永射保単語

ナガイタモツ
プロ野球選手一覧 > 永射保

永射保1953年10月3日2017年6月24日)とは、広島東洋カープ西武ライオンズ横浜大洋ホエールズ福岡ダイエーホークスに所属していた元プロ野球選手である。

現役時代は左の横手投げ投手として中継ぎ・左のワンポイントリリーフとして活躍し、西武時代には多くの左の強打者を手玉にとった様から「左殺し」の異名で呼ばれた。

概要

高校卒業後、1971年ドラフト3位で広島東洋カープ名され入団。

当初は上手投げの投手だったが制球に難があり、さらに当時の広島エースだった外木場義郎の投球をの当たりにしたことで速球として生きていくことを諦め、2年オフにはヤクルトで技巧として遅いボールで活躍していた安田猛を参考にしてフォームを横手投げに改造する。

74年には乗替寿好とのトレードで太平洋クラブライオンズ(のちの西武ライオンズ)に移籍。
今でこそ70年代後半から80代前半での中継ぎイメージが強い永射だが、当時のライオンズは慢性的な投手不足であったため、永射は先発中継ぎ・抑えの全てをこなし、77年には199.2回を投げて9勝10敗6セーブという成績を残している。

永射は西武に移籍後、今度は同じパ・リーグチーム阪急ブレーブスエースだった山田久志を参考に再びフォームを改造。本人く「モノにするのに4年はかかった」ようだが、そのフォームが完成した79年からは左の中継ぎとして79年~81年は3年連続リーグ最多登板を果たす。

82年に広達郎が監督に就任すると左のワンポイントリリーフとして起用されるようになるが、6月23日阪急戦では「奇襲」として先発登板し、6と2/3回を4失点ながら勝利投手となり、「マジック2」を点させてチームの前期優勝に大きく貢献した。

83年は引き続き左のワンポイントとして6月までは防御率0.00を維持し、登板機会が増えた7・8月にやや調子を落としたが、最終的に42試合で2勝1敗1セーブ防御率2.41という成績を残し、チームの2年連続の優勝に貢献。巨人との日本シリーズでも左の巧打者だった篠塚利夫を抑えこんでいる。

84年は3年振りとなるリーグ最多登板を果たすが、85年はやや成績を落とし、86年に監督森祇晶に交代すると、この年はわずか5試合の登板に終わり、87年に広瀬太郎とのトレードで横浜大洋ホエールズに移籍する。

大洋では8788年の2年間で66試合に登板したが良い結果は残せず、89年には福岡ダイエーホークスに移籍し、90年限りで現役を引退した。

その後はスナックの経営やリトルリーグ小郡リトルニア」の監督など様々な分野で活動していたが、2017年6月24日にがんのため63歳で死去。

また2011年西武ライオンズドラフト名された永江恭平リトルリーグでの教え子。

プレースタイル・エピソード

左のサイドスローアンダースローとも言われる)から繰り出されるクロスファイヤーに切れ込むストレートと浮き上がりながら大きな弧を描いて曲がるカーブを武器とし、左打者にとってはこのカーブ背中に当たりそうになる度からストライクゾーンに入ってくるため、左打者からすればまさしく「魔球」と形容するにふさわしいボールだった。

左のワンポイントとして最も良い成績を残した83年には左打者を.193と抑え込んだ他、得点圏でも被打率.167メンタルの強さがる。

1981年には日本ハム戦にて相手打者の柏原純一を敬遠する際に敬遠球が甘く入ってしまい、それをホームランにされてしまったことがある。

永射にカモにされた選手

VS レロン・リー
打数 安打 死球 本塁打 三振
77 18 2 1 1 12
78年 5 1 0 0 2
79 24 5 0 0 7
80 13 4 0 0 4
81年 10 1 1 0 3
82 2 0 0 0 1
83 9 1 0 0 3
84年 15 3 0 1 2
85 10 0 1 0 2
86年 5 0 0 0 2

通算被打率.153

レロン・リーと言えば日本プロ野球において通算打率.320の日本記録保持者であり、それでいて長打も兼ね備えたロッテの歴代助っ人で最強と言える外国人打者である。
そんなレロンは永射をまったく打ち崩すことが出来ず、84年の7月4日では永射が先発投手として登板した際に「左打者にもかかわらず右打席に立つ」という荒業にでたこともある。
同年8月24日にはレロンは永射から実に7年振りとなる本塁打を放っているが、この時はベンチで「ビックリビックリ」と大喜びしていたという。

ちなみに永射は自身の500試合登板記念パーティレロンを招いている。

VS トニー・ソレイタ
打数 安打 死球 本塁打 三振
80 16 0 1 0 5
81年 18 5 1 0 9
82 8 0 0 0 7
83 1 0 0 0 1

通算被打率.116

ソレイタは日本ハムファイターズにおいて4年間で155本塁打を放った強打者であり、「サモアの怪人」の異名で他球団から恐れられ、80年には4打数連続本塁打を2度記録した選手だった。

そんなソレイタが最も苦手としたのが永射であり、ソレイタは80年の9月4日にその日最後の打席で本塁打を放つと、翌日5日の西武戦で3打席連続本塁打を記録し、日本新記録となる5連続本塁打をかけて9回最後の打席に向かう。

かしここで登場したのがこの時点で10打数安打と大の苦手としていた永射であり、永射は「あの時は絶不調で投げたくなかった」らしいが、そんなことは知らないソレイタは永射の姿を見た間に涙目になってしまい、結局永射の投球の前に3球3三振に終わり、新記録を立することはわなかった。

通算成績

通算:18年 登板 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 606 9 0 44 37 21 -- .543 906.0 232 654 456 414 4.11 1.19

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B8%E5%B0%84%E4%BF%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

永射保

1 ななしのよっしん
2018/01/28(日) 10:47:15 ID: oInzDzHwd9
亡くなっていたとは知らなかった
ご冥福をお祈りします

急上昇ワード