水中型ガンダム単語

ガンダイバー

水中型ガンダム(RAG-79-G1 ガンダイバー)とは、デザイン企画M-MSV』に登場するMSである。

デザイン大河原邦男。この記事では一部類似の水中ガンダムタイプも記述する。

概要

水中型ガンダム

RAG-79アクア・ジム」を再設計したエース用の陸両用機。通称:ガンダイバー

基本設計はアクア・ジムを踏襲しており、各部(特に頭部、肩部ユニットランドセルサイズ)の形状を変更している。頭部ユニットガンダムタイプに近い形状になったためガンダムと呼称されるが、実際はジム系に分類される。

連邦軍の陸両用MSの開発は、ジオン軍MSMシリーズに大きく遅れをとった。だがMSMシリーズへの対抗機として新規武装と共にロールアウトした水中型ガンダムは、一年戦争時の連邦水中MSの中では申し分ない性を持っていたのも確かである。

頭部を変更した理由については、後のガンダムTR-1[ヘイズル]の様に“ガンダムヘッドジオン兵に与えるプレッシャーや味方の戦意高揚的効果”を期待し、意図的に似せたという説が強い。実際、本機のパイロットキースガンダムタイプの頭部に頼もしさを感じた様子。

武装面はアクア・ジム系から見直され腕部ハンドアンカーは片方のみに。特に評判の悪かったビームピックは装備数を減らした上で、通常の70%程の長さにビームが収縮する後期モデルへ変更された。

専用の偏向(偏ビームライフルは、水中でのビームの減衰を抑える為に収束率を高めた物である(本体のジェネレータ出の強化も行われている)。
ハープーンガンは先端部に向性の爆薬を仕込み、装甲を突き破った後に爆発するという一変わった兵装。有効な兵装だったのか後にアクアジムハーモニーオブガンダムのカトキver)でも装備されている。

派生作品では

モビルスーツコレクション・ノベルズAct.6 fifty-fifty』では水中型ガンダムとそのパイロットキースの活躍が書かれている。ちなみに0083メガネとは関係ない。ハープーンガンではジオン水泳部の分厚い装甲を貫けない、という地味に問題になりそうな描写もある。

アッガイ横断2250マイル』ではキャリフォルニアベース攻略軍の機体がラスボスとして登場する。
機動戦士ガンダム カタナ』では宇宙世紀0084年にジオン残党掃討のため、地球連邦/ティターンズモーガンバルグが水中型ガンダムに乗って出撃している。が、肝心の描写といえば……。
機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詠う』ではダカール所属機が登場したが、ゼー・ズール2機との戦闘の末に破壊された。

機動戦士ガンダム サンダーボルト』では当初はアトラスガンダムではなく、水中型ガンダムのリファイン版が役機として登場予定だったようだ。

MSD版

MSD』ではガンダイバーの前身にあたる局地型ガンダムが設定された。

これまで同じSDクラブ出身のアクア・ジムべると露出が少なかった本機だが、2016年7月には遂にプレミアムバンダイHGプラモデル化が決定デザイン局地型ガンダムからの逆フィードバックを受け、よりガンダムタイプに近くなった…というかもはやガンダムその物と言える。
HG化決定の際、一部ネットメディアでは本機の番をRAG-78-G1と記載していたが、少なくともガンダムエースの記事ではM-MSV番と同じである。ダムエーの発売数日後に更新されたMSD公式サイトにもRAG-79-G1とあることから恐らく誤植だったのだろう。

なおMSD版は1stガンダムではなくアニメ版『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の世界観に属する。つまりパラレル要素を内包した水中型ガンダムである。1stガンダムと地続きの『ハーモニーオブガンダム』と違い、デザイン正史に輸入される事はい……と思われる。多分。

