永楽帝単語

エイラクテイ

永楽帝、名は朱棣(しゅてい)は中国歴史上の人物。明朝2代目3代皇帝で、太宗・世祖とも称される。
生没年1360~1424年。在位期間1402~1424年。
智勇と気にすぐれ、明帝国を東ユーラシアの雄に推し上げ、中華帝国の一黄金期を築いた英雄天子

燕王時代

明の初代皇帝である、洪武帝朱元璋の第4子として生まれる。皇后と史書に記されるが、諸説があり、実際のところは不明である。理由は後述。

朱元璋は貧農から身をして、南方の群雄を討ち滅ぼし、続いて、まだ北方を支配していた、東方モンゴル帝国である元を長圏外まで掃討して、明帝国を打ち立てた偉大な英雄であった。しかし、疑心が強く、下を統一すると建の功臣達の粛清を行い、権皇帝へ集中させていく。詳細は朱元璋の項を参照。

朱元璋は臣下をみぬ一方で、全に自分の息子達を王に封じて、皇帝直系による帝国統治を論んだ。
北のモンゴル高原へ退いた元と、直接対峙せねばならない北の地には、幼少の頃から文武の素質を嘱望された朱棣が封ぜられる事となった。となった朱棣は期待に応え、豊かな軍才を開させて度々に元軍を打破り、朱元璋は「朕に北顧の憂いし」と量に満足する。

靖難前夜

次の皇帝には、先立った長男の朱標に代わり、朱標の息子である、朱允炆が皇太孫として立てられる事となった。朱允炆は同様、温厚な文系の人柄であり、幼い孫の将来を憂慮した朱元璋が、危険分子をくすために、過度な粛清を推進させたともいう。一時は英明で功績も高いを立てる事も考えていたという説もある。

朱元璋が崩御し、朱允炆は第2代皇帝・建文として即位する。新たな政策として、側近である斉泰と黄子澄が推進する、中央政府による削政策が実施された。
独立した軍事を持つ諸王の存在は、朱元璋息子達という子関係により、バランスが取れていただけであり、甥っ子である皇帝に、叔父である諸王が遠慮する根拠は乏しく、さっそくに5人の王が取り潰された。

にも手が及んだが、流石には敏く、手管を駆使してかわしていた。が、ついに保身の為に武を用いざるをえなくなった。賊軍の謗りを避けるべく、大義名分として、君側の奸を討つ意「君難を靖(やす)んじる」が掲げられ、=北軍と、建文=南軍との戦争が勃発。後世「靖難の変」と呼称されることとなる。

800対600,000

当初、の手勢は南軍の策略もあり、僅か800人を数えるのみであった。
しかし、玉、朱、丘福といった勇将や、軍師である怪僧、和尚が控えていた。まず北軍は、周辺の拠点を攻め取り、威勢をもって数万の軍勢を集めた。本を上げた南軍は30万の大軍を動員する。

南軍の大将軍には、洪武帝期の粛清でも生き残った宿将の耿炳文が選ばれた。しかし、の巧みな揮で、南軍は緒戦において苦戦する。一時の敗北に建文は動揺し、耿炳文は更迭され、後任の大将軍には、建文のふたいとこにあたる、が選ばれた(の祖朱元璋)。さらに20万が動員されて南軍は50万の容となる。だがは気品ある美男子ではあったが、中身は残念であり、名将であった文忠とは似ぬボンクラであった。彼が揮をとると聞いたは小躍った。

北軍は兵差によって劣勢であったが、南軍大本営の無能優柔不断により戦局を立て直していく。
南軍には盛庸、安、徐祖、鉉といった良将もおり、善戦して北軍を苦しめた。しかし、彼らを使いこなし大戦の采配ができる、に対抗できるほどの名将を欠いていた。
とはいえ、肥沃な華南地帯を抑えている南軍の補給は凄まじく、次々に戦が投入され、60もの大軍が編成されていき「局地戦でいくら勝ってもは埓があかぬ」と都である南した。霊の戦いで南軍のを撃破し、戦の末に南に到達する。

すでに敗戦の為、南の守将へ左遷されていたは、抵抗で南門を開いてしまう。北軍の入軍に混乱した内では火災が発生して、建文行方不明となった。脱出して僧となったという説も存在する。

永楽の瓜蔓抄

に上したは、戦後処理にあたり、旗幟を変えた者には罪を問わず許し、再登用する寛容を示した。
しかし、節を曲げず、自分を非難している者達には苛な弾圧と迫を加えた。戦犯である斉泰、黄子澄を初めとする奸臣達(とは信じる)の関係者1万人余は次々と処刑され、妻女は苦界へと堕とされた。

