江戸川乱歩単語

エドガワランポ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

うつし世はゆめ よるの夢こそまこと

江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)とは、日本小説家評論家。本名は平井太郎(ひらい たろう)。

一般的に、苗字の「江戸川」ではなく名前の「乱歩」で呼ばれることが多い。本記事内も以下、「乱歩」で統一する。

概要

「大乱歩」と呼ばれる、日本探偵小説ペンネームエドガーアラン・ポーのもじりである。名探偵明智五郎の生みの親。小学生の頃に少年探偵シリーズ図書室図書館読みふけったという人も多いだろう。

1894年、三重県に生まれる。早稲田大学卒。さまざまな職業を転々としたのち、1923年、雑誌「新青年」に掲載された短篇「二銭貨」でデビュー。この作品は日本初の本格探偵小説といわれた。以降、初期は「D坂の殺人事件」「心理試験」といった本格探偵小説と、「夢」「人間椅子」「鏡地獄」などの怪奇・幻想小説(当時は「変格もの」と呼ばれた)を並行して発表していく。

乱歩自身は本格ものを向していたが、読者から支持を得たのはに変格ものの方で、そのギャップに苦しみ、『一寸法師』を新聞連載した際には自己嫌悪から1年あまり休筆することになった。ただ、単純に「本格ものが書きたいのに人気のある変格ものばかり書かされた」という話ではなく、乱歩は理知的な本格と同様に、怪奇幻想夢物語もまた強く愛していた。本格ものを書きたいのに書くものは怪奇幻想ものになってしまう、実際怪奇幻想も大好きだし、夢物語でいいじゃないか、でもやっぱり本格が書きたい……という分裂と煩は、乱歩の作品や文章のそこかしこに見てとることができる。

中編「陰」で休筆から復帰した後は、『蜘蛛男』『魔術師』『盲』などの通俗スリラーや、『怪人十面相』に始まる少年もので大人作家となる。しかし戦争とともに当局の検閲が厳しくなり、探偵小説の執筆を事実上禁じられることになってしまう。

戦後少年探偵シリーズなどを書き継ぎながら、評論家編集者として探偵小説というジャンルの発展に大きく寄与。評論では古今東西探偵小説トリックを分類整理した「類別トリック集成」が特に後世に多大な影を与えた。編集者としては探偵小説専門誌「宝石」編集長を務めて新人発掘にを注ぎ、高木筒井康隆山田風太郎など乱歩に見出された作家は数多い。日本推理作家協会初代理事長を務め、ミステリー作家登竜門として長い歴史を誇る江戸川乱歩賞も、もともとは乱歩がポケットマネーで始めた賞である。

また戦後米軍兵士が置いていったペーパーバック集して英探偵小説読みあさり、紹介していった。ウィリアムアイリッシュ『幻の女』、イーデン・フィルポッツ『赤毛レドメイン』など、乱歩が絶賛したことで広く読まれ、名作としての評価を確立した作品も多数あり、海外ミステリ翻訳出版に対して果たした貢献も計り知れない。

文字通り、日本探偵小説ミステリー)というジャンルを生み、現在の一大ジャンルまで育てあげた立役者である。また、怪奇・幻想小説の分野に残した功績も多大であり、両ジャンルにおいて現在も多くの作品が定番の名作として読み継がれている。

ちなみに戦前は人嫌いで有名で、作のせいか「薄暗い土蔵の中でろうそくのりで原稿を書いている」などと噂されていた。それが戦後は一転して別人のように社交的になり、「江戸川乱費」と呼ばれたほどの気前のよさと面倒見のよさで、探偵文壇のボス的な存在となった。この変貌の理由は諸説あるが、子の山田風太郎は「若い頃からのの薄さが、歳をとって立たなくなったからでは」という説を唱えている。

1965年没。2016年には著作権保護期間が終了し、パブリックドメインとなった。そのため、青空文庫で作品の無料公開が始まっているexit

近年の文ブームにおいては、並み居る純文学作家歌人詩人大家らに混ざって、大衆文学サイドの文キャラクターとして登場することが多い。

作風

日本探偵小説の生みの親だが、ガチガチの本格ミステリは初期の作品にほぼ限られる。本格探偵小説向した乱歩だが、精密なプロットを立ててその通りに長編を書くということが致命的に苦手だったようで、生涯を通して本格ミステリとして高く評価される長編は1作も書くことができなかった。結局、本人の資質は明らかに怪奇・幻想方面にあったと言える。

