。この辺はもっと評価されるべきである。

また内政面だけではなく、防長定後は九州戦線をほぼ1人で(小早川隆景支援を受けてはいた)受け持って大友軍を相手に転戦を繰り返すなど、軍事面での才も垣間見せる。
一時は雷神立花道雪とも戦を交わし、北九州覇権を争った。(さすがに相手が悪く、勝利まではもぎ取れなかったが、致命的な負けも喫していない。)
この隆元南方での奮戦が、北方元就の尼子討伐を大いに助けていた。また、戦線が落ち着いた後は足利義輝の調停活動を利用して和議を結ぶなど、政治・外交の片鱗も見せている。

1563年(永6年)、九州戦線から出雲戦線へと転進する途上、腹痛に襲われ急死。
殺説も出るほどの突然の死であった。実際に元就はその後しばらくして、元保など何人かの臣を暗殺の容疑で誅殺している。

その数奇な生涯を、幕末長州士・吉田松陰平重盛1138年~1179年 平清盛長男)に重ね合わせて「仁徳の将、勇決の士」と称賛した。

「ワシの隆元~~~~~~!!!!」

大河ドラマ毛利元就』より)    

劣等感との戦い

Wikiで紹介されている通り、内政・財務面では至極優秀であったし、教養も豊かであった。を自で落とした経験もあり、武将としても一角の人物であったことは疑いない。
だが、それも自分をかに上回る存在が近くにいては曇ってしまうものである。それが、二人の実吉川元春毛利の武勇を体現したような猛将)と小早川隆景豊臣秀吉下席巻の可性を示された智将)であった。

それに引き換え、二人の長である隆元には、確かに立つ要素がなかった。(毛利下の表舞台で評価されるような時代まで生きられなかったことも不幸だった)

更に不運なことに、隆元その事実に気づけないほど庸でも鈍感もなかったため、彼は父親や二人の達との落差に嘆き悲しみ、終生苦しみ続けていく。
その迷いと煩に満ちた思考形態は、まるで多感で打たれ弱い現代青年のようでもある。
細かい逸話などはWikiを参照してほしいが、素から「自分は器量才覚だ」と自嘲し、またある時は「達から除け者にされているのではないか」という被害妄想じみた自虐思考に苦しんだ。その自信のさは、読んでいる側まで居たたまれない気持ちになる。(深く帰依していた僧侶恵心に対して、自分が死ぬ事を予期していたかのような、ネガティブな内容の書状まで送っている)

 

文を以て治め、武を以て守る。

功あるを賞すれば、すなわち忠ある者が増える。

罪を罰すれば、すなわち咎ある者は減る。

賞罰を行うにせず。

~  「名将言行録」より抜  ~  

隆元が生前に自として遺し、長州訓として採用された一文。隆元の清廉な政治姿勢が読み取れる。

 

内政や財務に関するは本物だったようで、彼の死後に毛利の財政は傾いている。毛利の財務が正常化したのは、尼子との戦いに勝利して石見銀山を入手した後になる。
財政感覚に優れた彼がいなければ元就の覇業も、元の『毛利』としての活躍も、あり得なかったことを忘れてはいけない。

元就に従順だったのも、二代としては賢明な判断(某二代将軍の如く)であるし、実のある血族といざこざを抱えるのは世の常である。そんな血族達に振り回された人生ではあったが、決して後世に恥じるような生き方はしなかった、ある意味賢い人物であったとも言えよう。

もし死にしなければ、彼に対する歴史の評価も変わっていただろうが、歴史に『if』はない。仕方ないね

 

戦国大戦

万一心、皆のを結集しろ!』(CV:梶裕貴

毛利で数少ない騎隊、更にVer1.2の毛利一の制圧持ちである。
基本的に常に動いていないといけない騎隊に制圧があっても微妙とか言ってはいけない。
2.5コストで8/7で魅・制圧持ちとスペックは良い方である(同時に出た立花誾千代も同じスペック)。
ちなみに毛利三兄弟全員特技として魅を持っている。

計略の「万一心」は、毛利の味方の武と統率を上げる采配。士気5とは思えない上昇量ではあるが、代償として自分は計略を発動すると撤退してしまう。効果時間もやや短い。
計略を発動する度「やはり、私は…」と言い残して撤退する。
復活時台詞が「私を頼ってくれ!」だったり、どこか哀愁を誘う台詞立つ。

 

