江川太郎左衛門単語

エガワタロウザエモン

江川太郎左衛門とは

  1. 江戸時代伊豆駿河・相模甲斐武蔵などの領を管轄した伊豆山代官の世襲名。
  2. 江戸時代後期の伊豆山代官・江川(ひでたつ)。号は坦領の代官にして当時有数のエンジニア

本記事では2を扱う。

概要

享和元年(1801年)5月13日伊豆山代官・江川太郎左衛門英毅(ひでたけ)の次男として生まれる。豊臣秀吉小田原攻めの際、徳川家康に臣従した地江川英長を祖先に持つ。

通常代官は世襲制ではないが江川は代々世襲を認められており、歴代当は皆太郎左衛門を名乗っている。普通「江川太郎左衛門」という場合、英す場合が多いため、本記事では江川太郎左衛門=英とする。

文政4年(1821年)、長の英虎が死去したため嫡子になる。文政7年(1824年)、代官見習いになる。見習い時代に製鉄技術や蘭学に関心を持ち、鍛冶蘭学者に師事する。また、と交友関係のあった忠敬や間宮蔵の縁で測量について学び、専門並の知識と技術を有した。

保5年(1834年)、の英毅が死去。翌保6年(1835年)に山代官就任。

代官就任後、海外情勢と防策についての建言を幕府に提出し幕閣の注を集める。この時期、勘定吟味役の川路聖謨渡辺崋山など当時の著名人と交流を持つ。

蛮社の獄

保9年(1838年)、外船の渡来が頻繁になったため、江戸湾防衛のための測量が行われることになった。江川川路聖謨推薦により副使に任命され、正使には老中首座・水野忠邦の命により付・鳥居耀蔵が選ばれた。

蘭学を非常に嫌っていた鳥居は、蘭学に理解のある江川を憎んで測量作業者の身分が低いことを理由に言いがかりを付け、解雇を強要するという嫌がらせを行った。

更に、測量終了後江川が具体的な防策を提出しようとしていた矢先に、鳥居の仕組んだデッチ上げ事件「蛮社の」が起こり、江川の作業に協していた渡辺崋山逮捕される。江川も連座しかけ、渡辺の元作成していた防策「外事情書」の提出を断念。大幅に内容を削った文書を提出せざるを得なくなった。江川は失意の内に江戸を離れ、故郷山に戻る。

高島秋帆との出会い

山に戻った江川は、長崎で洋式砲術教授している高島帆という人物の噂を聞き、配下の者を何人か長崎に送って高島門人にした。戻ってきた者達から高島の優れた砲術を聞いた江川は、自らも高島門人になりたいと思い立ち、長崎に赴いて師事する。

水野忠邦も高島砲術を高く評価し、江戸への出府を命じた。保12年(1841年)、江戸にやって来た高島は自身の砲術に基づいた軍事演習を行い、見物していた幕臣を驚かせた。だが幕府の和式砲術達は自分達の地位が脅かされることを恐れ、「洋式砲術の方が優れてる?違うよ。全然違うよ」と非難。これに対し江川蘭学者鈴木山の名を借りて反論した。

水野忠邦から高島への子入りを正式に許可された江川は、高島から砲術を学び免許皆伝を得る。江川高島は互いに敬意を持つ良好な関係を築いた。

高島軍事演習後、水野は洋式砲術を取り入れた軍制革を構想し始めた。しかし、当時町奉行に就任していた鳥居耀蔵はこれに反発。高島逮捕するため「謀反を企てている」という、蛮社のに続くデッチ上げの容疑をかけ、高島を捕縛する。江川高島実を明するために活動するが、願いわず高島江戸に送還され投江川高島に差し入れを頻繁に行って慰撫したといわれる。

なお鳥居については保14年(1843年)に水野を裏切って機密文書を政敵である老中・土井利位に横流しし、水野は老中を罷免され保の革は頓挫。だが翌化元年(1844年)に水野が老中に復帰すると報復を受け町奉行を罷免。化2年(1845年)には禁固刑を受け、讃岐に預けられる。 その後明治6年(1873年)までしぶとく生き延びる。

施政

高島から砲術免許皆伝を授かった江川は塾を開き、洋式兵学の教授の製造にを注ぐ。また、オランダ語で書かれた資料を翻訳して反射炉建造を実施するが、予算不足のため反射炉によるの製造は上手くいかなかった。だが、後に肥前佐賀の要請を受けて反射炉製造に協し、佐賀日本で始めて反射炉の建造に成功することになった。