論、最初期の本格ミステリは今読んでも色褪せない歴史名作いだが、やはり乱歩といえばグロテスクエロチックな怪奇小説幻想小説イメージする人が多いのではないだろうか。

屋根裏の散歩者」「人間椅子」「」「人でなしの」などに代表される異常性癖もの、「踊る一寸法師」「孤」などに見られる異形(フリークス)への偏、「パノラマ奇譚」などに現れるユートピア願望などが特に際立って乱歩作品の禍々しい魅を現している。「鏡地獄」「博士」「押絵とする男」などではレンズの産み出す幻想と、それを覗きこまずにいられない恐怖の誘惑を描いているが、まさしく乱歩の描く幻想は、を背けたくなるような猟奇でありながらが離せなくなる、そんな魔をもって現在も多くの読者を魅了している。

少年探偵シリーズで乱歩を知り、大人向けの乱歩作品にうっかり手を伸ばして性癖をねじ曲げられた子供たちは数知れない。罪深い作家である。

一人の芭蕉の問題

探偵小説は知的なパズルであれば良いのか、それとも小説である以上は文学たることをすべきか」という問題は、ミステリー歴史において何度も繰り返されてきた論争であるが、戦前においてその代表と言えるのが、1936年に『ぷろふいる』誌において甲賀三郎と木々高太郎の間で繰り広げられた「探偵小説芸術論争」である。

端的に言うと「探偵小説解きが優れていれば文学としての出来などどうでもいいの甲賀と、「小説なんだから文学として芸術性を高めるべき」の木々の論争は、当然のことながらはっきりした勝敗も結論も出ないまま終わった。ちなみに甲賀はかなり極端な解き至上義者で、木々との論争の前にも同様の大下児や夢野久作とやりあっている。なお、木々はこの論争を受けて書いた『人生阿呆』で第4回直木賞を受賞したが、1988年に出た創元推理文庫版で北村薫に「作品としては失敗作ですよね(大意)」と言われてしまうなど、現在ではほぼ忘れられた作品。

その後、戦後1947年、『ロック』誌において、今度は木々が乱歩に論争を仕掛ける(これは実際のところは、『ロック』誌の売り上げを伸ばすために編集者が仕組んだプロレスだったらしいが。ちなみに甲賀は1945年没)。それに対して乱歩の答えとして書かれたのが、「一人の芭蕉の問題exit」という文章である。現在は全文を青空文庫で読める。

第一流の文であつてしかも探偵小説自の興味をも失望させないもの。に至難のである。しかしながら私はそれの可性を全く否定するものではない。革命天才の出現を絶望するものではない。若し探偵小説界に一人の芭蕉の出づるあらんか、あらゆる文をしりへに、探偵小説が最高至上の王座につくこと、必ずしも不可能ではないからである。

探偵小説解きの興味と、文学性とを両立することは甚だ難しい。しかし、卑俗なものとされていた俳諧を、松尾芭蕉という一人の天才芸術へと昇させたように、探偵小説にも芭蕉のような一人の天才が現れれば、優れた解きと優れた文学性を両立した探偵小説が生まれ、探偵小説文学の頂点に立つことも不可能ではないはずだ――というのが乱歩の(ちなみに木々の作品に対しては「流石の文論者木々高太郎君過去の業績にては、まだこの夢を現してはゐない」とのこと)。

この「一人の芭蕉の問題」は、日本ミステリー史をる上でも乱歩自身をる上でも、非常によく取り上げられるトピックである。乱歩自身はこの後の1958年、『点と線』を発表した直後の松本清張との対談で、清こそ「推理小説界の芭蕉」たりうる作家だと賞賛している。

また、この乱歩のに感銘を受けて推理小説を志し、生涯解きと文学性の両立をした作家土屋夫である。他にも『幻影城』(雑誌の方)で泡坂妻夫連城三紀彦が登場したときには、編集長の島崎博は彼らを「〝一人の芭蕉〟になれる可性のある作家」と賞賛していた。

後世の読者から見ると、「乱歩こそがその〝一人の芭蕉〟だったのでは?」と思ってしまうのは、ご敬というものだろう。

で、どれから読めばいいの?

