永劫回帰単語

エイゴウカイキ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:[情報量の不足])
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。

永劫回帰とは、

  1. フリードリヒニーチェの思想である。
  2. エロゲ暁の護衛〜罪深き終末論〜」のEDの一つ。アーティストBarbarian On The Groove feat. カヒーナ。→曲リンクexit_nicovideo
  3. SFCRPG聖剣伝説2』で使用される楽曲名。→永劫回帰(聖剣伝説2)

ここでは、1について解説する。

概要

経験が一回限り繰り返されるという世界観ではなく、人的な意思によってある間とまったく同じ間を次々に、永劫的に繰り返すことを確立するという思想である。

ただし、ニーチェ本人は非常に直感的に漠然とっているだけなのであまり細かいところは不明である。

輪廻思想とよく対されるので、ここでも輪廻思想と対しながら解説することとする。

輪廻思想との違い

これだけを聞くと輪廻思想によく似た内容に思われるだろうが、ループの扱いもゴールも異なる。以降でそれぞれ詳しく見ていこう。

ループの違い

輪廻転生では、人は数の転生を繰り返す。これは動物に転生することもあれば、人間に転生することもある。そしてそれは、前世でのカルマに影されるものである。また、「生→死→次の生→…」と、生死を伴うものである点も見逃せない。

一方、永劫回帰では前世からの影は考慮されない。前世があったかどうかもわからない。そんな状況で同じ状況、同じ出来事が永遠的に繰り返されるのである。ここでは単に「今の生」が繰り返される。寧ろ、「前回はこうだった」ということを知っていては同じ状況にはならないので、そんなことはわからない というのが実情かもしれない。

よくわからない人は「エンドレスエイト」を観てみるのも良いだろう。多分3話を観始めた辺りから、永劫回帰の考えるループについて理解できること請け合いである。

ゴールの違い

輪廻思想のゴールは、ループから抜け出すことにある。これを解脱と呼ぶ。つまりループは否定的なものとして扱われる。

一方、永劫回帰のゴールは、ループそのものの肯定である。今この生が何度来てもかまわない、それで良いのだと強く肯定することにある。つまり、ループは肯定的なものとして受け入れられるものである。

先程の「エンドレスエイト」の例に則れば、よく似た同じ話が繰り返されるのを見て、「く話進まないかな」と考えるのが輪廻思想的発想、「これもアリかな」と肯定するのが永劫回帰的発想といったところだろう。多くの人は「これもアリかな」とか思える訳がない、と思うことだろう。それも当然のことで、ニーチェ本人も「それを引き受けられるのは人のみである」と言っている。一般人にはやはり理なことである。

無限ループ

創作の題材として無限ループが用いられることがあり、「ループもの」などと総称される。これら「ループもの」において多くの場合は、ループから抜け出すことをす話となる。あるいは、ループに囚われる事を恐ろしい事態として描いている。つまり「ループもの」での無限ループへの対応は輪廻思想的であると言うことができるかもしれない。

そもそも、永劫回帰的な態度で話が進んでしまっては話が進まないこと請け合いだろう。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B8%E5%8A%AB%E5%9B%9E%E5%B8%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

永劫回帰

66 ななしのよっしん
2018/02/01(木) 14:38:25 ID: MGotHMzxxe
生(には限らず)が何度も繰り返される…つまり人生の意味なんて大したものじゃない。どうせ頑ったって生が終わればになる。それが繰り返される。
そんなものでも方は生きる事を肯定できますか?
という意味だと聞いたことがある。
乱暴に言えば方は人生が苦しくてもそれを肯定できますか?というハナシで…
67 ななしのよっしん
2018/03/13(火) 04:53:04 ID: 3Os8n9HSkG
ネットで聞きかじりしただけの知識なので間違っているかもだが、この思想は『凡人人になるためのヒント』というより、『凡人人の界』ってことだろうか。
かなり強引に例えると、パーティー会場で終わった後の報酬のためにせっせと接待や手伝いに奔走するのがキリスト系、「く抜けたいな」と思いながら受け流すのが原始仏教系、「楽しい、また絶対参加しよう!」と素直にその場を楽しんでいるのが人という感じに捉えていいのだろうか?
68 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 01:43:50 ID: 96KmrNWCdl
地球が生まれる確率も人類が生まれる確率も自分が生まれる確率も途方もなく低い。25メートルプールバラバラにした腕時計の部品を放り込んで自然腕時計完成する確率っていわれるくらいだし、そんな極めて低い確率を今回のたったの一回で宇宙が引き当てたとは思えない。
想像を絶する数の人類、そして自分が生れなかった世界が沢山あって、でも世界の生まれ直しを限回と繰り返すことによってそれらを経た「今」があると考えるのが自然だし、永劫回帰は絶対に起こっていると思う。
それから、今現在自分がいることから、今の世界、自分があることの明が出来たわけだし、つまりこれからも途方もない数の自分の生まれない宇宙を挟んで、自分がいる世界限回訪れるんだろう。
そんな中で、ゼロパーセント確率は発現しえないことを念頭に置くと、自分が望む人生をおくることによって、自分が望む人生をおくることができる確率ゼロでないことの明ができるわけだ。
一度でいいから、そんな理想的な人生を実現できればこれからも限回そんな人生が訪れるわけだから、少しは明るくなれるんじゃないかな。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
69 ななしのよっしん
2019/03/22(金) 16:19:13 ID: CI6zXuz+uL
ここの掲示板見たらと似たような考え方に行き着いている人がいて安心した。何の明もできないけど時間は限に続くと思ってるし、だから限の試行回数があるから永劫回帰は正しい?というか納得できる。
最近妄想するのは「間も限なんじゃね?」ってこと。そうなると「繰り返す」とか以前に現時点、「今」限の数の自分が存在することになるよな。なぜなら限のスペース限の試行回数だから。なんか色々ルール破ってるのは分かってるけどどうしても間とか時間が有限?と考えることができない。いやー良い妄想ネタだわこれ。ありがとニーチェさん。
70 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 09:16:33 ID: QlUWXZjTDg
>>64
も始め『ツァラトゥストラ』とか『善悪への彼岸』とか読んだときはそういうこと思ってたんだけど、『この人を見よ』読んでみてニーチェへの考え方変わったよ ニーチェって本当は他の著書の孤高の姿勢からは想像もつかないほどとっても社交的だし前向きだし健康運動大好きの気のいいおじさんだったりする
>>65
それはも考えてたんだけど、クローンみたいなただ物質構成が同様であるだけで生成の因果関係は異なる存在みたいなものと、ニーチェ永劫回帰で想定されてるような、物質構成のみならず生成の因果関係まで全同一の自己とは違うのではないか、後者であれば全同一の自を宿すのではないか(つまり、気づいてないだけで実は今の自限に繰り返すうちの1回なのではないか)とか考えるかな自分は
71 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 09:29:48 ID: QlUWXZjTDg
>>68
まさに自分と同じ考えで安心した
量子力学の発展で、量子の位置と運動量とを同時に正確に測定することはできず、確率で判断することしかできない(素人だから間違ってたらごめん)以上、
ニーチェが想定していたような数学の循環小数みたいな決定論的な永劫回帰像は修正の必要があるのかもしれない…
けれど、あくまで「不確定」であるだけで、現在世界と同じ世界が生成される可性は、それこそ人間の想像を絶するような小さな確率であれ、否定はできないんだよね。
文字通り「不確定」であって「確定」ではないのだから。…と考えると、々の生は決して一回きりではないし、これからも限に新しい私が登場するんだよね。もちろん、前の宇宙でも私はそれに気づいてこうして書き込んでたのかもしれないし、前の宇宙ではそうではなかったのかもしれない。
つまり、今の自分の生は絶対的な一回きりのものではない。そう考えると本当に楽になる。
ニーチェの偉大なところって、懐疑義・合理義にまみれた近代人間が、宗教)を用いずに死の恐怖をする術を教
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
72 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 09:33:03 ID: QlUWXZjTDg
>>71
現在世界と同じ世界が「生成される」というよりかは「観測される」といった方がいいのかな不確定性原理からすれば
いやほんとたかだか新書で読んだレベルの素人がると簡単にボロが出てしまうよ
73 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 21:53:02 ID: PcORqnoles
実際に永劫回帰が起こるのかと言うのは、大事なことではないと思っている。

キリスト教のように死後の世界に報われるんだというに考える現実の否定(ルサンチマン)でなく、たとえ、今の人生限に繰り返すとしても「これが人生だったか。さらばもう一度。」と言えるような現実の肯定が大事だよということを端的に伝えるためのフレームワークが、永劫回帰なのだと思う。
74 ななしのよっしん
2019/06/01(土) 12:14:51 ID: aib/fufhZU
RTA走者みたいなもんでしょ?
75 ななしのよっしん
2019/06/02(日) 20:03:02 ID: 04XEEusSI7
ふ...覆水盆に返らず(震え声)

急上昇ワード

2019/12/06(金)14時更新