その他特筆すべき事績として、保11年(1840年)、二宮尊徳山に招き、その意見を施策に採り入れる。保13年(1842年)に高島門人山に呼び、携帯食として乾パンを製造させている。このため現在では「パン祖」と呼ばれ、江川にちなんだイベント伊豆で行われている(関連リンク参照)。嘉永3年(1850年)には実子に種痘を行い、支配地の住民達にも種痘を奨励。その善政によって「世直し江川明神」と讃えられた。

列強の脅威への対処

嘉永2年(1849年)4月相模湾と下田突然英国軍艦マリナー号が現れ、断で測量を開始し始めた。下田急行した江川は、マリナー号艦長のマセソン中佐に対して退去を勧告。この時江川は予てより行っていた地元農民への軍事教練の成果を見せようと、農兵を動員して相手を威圧し、見事退去させることに成功した。彼は事細かに訓練させることにより武門出でなくとも軍事行動が取れることを明してみせたと言ってもいいだろう。

ちなみにこのとき地元農民を組織する際に協した一人が武州多摩佐藤五郎。つまり、新撰組副長である土方歳三の義にあたる人である。土方歳三も彼の影をいくばくかでも受けていたかもしれない。

嘉永6年(1853年)6月米国の艦隊来航に伴い江川下田で警備についていたが、6月15日に幕府からすぐ江戸に来るように命じられて出府。勘定吟味役格に任命され、幕政参与を許される。

老中首座・阿部から台場建造を命じられた江川はその建造に着手。翌年5月までに現在お台場として知られる地区に第一~第三までの台場完成させる。

また、米国から土佐に戻っていた元漂流民の万次郎を通訳として召抱えることを建言し、これが認められ万次郎は出身地にちなんだ中という姓を与えられて江川の配下となった。

安政元年(1854年)、安政の大地震津波によってロシア軍ディアナ号が沈没すると、プチャーチンらを帰させるため、洋式帆船を建造を提案。これを実行に移し、日本人の船大工達に洋船の建築技術を習得させた。

その他、自身が地元で行っていた農兵制や軍創設の実現、更に米国の制度を知り政治体制の革を夢見ていたが、安政元年(1854年)12月務による過労で体調を崩した江川は寝たきりの状態になる。翌安政2年(1855年)1月16日、そのまま回復することく志半ばで永眠。享年55歳(満54歳)。阿部江川を勘定奉行に昇進させる予定であったと言う。

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B1%9F%E5%B7%9D%E5%A4%AA%E9%83%8E%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

江川太郎左衛門

1 ななしのよっしん
2010/06/07(月) 16:36:14 ID: fCgvm7pryc
名前は聞いたことあるけど、反射炉を作ったことくらいしか知らなかった。
まさか大百科歴史の勉強ができるとは。

記事作成乙です
2 ななしのよっしん
2011/06/30(木) 16:46:18 ID: IYurb4t9Pn
パンの記事にリンクが出来てたからまさかと思った
ガチ記事だ!

風雲児たち」の漫画でしか知らないけど
死に様が印に残ってる
3 ななしのよっしん
2011/06/30(木) 16:52:53 ID: 3LpKUj9E71
風雲児たち幕末編では
阿部と並ぶ初期の役だったな
4 ななしのよっしん
2013/09/03(火) 17:10:24 ID: JkRDG9FTdE
若い頃はおびで斎藤弥九郎とコンビ組んで関八州で勧善懲悪をしていた、というのはマジなのだろうかw
ちょい時系列ズレるが洋学学んだ江川剣豪斎藤の股物とか歴史ラノベ書けそうだなw
5 ななしのよっしん
2014/02/09(日) 04:03:25 ID: S04EcPb9XX
鳥居耀蔵って典的な悪代官だと思ったらこんなのでも
大岡越前金さんと同じ町奉行なのか
6 ななしのよっしん
2015/01/26(月) 18:12:50 ID: KOSSRIWGJ6
当時の町奉行は東京都知事みたいな仕事だから...
桂小五郎がこの人の元で学んだとか
7 ななしのよっしん
2015/05/06(水) 20:22:33 ID: IYurb4t9Pn
山の反射炉に注が集まったと聞いて
8 ななしのよっしん
2016/01/13(水) 20:52:34 ID: c8DJTQTO+f
山の反射炉が世界遺産だよ…
9 ななしのよっしん
2016/12/09(金) 14:36:06 ID: UP95dDiak+
風雲児たち」にたんなんの方の御子孫が、
なんか書いてるー うわぁああああ 読してますって
 うわぁああああああ