池波正太郎単語

イケナミショウタロウ
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

池波正太郎(いけなみ・しょうたろう 1923~1990)とは、昭和期に活躍した作家である。

概要

鬼平犯科帳』 『客商売』 『仕掛人 安』の3大シリーズを代表作とする、大衆時代小説大家
軽妙でテンポがよく、爽やかな作の文章が多くの読者の心をつかみ、大人作家となった。

上述の3大シリーズの他にも、実在の人物を扱った歴史小説を多く執筆しており、中でも真田昌幸・信之(信幸)・幸村(信繁)を描いた長編小説真田太平記』は特に有名である。

池波正太郎とその作品の主人公たち

武勇に優れ、心優しいけれども少し不器用な、いわゆる「男らしい男」を好んで物語に描いた。
歴史上の人物を例にあげるなら、真田信幸幸村兄弟(『真田太平記』)、中村半次郎(『人り半次郎』)、部安兵衛(『部安兵衛』)、鳥居強右衛門(『炎の武士』)、永倉新八(『幕末新撰組』)など。
こうした男たちのダンディズム、ロマンシズム溢れる文章が池波正太郎作品の魅のひとつである。

加えて、池波正太郎の描く主人公たちは、品行方正な人間ではなく、若い頃にやんちゃしていたり(『鬼平犯科帳』)、暗い過去を背負っていたり(『仕掛人 安』)、いわゆる「裏の世界」に精通していることが多い。

池波正太郎本人がるところによれば、子どものころ近所に住んでいた、本職の盗賊(後述)だった老人がった「なんといってもこの世は、泥棒と乞食で出来ているのですから」という言葉に強く衝撃を受けたそうで、多くの主人公達が、世の中のいも甘いもよく知った人物となっているのは、こうした影があるのだろう。

こういう主人公達の設定のおかげで、池波正太郎作品は「熱いけど、どこか人生を透した感じを併せ持つ」味わい深い小説が多いのではないだろうか。

池波正太郎の作風

上記の3大シリーズは、基本的に1話完結の短編を集めた形式であり(例外もある)、短編小説に名品の多い作家である。もともと池波正太郎は、小説家としてデビューする以前は劇作家として活躍していたため、短くお話をまとめることに習熟していたのだろうと思われる。

基本的に勧善懲悪組みをとることが多く、上述の「熱くてカッコイイ」男達が織り成すストーリーと合わせて、読後感の爽やかな作である。

また、「悪」とはいっても、品を盗むために人殺しも厭わない外道の盗賊と、入念な準備をして決して人を傷つけない「本職の」盗賊とでは、扱いにと地ほどの差がある。前者は底的に許せない悪役とされるが、後者はある種の「職人」として尊敬のすら向けられる。

こうした価値観で描かれる物語は、ホロリと来る人情ものの性格も兼ね備えており、『仕掛人 安』のような、救い難いほど暗い物語設定でもこうした作を保つことができるあたり、長谷川[1]子としての面躍如といったところだろうか。

代表作『真田太平記』をはじめ、信州・上田市真田を描いた作品が多いが、作者本人の出身地は東京都である。信州という土地の土に憧れるところがあった、と池波正太郎は述べており、真田と池波正太郎の間に何か歴史的なつながりがあるわけではない。

池波正太郎とグルメ

池波正太郎作品をるうえで外せないのが、作中に出てくる料理である。
作中に出てくる料理がどれも美味しそうで、かつ、作中の人物たちが美味しそうに食べるので、読んでいて空腹感をもよおすことうけあいである。
池波正太郎自身、グルメ料理店紹介の本も出版しているなど、筋入りの美食[2]であり、その経験が作品にも活かされているようだ。
ニコニコ動画には、池波正太郎の作品に出てくる料理再現した動画アップロードされているので、興味のある方は是非ご覧いただきたい。

池波正太郎の人となり

浅草まれの江戸っ子を地で行く人だったようで、お落で多趣味な人物として知られている。
映画観賞、絵画、海外旅行、食べ歩きなどが趣味だったようだ。
後述の「池波正太郎記念文庫」には、自筆の絵画も展示されている。

池波正太郎と受賞

信州上田のとある士を描いた『錯乱』で、第43回直木賞を受賞した。
1988年には往年の功績を評価され、第36回菊池寛賞を受賞。

没後の1998年には、多くの作品の舞台になった上田市に「池波正太郎真田太平記館」 が開館。
生まれ故郷の台東区にある中央図書館には、2001年に「池波正太郎記念文庫」が併設された。