その中でも最も有名なのが、建文政治顧問の方孝孺に対する処断であった。
代表的儒学者であり、知識人達から名のある方孝孺への処遇をおもんばかった和尚に「方孝孺を殺してはならない」と忠告していた。も忠告を容れて当初は方孝孺に対して礼を尽くしていたが、方孝孺の志操は固く、「賊簒位」と非難されるにおよんで、ブチ切れる。かくして、方孝孺の子、友人、一族、家族800余人がかき集められ、処刑が執行された。方孝孺自身も口を裂かれ、全ての死に様を見せつけられた後に処刑、さらに著書も焚書された。(後世の創作という説も存在する)

九族鏖殺をえる「滅十族」という、累系者を殺し尽くす残酷さは、「永楽の蔓抄(かまんしょう・つるまくり=づる式)」と呼ばれ、の暗部のひとつして知られる。

建文には2人の男子がいたが、1人は南失陥時に行方不明。1人は助命したものの、幼児の時から閉を行った(後に50年以上経ってから釈放される)。

世界帝国

建文がいなくなった後、皇帝として即位、年号を永楽とした。後世から永楽帝と呼ばれる事となる。永楽帝は、都を南から本拠地の北に遷して、北京と名付け(実質的に遷都したのは治世の晩年となる)彼一流の国家プロジェクトを次々と実行していく。

文化面では、永楽大典(百科事典の化物)といった諸書を編纂する一方で、対外政策を盛んとし、
南方では、朱を、その死後には、玉の息子)を官として派遣し、安南を征
西南では、侯顕を遣わしてチベットの活シンを招き、その意見を傾聴し、較的穏健に統治を委ねている。
東北では、失哈(イシハ)に出兵を命じて、シベリア樺太にまでを拓いた。
極東では、日本からも貢をうけ、室町幕府将軍足利義満を「日本国国王」として冊封している。

海洋では、後の大航海時代を大きくを造り上げた。鄭和に100m級の巨艦60余隻、随員2万人以上の大艦隊を率いさせて使節として各派遣。艦隊は南西へ進み、遂にアフリカ沿まで達する。
都合6回の南海大遠征が行われ、は最大で30にも達した。(後の宣徳の代で1回行われ、計7回)

モンゴル政策~死

西方では、モンゴル帝国す、西方モンゴル帝国の盟たるティムールが、20万の精兵を率いて、モンゴル帝国の旧領たる中国の奪還を計画。しかし途中でティムールが病没して出師は返され、東西の大帝国決戦は回避される事となった。

有能な臣下達に仕事を任せつつ、永楽帝自身も軍を率いて、北方モンゴルへと親征する。
モンゴルでは、クビライが断絶し、四十モンゴル(ドチン・モンゴル)部と呼ばれる遊牧連合が割拠し、次第に猛威を吹き返しつつあった。

当初は宿将の丘福に任せていたが、丘福が永楽帝示に背いて大敗して戦死してしまい、永楽帝自身が出向く事情となった。万里の長城を越えてモンゴル高原に兵を進め、5度の遠征を行い。強兵であるモンゴル騎兵モンゴルで打ち破る壮挙を為した。ただし3~5回の遠征は敵軍と遭遇できず、徒手に終わった感が強い。遠征は、威を高らかしめたが、モンゴルの健在を許した。

永楽帝は5回モンゴル遠征の帰還中に病に倒れて崩御。長男の高熾が皇帝に即位し、後の洪熙となる。

人物

勇武に長じ、青年時代は北方の対モンゴル戦線、壮年時代は帝国の内乱、老ではモンゴル高原で武威を表した。自ら頭に赴く事も多く、矢石を恐れぬ勇者であった。

当時は皇帝独裁制であり、策は永楽帝の辣腕と、オリジナルが強く反映されていると見られる。
自身の不明を自覚し、諫言にもを傾ける度量を持ってはいたが、暴君的な面もあり、自身の意に染まぬ者に対しては厳罰をもって報いる傾向も強かった。

内政面では、質素倹約に努め、災害時には速に民の救済を行い、人物を見る眼にも優れていた。
しかし、長男の朱高熾(後の洪熙)を柔弱として価を見抜けず、一時、嫡しようと考えていた。結局、朱高熾の息子の朱瞻基(後の宣徳)の出来が良かったので断念した。この2人は後世、明君と讃えられ、「仁宣の治」の善政を為した。

ティムール帝国の使者は、永楽帝貌を、背はやや低く、ひげは多くも少なくもないが、ひげの二、三房はまで伸びて三つ四つの渦を巻いている、と記している。
的に政務、軍務をこなす一方で病弱であり、てんかん持ちであったらしい。
4人の男子と5人の女子をもうけたが、進まぬ治療で、皇帝として後宮のとなった20余年では、子供は生まれず、宦官と密通して、死罪となった宮女に面と向かって、か、役たたず呼ばわりされたとも。

非合法な方法で登極した経緯から、譜代以外の臣を信じきる事が出来ず、東(秘密警察)を設けて監視・統制を行い。洪武・建文期に抑えられていた宦官の権限を強化させ、自身の走狗とした。
前述の鄭和、侯顕、失哈は宦官出身者である。彼等は実で有能な人物であったが、後の明の世では奸佞な宦官跋扈することとなり、傾の火種ともなった。

