永正の乱単語

エイショウノラン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

永正の乱とは、戦国時代初期の永正年間に発生した一連の戦乱である。

ここまでのあらすじ

とりあえず長享の乱の記事をまずは読んでほしい。

永正2年(1505年)の長享の乱の終結で、享徳の乱での太田道灌の活躍によって台頭著しかった分の扇上杉氏を、山内上杉顕定は抑え込むことに成功した。寛正7年(1466年)以来すでに40年近くにわたって関東管領を務めあげ、足利政氏である山内上杉顕実を養子とし、山内上杉顕定は優れた手腕を発揮して着実に関東を治めていったのである。このまま何もなければ関東に再びの平和が戻ることもあったかもしれない。

しかし、上杉禅秀の乱永享の乱結城合戦享徳の乱長尾景春の乱、長享の乱と長引く東の戦乱は、関東方と関東管領の下で何とか保たれていた室町的秩序というくさびを解き放ち、関東の諸族の間に南北朝以前からすでにまかれていた争いの種の根を、着実に広げさせていったのである。

さらに、南関東では、それまで存在しなかった新勢北条早雲こと伊勢宗瑞が率いる後北条氏が伊豆を中心に芽吹きつつあった。彼らは今川氏の客将という身分ではあったものの、長享の乱明応の政変を通じて関東パワーバランスの中に抱合されつつあったのだ。

そしてそんな火庫に、最初の種火が放り投げられた…

関東足利氏の内部紛争

敏腕だった山内上杉顕定を悩ませる問題が、突然降ってわいたように現れた。古河方である足利政氏と、その息子足利高基(厳密にいえばこの当時は足利高氏だが、当然先祖のあの人とややこしいので、高基で統一する)が争い始めたのである。古河では足利成氏以来「両上様」体制が敷かれていたのだが、それがあだとなり始めていた。

足利高基は、永正3年(1506年)に岳である宇都宮成綱のもとに動座し、足利政氏方の小山成長への攻撃をもくろむ。一方足利政氏も、岩城や小峰脩、白河結城氏や那須氏といった北下野から南の諸将を動員することで対抗しようとしたのである。

この事態に対し山内上杉顕定は梁田政助を通じ、足利高基方の簗田高助、簗田孝助らと交渉。足利高基は諸将の協を十分に得られなかったこと、山内上杉顕定が出してまで和に努めたこともあって、翌永正4年(1507年)に古河に戻ることとなった。

かしこれは問題を何一つ解決するものではなかった。永正6年(1509年)に第二次政氏・高基抗争が勃発したのである。この事件は実はあまりわかっていることがないが、とりあえず山内上杉顕定が調停を行ったこと、またしても足利政氏有利に決着したことが伝わっている。

このように関東の対立の解消は非常に危うい状態で、山内上杉顕定の双肩にかかっていた。しかし享徳の乱長尾景春長享の乱北条早雲こと伊勢宗瑞、に続き、三度営の対立とは別の場所から着状態を打ち消す存在が現れてしまったのだ。

上杉謙信長尾為景である。

山内上杉顕定の死と山内上杉氏の分裂

永正4年(1507年)8月越後守護で山内上杉顕定上杉が守護代である長尾為景に討ち取られ、房のいとこである上杉定実が擁立された。長尾為景長尾上杉を支えるも、永正3年(1506年)の一向一との般若野の戦いで戦死し、越後長尾氏が代替わりをした矢先のことであった。

しかし、確かにが殺されたとはいえ、長尾景春の妨があったこともあり、山内上杉顕定は当初は長尾為景上杉定実と大きく対立することはなかった。ところが、越後の山内上杉氏の権益が侵食されるにつれ、ついに山内上杉顕定は越後を手中におさめる決意をする。

足利政氏足利高基の抗争が終息した永正6年(1509年)7月山内上杉顕定は大軍勢を引き連れ越後に侵攻し、長尾為景上杉定実はあっけなく敗れ、越中に逃亡することとなった。ところが、越後支配を試みた山内上杉顕定であったが、再起を志す長尾為景の根回しもあり、その支配は困難を極めたのである。

さらに、またしても足利政氏足利高基の対立が始まり、第三次政氏・高基抗争が勃発した。永正7年(1510年)に古河を出た足利高基は、重臣簗田氏の関宿に入り、足利政氏との対立を明確に示す。おまけ足利高基であった殿然(後の小足利義明)が太田荘で起するなど、関東の分裂は深刻な事態になっていたのである。

