水野忠之単語

ミズノタダユキ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

水野忠之(1669~1731)とは、江戸時代中期に活躍した大名である。

概要

徳川吉宗の下で活躍した老中。斎宮・・監物・和泉守。

岡崎水野の4男として生まれ、親戚の水野忠近の養子となったとされるが、27歳で徳川綱吉に謁見するまで特に役はなく、暇を持て余していたとされる。

しかし元12年(1699年)に実家水野が亡くなると、その跡を継ぎとなる。彼が最初に表舞台に出るのは穂事件の時であり、元14年(1701年)の臣団の鎮静化、元15年(1702年)の討ち入りに参加した穂浪士の預かり、等に関わっている。

その後奏者番、若年寄、京都代を経て、享保2年(1717年)に老中となった。京都代時代の彼を知る、近衛基熙は「人にあらず。も聡明、類なし」と評している。このような清廉潔な人物であり、徳川吉宗が進めた享保の革前期の財政再建導した。しかし彼の性急な財政再建は庶民の反発を強め、享保15年(1730年)に老中を辞任。これは悪評の責任を取らされた辞任ともいわれている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B4%E9%87%8E%E5%BF%A0%E4%B9%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

水野忠之

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 水野忠之についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード