江藤新平単語

エトウシンペイ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

江藤新平1834~1874)とは、幕末から明治時代初頭にかけて活躍した人物である。

概要

佐賀士。明治政府閥「土肥」のうち佐賀の代表人物で、佐賀の乱の首謀者。

校の館に入学したのち、枝吉陽の勤王組織「義祭同盟」に最年少の17歳で加わり、『図策』の執筆など開論を唱える。文久2年(1862年)に脱し、いったん京都に上り姉小路公知と接触するなどしたが連れ戻され、永久閉門。しかしその後許され、再度京都に上り討幕活動に従事した。

慶応4年(1868年)には新政府軍の軍監となり、江戸上野義隊を討滅。大木喬任と連名で江戸遷都を建議する。明治2年(1869年)には佐賀大参事となって革を実施するも、虎の門で佐賀足軽6人に襲われ重傷を負った。

その後も新政府の重職として、明治3年(1870年)に「革案」を建議、明治4年(1871年)に「置県」を施行、明治5年(1872年)には初代法卿となり「法制」を布・施行した。この間に山県有の「山屋事件」、井上の「尾去沢山事件」を追求して、二人を辞任に追い込んでいる。そして明治6年(1873年)に参議となったが征論に敗れて辞職し、明治7年(1874年)に愛国党を結成した。

ところがそれからひともしないうちに佐賀に戻ると、征党を率いて佐賀の乱を起こす。佐賀を攻撃し、佐賀県庁を占領するが、戦の末政府軍が勝利し移、半月も経たないうちに大久保利通佐賀に入する。江藤新平は鹿児島に脱出して西郷隆盛を頼ったが、西郷は動かず、高知逮捕された。「佐賀の乱臨時裁判所」での判決は、江藤新平、義勇の両名を首にするものだった。

この判決の際、裁判長の河野が判決文を読んだ間、江藤新平は発言のため立ち上がろうとしたが後ろの役人が綱を引いてしりもちをつき、判決に恐れおののいて「を抜かした」とする俗説が流布したとも。ともあれ処刑された江藤新平だったが、明治44年(1911年)には功績表衆議院で可決され、大正元年(1912年)に罪名消滅の書が交付、大正5年(1916年)には正四位を復位追贈された。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B1%9F%E8%97%A4%E6%96%B0%E5%B9%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

江藤新平

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 江藤新平についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/23(水)16時更新