正当性

「君側の奸を討つ」と大義名分を掲げながら、結局皇帝として即位したことは生涯の汚点となった。それをぬぐうべく史書にも竄を加え、建文期の記録を抹消し、明の第2代皇帝は建文ではなく、永楽帝だと記した。
自身の出生にも手を加え、妃の生まれではなく、皇后から生まれた嫡子であると記録に上書きして、正当性をしたともいう。

逆に、必要以上に永楽帝を悪く書いた史料の方も存在する。

不正確な出生から、元最後のハーンであるトゴン・テムルの胤を宿した妃ゲレルタイが、洪武帝に奪われて、生まれたのが永楽帝という伝説が生まれた。関連性は不明だが、永楽帝の麾下には帰順したモンゴル将兵も多く、軍は精強であった。また、為政者として、元を開いたクビライ・ハーンを範にしたという説もある。

簒奪者として、同時代から後世まで炎上しているが、永楽帝が、最初から皇位への野望を抱いていたのかは不明。叔父としては、むしろ甥を可がっていた節もあった。まだだった頃、偶然、皇太孫の建文に出会い「こんなところで会うとはなぁ」と、甥の背中を親しくたたいた。しかし、それを見ていた朱元璋は「王の分際で、次期皇帝に非礼な!」と激怒した。これに対して建文は「私をするが故の仕です」と取りなしている。

永楽帝にも言い分はあったが、心優しく、善政を敷いていた建文を討ったことから、世間の当たりは強かった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B8%E6%A5%BD%E5%B8%9D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

永楽帝

4 ななしのよっしん
2013/07/30(火) 07:39:07 ID: JPd32OdZLs
>>3
フビライよりは唐の太宗の方が似ている気がする。

身内を殺すことで権を握ったこととか、の後を継いで二代皇帝として領土を拡大したこととか。
5 ななしのよっしん
2013/07/30(火) 07:39:11 ID: JPd32OdZLs
>>3
フビライよりは唐の太宗の方が似ている気がする。

身内を殺すことで権を握ったこととか、の後を継いで二代皇帝として領土を拡大したこととか。
6 ななしのよっしん
2014/09/19(金) 22:07:01 ID: RkoNOzKRQx
朱元璋時代の北元遠征ではココテムルにボロ負けしてるんだから
遊牧民の根拠地モンゴル高原まで親征かまして大勝した永楽帝すごい

明打倒を夢見た中央アジア最大の英雄ティムールの記事もほしいところです
7 ななしのよっしん
2015/03/30(月) 15:35:59 ID: vbL4lT4YR9
甥っ子殺して皇位を簒奪してるあたり日本天皇に似てるね。
そういや天智天皇洪武帝みたく粛清まくりんぐだったな
8 ななしのよっしん
2015/09/03(木) 15:28:51 ID: PzAt21V20f
方孝孺の処断については「創作と言う見方もある」というより
「信用の置けない書物に書かれた内容」のようだが…
wikipediaより
9 ななしのよっしん
2016/09/14(水) 21:39:13 ID: 0eQtNLNhha
普通歴史上の人物としてみればすごい人物だが
昨今の情勢を考えると恐ろしい人物に思えてしまう
10 ななしのよっしん
2016/09/14(水) 21:46:44 ID: 48/pQcNEDu
秘密警察なんて何時の情勢でも恐ろしいからな。(どのレベルで行動を起こしていたのかは知らないけど)
11 ななしのよっしん
2016/12/30(金) 00:27:22 ID: 7axLAWSOo2
>>6
当初はココ・テムルに大敗するも約10年後の復讐戦ではハーン直属の軍団を壊滅させ、10年近くモンゴルを再起不能にし、モンゴルに対する前線基地を築いて防備を固めた洪武帝

瓦剌を攻撃すれば韃靼が勢を強め、韃靼を攻撃すれば瓦剌が勢を盛り返し、結局両者ともに決定打を与えることができず瓦剌の跳梁を許し、更に洪武帝の築いた前線基地を一部撤し後に禍根を残した永楽帝

モンゴル政策という一点においては洪武帝の方が圧倒的に上だと思うんだが、皇帝自ら軍を率いての親征が物しいせいか永楽帝の方が評価される不思議。

批判的に見るならば韃靼と瓦剌というモンゴルの二大勢にいいように利用されたにすぎないからな、永楽帝モンゴル親征って。モンゴルの征どころか一部の勢を味方につけることもできず、暫くの間再起不能な打撃を与えることさえできなかった。
12 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 15:24:34 ID: mbaa3hmtWc
>>11
皇帝自身の親征って格好よく聞こえるけど、運が悪ければ土木の変
のような事態になってもおかしくないからな。
13 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 20:33:30 ID: rZooRlLo8T
安南支配も満州経営もすぐに終わったし、明の遠征は徒労に終わったものが多いな

急上昇ワード