初めて読むなら新潮文庫の『江戸川乱歩傑作選』鉄板。「二銭貨」「二癈人」「D坂の殺人事件」「心理試験」「赤い部屋」「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「鏡地獄」「」という、前半は本格探偵小説、後半が怪奇幻想小説という並びで選りすぐりの代表作が収められており、これ以上の入門書は存在しない。
2016年にはここから漏れた代表作のうち「石榴」「押絵とする男」「博士」「人でなしの」「夢」「踊る一寸法師」「陰」を収めた『江戸川乱歩名作選』が同じく新潮文庫から出ており(タイトルが紛らわしいので注意)、とりあえずこの2冊を買っておけば間違いはない(しいて言えば「陰」は他の本で「パノラマ綺譚」を読んでからの方がより楽しめる)。

もうちょっと色々読みたい、という人には角川ホラー文庫の《江戸川乱歩ベストセレクション》全8巻が手軽でオススメ。前述の2冊に収められた代表作群は論のこと、「孤」「パノラマ綺譚」といった(長さの関係で)前述2冊に入りきらなかった代表作や、『蜘蛛男』『蜥蜴』といった通俗ものの代表作も読める。

少年ものや評論まで全部読んでやる、という猛者は光文社文庫の《江戸川乱歩全集》全30巻に挑もう。また、創元推理文庫の《乱歩傑作選》全20巻では初出時の挿絵を見ることができる。他にも乱歩作品は、パブリックドメインになった2016年以降は特に様々な出版社から多数の再編集本が出ているので、興味を惹かれたものから読んでみると良い。

主な作品(記事のある作品は太字)

乱歩作品が原作のアニメ

乱歩が登場する作品(大百科に記事のあるもの)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E4%B9%B1%E6%AD%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

江戸川乱歩

5 ななしのよっしん
2016/12/02(金) 14:33:20 ID: w2RDU5gxfI
おお、ついに出来たか 

>乱歩自身は本格ものを向していたが、読者から支持を得たのはに変格ものの方で、そのギャップに苦しみ、『一寸法師』を新聞連載した際には自己嫌悪から1年あまり休筆することになった。

知らんかった…てっきり大好きで書いてるものと
少年探偵団とか見ながら「この偽善者めっ」と勝手に思ってたw
6 ななしのよっしん
2016/12/03(土) 12:19:44 ID: YhNf/kXPli
エロい。
どうしようもなくエロい。
7 ななしのよっしん
2016/12/20(火) 08:32:37 ID: tooRmemqOB
乱歩奇憚を見て、久々原作大人向けのをいくつか読んでみた
特に気に入ったのが「盲」と短編の「」。
ぶっちゃけキモイのに、単なる悪趣味に終わらず最後まで読める所は流石だと感心する。
8 ななしのよっしん
2016/12/28(水) 01:06:39 ID: HvACmrYWau
ミステリ通には初期の短編しか評価されないおじさん

ミステリ通には評価されない大衆小説の影が凄すぎるおじさん
9 ななしのよっしん
2017/02/25(土) 15:39:17 ID: 6Iu2lrlPoh
パノラマ綺譚の主人公オタク気質だと思う
10 ななしのよっしん
2017/03/27(月) 02:26:01 ID: 6VTgxcXPRc
乱歩があるのに横溝正史の記事がないのって意外だ
シロナガスクジラ現象くなるけど
11 ななしのよっしん
2017/04/14(金) 14:08:54 ID: ISLwKmKA+x
「類別トリック集成」という論評は推理小説を書く人にオススメの作品
アニメ名探偵コナンでも文芸担当から脚本家に必ずを通すよう義務付けられてるほど
12 ななしのよっしん
2018/06/25(月) 22:26:47 ID: ZQmFG3tan1
本格ミステリーに憧れたのに自身にその才がないことへのジレンマをずっと抱えていた作家
親友の横溝正史の方がその才恵まれていたのも複雑な心だっただろう。
それでも他方面で才を発揮し、多くのミステリー作家を育てたことを考えればこの人の功績は計り知れない。
13 ななしのよっしん
2019/08/27(火) 12:41:41 ID: 6BHOv6XPqK
二銭貨を読んだんだが、五万円事件は結局解せんかったんかーい
すごいもやっとするな…
14 ななしのよっしん
2020/01/19(日) 22:48:58 ID: L9uAlDhek5
少年探偵シリーズで乱歩を知り、大人向けの乱歩作品にうっかり手を伸ばして性癖をねじ曲げられた」

じゃねーか!!!
しかも、だ。その「大人向け」を中学時代に触れたせいでもう…