そして越中から佐渡にわたっていた長尾為景が、に上陸。寺泊、椎、と次々に山内上杉方を破り、ついに府中を奪還する。支えきれなくなった山内上杉顕定は、退却するが、長原で討ち取られてしまったのである。

山内上杉顕定は、実子がおらず二人の養子を迎えていた。

一人は周晟の息子・つまり上杉実の孫である又いとこの山内上杉憲房で、越後にともに従軍してきていた。もしかしたら越後を与えるつもりだったのかもしれないが、長原で山内上杉顕定が戦死すると、白井に撤退した。

もう一人は足利政氏山内上杉顕実である。こちらは鉢形にはいっており、以前から後継者として定められていたようだ。

山内上杉顕定の死後、関東管領は山内上杉顕実が継いでいた。しかし、山内上杉憲房との対立が生じ、山内上杉顕実は足利政氏山内上杉憲房足利高基と結びついたのである。

宇都宮錯乱と両陣営の抗争

永正7年(1510年)の紛争は足利高基方の宇都宮氏内でも対立をもたらした。婿足利高基支援した宇都宮成綱に対し、重臣の芳賀高勝が足利政氏方につき、武衝突。宇都宮成綱を隠居に追い込んだのである。しかし、これを受け入れる宇都宮成綱ではなかった。永正9年(1512年)に足利高基支援を受けて巻き返しを図り、芳賀高勝傷事件を起こしたのである。

これをもって全に宇都宮中は宇都宮成綱宇都宮忠綱方と芳賀高勝方に分裂する、宇都宮錯乱が起きたのだ。足利高基は自分の最大の味方である宇都宮氏内の抗争を治めるべく、沈静化を図ったが、宇都宮氏は宇都宮成綱方の勝利宇都宮錯乱が終わる、永正11年(1514年)頃まで機しなくなってしまった。

その一方で永正9年(1512年)は足利政氏山内上杉顕実と足利高基山内上杉憲房の争いが本格化した時期であった。その結果6月に鉢形が落山内上杉顕実と惣社長尾顕方は没落。関東管領をめぐる争いは山内上杉憲房勝利に終わり、宰職も長尾長が引き継いだ。

敗北した山内上杉顕実は足利政氏を頼り古河に逃れた。ところが足利政氏古河の防衛拠点であった関宿が敵の本拠であること、重臣である簗田氏が敵方についていることから、小山成長のへと逃亡することとなる。これに対して足利高基古河に入り、ついに足利高基古河方化が実現され、足利政氏足利高基の抗争自体は足利高基勝利に終わった。しかし戦いはまだ終わらなかったのである。

伊勢宗瑞の相模侵攻

こうして関東足利氏山内上杉氏が北関東で抗争している間、南関東でも別の争いが生じていた。長尾為景長尾景春北条早雲こと伊勢宗瑞と手を結んだためである。長尾景春はともかく伊勢宗瑞は長年上杉氏と協関係にあった人物だが、その背景には伊豆を経由した太平洋運の権益をめぐる争いがあったらしい。

伊勢宗瑞は永正6年(1509年)に扇上杉朝良を攻撃し始める。扇上杉氏の本である江戸城まで迫り、さらには山内上杉氏の領である武蔵西部にも侵攻した。しかしこれに対しては山内上杉氏の援軍を得た扇上杉朝良に押し返され、やむなく和を結ぶこととなった。この背景には遠江守護斯波義達が遠江に侵攻し、今川氏親支援しなければならないという伊勢宗瑞の事情もあったのだ。

しかし前述のとおり上杉氏内部の抗争に乗じて再度扇上杉朝良と敵対。永正9年(1512年)に再度相模中部から武蔵南部まで侵攻する。これに対抗したのが、落ちぶれていたとはいえ安以来の名門であった三浦寸であった。しかし、三浦寸のこもる岡崎攻略し、ついに永正10年(1513年)正月三浦寸を三浦に後退させ、攻囲を続ける。永正13年(1516年)についに伊勢宗瑞三浦氏を滅亡させ、相模伊豆の大名となったのであった。

永正の乱の終結

足利政氏はわずかな供を連れてに移ったとはいえ、小山成長、扇上杉朝良といった勢がこれを支えた。そのうえで足利政氏下野を中心とした、北関東をめぐる諸勢の抗争を利用する形で古河奪還をもくろんだのである。