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける毛利隆元の力一覧。

初期は均的~中の上程度の能力だったが、シリーズが進む毎に上昇傾向にあり、次第に元就を一回り低くした程度の能力を与えられるようになった。そして最新作の『創造』では、遂に政治90台を突破。賢小早川隆景にも匹敵するを得た。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 79 政治 84 93 野望 77
武将風雲録(S1) 戦闘 64 政治 66 82 野望 50 教養 71
覇王 采配 86 戦闘 75 智謀 61 政治 80 野望 60
天翔記 戦才 148(B) 智才 130(B) 政才 160(A) 86 野望 69
将星 戦闘 74 智謀 80 政治 82
烈風 采配 77 戦闘 59 智謀 75 政治 81
世記 采配 67 智謀 73 政治 74 野望 74
蒼天 統率 66 知略 72 政治 78
下創世 統率 66 知略 64 政治 76 教養 71
革新 統率 76 武勇 74 知略 72 政治 85
統率 76 武勇 71 知略 72 政治 85
創造 統率 78 武勇 67 知略 81 政治 90

関連動画

信長の野望シリーズでは、三兄弟が仲まじく結束する、ほのぼの家族劇が展開されている。(論、実際にそこまで至るには数多くの苦難があったわけだが)

戦国無双ソーシャルゲームである「100万人の戦国無双」では、招き猫に取り憑かれた(そのせいが運に非常に恵まれているらしい)気弱な青年として登場している。4以降でのプレイアブル化にも期待できるか?

関連商品

お兄ちゃんも大変なんですよ。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E9%9A%86%E5%85%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

毛利隆元

80 ななしのよっしん
2016/11/09(水) 02:17:20 ID: Ovu5qilONF
個人的な解釈だけど、
元就隆元への評価としての「優柔不断」は辞書的な意味じゃなくて
「優しすぎる面があって心配」ってことじゃないかと思った

理由としては、隆元死亡後は元就穏装いつつもで、明らか
荒れてたみたいなんだよね。
で、
隆元本人は処分してほしいといった書を見て、元就達は隆元の本心を
ようやく理解したこと
・生きてた頃は安心してた旨の記録がある
という二点からも考えると、元以外は
「なんだかんだで、いて安心できる息子)」
だったんじゃないかな…元以外は。
81 ななしのよっしん
2017/01/20(金) 15:13:03 ID: djn/1rsOQW
尾崎局と結婚する時に、そのである内藤盛から用の一式を贈られてたんだね。
82 ななしのよっしん
2017/02/18(土) 17:31:42 ID: +64+uA2cFI
三原全面に出してる歴史館で、元就や元の説明はあるのに隆元だけナチュラルハブられてて笑ったww


……私は死ぬまで毛利隆元ファンであり続けることを誓います←
83 ななしのよっしん
2017/02/28(火) 13:58:58 ID: TT29KvUnY6
智謀も凄かった一面が
陶晴賢大内義隆に対して謀反を起こす時、事前元就だけでなく隆元とも打ち合わせしてたことを示す書状が残ってる
謀反が起きた直後に毛利軍は大内義隆に忠実だった人衆のを速攻で攻め落として勢拡大
陶と対立するようになってから大内義隆婿の立場使って大内臣を調略
大友との密約や停戦合意は毛利の都合で破って騙し討ち
ずっと親父さんの言いなりだったのかもしれないけど、隆元戦国武将にめられる腹黒い一面があったのかもしれんね
84 ななしのよっしん
2017/08/03(木) 20:34:00 ID: OONB82pK7C
地味長男だと思ってたけど信長の野望人気投票では次男より人気あるのね
85 ななしのよっしん
2017/10/12(木) 10:49:22 ID: 7ts+OY2QGb
>>84
ちょっと頼りなさそう(に見えるだけで有能)で温厚な上とか不人気なワケいじゃん?
86 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 21:34:21 ID: ppWczFVyVc
無双PC化されたらOROCHIの新作で徐庶楽進と仲良くなるんだろうな
87 ななしのよっしん
2018/01/04(木) 22:31:36 ID: foh1q1nPP6
もう評価してないのはあの世の本人位だろう・・・それ位いい感じの再評価再認識がされてる
88 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 05:02:23 ID: pE8S6oanri
隆元暗殺の黒幕元就という一番ドスい説についてはも触れない

まぁ、動機的な意味で現実味は薄いんだけど…
当時の乱世で自分が既に老
次男三男が分していて、長男を殺したら相当リスクがデカい(これで4男が元就から好かれてたなら今川みたいなんだが、そうでもない)。

政宗と家康子殺しと違って、本当に相が見えない死だよ隆元の死は
戦国最大のかもw
89 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 15:38:55 ID: YxfSgMR/vI
隆元にいさん無双で出たとしても先に元が出てる気がしなくもない。もしくは同時?

それはそうとして隆元政治あげろよコーエー