MSD版はカトキハジメデザインを担当。恒例の大河原デザインのカトキアレンジとなる。

「ガンダイバー」表記について

一部のゲームで「ガンダイバー」名義で登場しているが、M-MSVなどできちんと設定されたものではない。これはおそらくゲームSDガンダムX」が由来で、文字数の都合で「SDコマンド戦記 G-ARMS」のガンダイバーの名前だけ引っってきたものと思われる。
しかし両者には何の関係もないし、G-ARMSのガンダイバーモチーフも別のMSガンダムMk-IIマリンハイザックの複合らしい)である。一応似てはいるのだが。

ゲームガンダムウォーTCG)以外で作品世界内だとガンダイバーという呼称の使用は確認されていない。

が、『MSD』で局地型ガンダムの発表時に「ガンダイバーひな形となる機体」という文章が登場、その後公式サイトでも水中型ガンダム(ガンダイバー)という表記が確認されており、ORIGIN世界内ではガンダイバーという通称があると考えても良さそうだ。メインシリーズのほうでも、今後ガンダイバー名義が使われないとは限らないだろう。

なおZZ-MSVの時点でザクダイバーという機体が既にあるため、ネーミング的にもさして違和感いと言える。

その他の水中型ガンダム

ガンダムサブマリーン

漫画『新MS戦記』に登場。
近藤和久ワールドでの水中型ガンダム。式番号:RX-79M
(たぶん)陸戦型ガンダムM-MSVの水中型ガンダムとは関係に設定された機体である。

決定的に異なるのは近藤アクア・ジムRGM-79U)から先行してロールアウトしていた点。アクアジムを採用予定だったのは変わらないようだが。

ネット上でG-4計画の機体としてこれを紹介しているものがあるが、そんな設定はい。

アクア・ガンダム

SDクラブ誌掲載の漫画作品『シークレットフォーミュラ』に登場。
恐らく水中型ガンダムと同一機。潜艇「Gマリナー」との合体が可で作中では1号機と2号機が登場。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B4%E4%B8%AD%E5%9E%8B%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

水中型ガンダム

2 ななしのよっしん
2016/07/25(月) 18:51:18 ID: 0J96hKsA8I
されたぞ喜べ!

微妙デザイン変更されてっけどね
あと名称はやっぱり「水中型ガンダム」で、ガンダイバー表記は使わないみたいよ
3 ななしのよっしん
2016/07/25(月) 23:33:56 ID: XjKsJkMNlX
むしろ科が存在してたのか
4 ななしのよっしん
2016/07/25(月) 23:37:53 ID: ViU3fa7FXP
重な連邦水泳部だからね
MSD版は局地型ガンダム水中用で
正史アクアジムの強化版とは設定違うのか
5 ななしのよっしん
2016/07/27(水) 13:09:08 ID: 1cJZWsCTT8
流用してるみたいだけど大部分が新規パーツらしいので、やっぱ局地型ガンダムの意ど残ってないなw
6 ななしのよっしん
2016/07/29(金) 08:53:47 ID: jWOrWNwm9Y
の部分の形状でジム系だということがわかるけど伝わりにくい機体
7 ななしのよっしん
2016/09/26(月) 10:49:06 ID: lAhgq1dlA8
ギレンだとビームライフルにも攻撃出来るからベテランパイロット載せれば結構使えるんだよなぁ
8 ななしのよっしん
2017/03/15(水) 19:29:20 ID: SSN+hCcMqR
本家ガンダムジムだけど水中用はジムガンダムなのか
9 ななしのよっしん
2018/02/02(金) 17:47:34 ID: 0uts+IDtco
ジムジムだぞ
10 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 22:39:23 ID: had29DaLGq
>>2
ガンダイバーコマンドガンダムとかそっちの方の系列よ
あっちにも水中機いるけど全然違う
11 ななしのよっしん
2019/06/04(火) 03:42:54 ID: rPnWywnTlG
ジム頭のガンダム(BD1号機等)とガンダム頭のジムが両方いるんだな

急上昇ワード