この結果足利政氏方には佐野氏、皆川氏、小山氏、那須氏、佐竹氏、岩城氏、扇上杉氏が、足利高基方には横瀬氏、長尾氏、結城氏、宇都宮氏がつき、さらには州の伊達氏や石川氏とも結びついていったのである。

このころになると足利高基方の最重要勢である宇都宮氏の宇都宮錯乱は、宇都宮忠綱の勝利によって収束することとなった。宇都宮忠綱は足利政氏の参要請に応じた岩城佐竹義舜と永正11年(1514年)に宇都宮合戦を開く。宇都宮忠綱は一度は敗れるも、結城政朝の援軍を得てこれに見事勝利することとなった。

さらに下野には黒羽の上那須太郎)との下那須五郎)の両那須が存在した。上那須京都扶持衆、下那須は親鎌倉府方であり両者はたびたび争っていたのである。しかし上那須は内紛の末滅亡し、下那須の下那須資房によって両那須は永正11年(1514年)に統一されたとされる。

その那須領で永正13年(1516年)に岩城佐竹連合軍と宇都宮忠綱の戦い・那須縄釣合戦が行われた。那須氏はもともと足利政氏方であったのだが、下那須資房の滅ぼした上那須資永白河結城顕頼のであり、白河結城氏と結びつく佐竹岩城氏と敵対するのは当然であった。こうして那須氏は佐竹氏との同盟関係を破って宇都宮忠綱と結び、宇都宮忠綱は再度勝利することとなったのだ。

こうして足利政氏方の岩城佐竹の後退と、足利高基方の宇都宮忠綱の優位の確定は、足利政氏下野で存立基盤を崩壊させた。さらに永正10年(1513年)に小山成長から小山政長への督継承が古河方との距離を変化させたのである。つまり足利政氏の最大の与同勢であった小山氏が、足利高基方についたのだ。

こうして永正13年(1516年)にを追われた足利政氏は、扇上杉朝良の岩付へと移った。足利政氏はその後、小足利義明を後継者と位置づけ、永正15年(1518年)に扇上杉朝良の死でついに味方を全に失ったことで久喜館に隠居することとなる。山内上杉顕実もすでに永正12年(1515年)には亡くなっており、足利政氏は享4年(1531年)まで長生きするも、寂しく生涯を終えていったのであった。

ところがこれは北関東に限った話である。

小弓公方足利義明と後北条氏の躍進

もはやかなり前過ぎて忘れられているかもしれないが、永正7年(1510年)第三次政氏・高基抗争の際、足利高基殿然が起したことを覚えているだろうか。の対立を見続け血気にはやった彼は、やがて還俗して足利義明名乗り足利政氏勝利した足利高基と争っていくのである。

一方房総半島は、分裂しい下総千葉氏、享徳の乱以来の古河方方であった武田信長に始まる上総武田氏、里見義実に始まる安房里見氏らが展開していた。上総では次第に長南武田氏と武田氏に分かれていき、武田氏の武田清嗣が実質的な惣領の座につく。その息子武田信嗣も足利政氏方として上総に勢を拡大させていった。

そして永正7年(1510年)その息子武田信清が小の原胤と争う。ここに呼びつけられたのが、相模の統一を果たした伊勢宗瑞である。武田信清は永正13年(1516年)に伊勢宗瑞と連携し、永正15年(1518年)には小攻略する。そしてそこに足利義明を迎え入れたのである。これが小方の始まりであった。

足利義明足利基頼鶴岡八幡宮の奉人である牧氏や逸見氏、近臣の二階堂氏や佐々木氏、椎氏らを引き連れていった。その第一の支援者武田信清であり、婚姻を通して結びついていた安房の里見義通らがこれに加わった。一方武田氏に圧迫されていた長南武田氏は足利高基に従い、下総千葉氏や臣の土気酒井氏も古河方方となる。房総半島にも争いが持ち込まれたのである。

永正16年(1519年)、佐貫郷で大乱があったとされる。上総椎の戦いである。決着のついた永正の乱であったが、以後は古河方と小方の戦いに移っていくのである。

結論

関東が余計ややこしいことになった。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B0%B8%E6%AD%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

永正の乱

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 永正の乱についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/12/13(金)01時更新