漫画版読むにあたって

鬼平犯科帳安はさいとう・たかをが担当しているが、オリジナルなところが多いので注意。

客商売は途中までさいとう・たかをが手掛けているが、打ち切りとなっている。しかし、大島やすいち作画で新たに漫画版を描いているので一から読みたい方はさいとう版ではなく、大島版を読むことを勧める。

関連動画

関連商品

いわゆる「3大シリーズ

歴史小説

グルメうめぇwww

関連項目

脚注

  1. *「股もの」の創始者で、大衆文芸と演劇を大いに発展させた凄い人。『瞼の』や『一本土俵入』が有名。
  2. *でも、自分で料理をするのはあんまり上手くないって池波先生さんが言ってた。

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B1%A0%E6%B3%A2%E6%AD%A3%E5%A4%AA%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

池波正太郎

22 ななしのよっしん
2017/01/14(土) 15:47:17 ID: qM2WXmDPon
ご本人は周りから食通などと呼ばれるのは不本意だったんじゃなかろうか。
23 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 22:18:33 ID: UtHSy7jeKc
銀座日記を読むと妻が先に体調を崩し池波と同じ時期に死んだかのような印があるが、実際は池波死後、かなり長生きしてる。池波との年齢差を10年くらいまで想像すれば、享年80歳前後だろう。5年前の話。
夫人は池波が死んだあと、たった一つの取材にも応じず、この世を去った。(←これは調べです)これはまことしいケースでしょう。偉大な作家死ねば必ず妻あるいは愛人がその作家についてるのが通例となっているからね笑 失礼…。は有名人庭がどうであったか。系図がどうであったか。そういった事を調べて来ました。また関わった人から出て来るエピソードも調べる。
24 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 22:31:08 ID: UtHSy7jeKc
これらの挿話がられるのは間違いなく死後である。本人から反撃がないからね。だから醜聞も出て来る。悪い例の代表が井上ひさしでしょう。
ところが池波の場合は妻が世間に対して一言もしゃべった形跡がない。
何も言わないというのは実は一番エネルギーを消耗する。
昨今それを出来る人間まずいない。
25 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 22:40:58 ID: UtHSy7jeKc
世間でられる池波の姿はさかのぼれば、ほぼすべて池波本人談なのだ笑
そりゃあかっこよくなるよ。文才あるしさ笑
じゃあが本音を言ってくれるかな?
池波の書生を10年勤めたという人物がいる。これであろう。
その書生の著書を読むと、ほんの一だけ池波夫人の話が出て来る。
「池波さんは何事も自分の成果としてってしまう。例えば着物の話とかね。センスがいいからだ、と。ですけどね、実際は何事もご夫人がやっておられました。それは大変な苦労だったでしょう」といった内容。(うろ覚えですから調べてくださいね。本は捨てました)
26 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 23:01:38 ID: UtHSy7jeKc
2013年頃、鬼平再放送や池波が好んだ料理の番組などがBSで放送されてた。ある番組で池波の姪っ子が登場した。夫人が死んだ事で「しばり」がくなったからでしょう。結構なお年でした。姪はこう言ってた。「池波が死んで、彼女料理が作れなくなってしまったんです」と。それで「私がを訪ねて料理をしていた時期があります」と言ってた。池波の死後、夫人は燃え尽き症候群に陥ってた事がわかる。
27 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 23:13:52 ID: UtHSy7jeKc
司馬みどりの著書を読めば、偉大な作家の死後を妻としてやり遂げるのはなかなかの重責である事がわかる。池波の場合は子がいない。とすると著作権に関連する最終的な決断は残された妻がやらねばならないのかな?だとしたら、苦労の連続だなあ。池波は売れるコンテンツ沢山あるから。を生むところに必ず詐欺師が現れる。
28 ななしのよっしん
2017/03/05(日) 23:20:58 ID: UtHSy7jeKc
真実は分からない。事実は分かる。端的に池波ファンを見ればいい。池波ファン幸せ想に浸ってるが多い。
夫人は池波のイメージを終生守り抜いた奇特な人物と言える。これは間違いなく良い意味です。池波作品を楽しんでる人はそうした事も想像できないと失格ですよ。
個人的には一に池波用の万年筆を与えたエピソードが好きだな。あれ、本当なのかな。一が話盛ってたら嫌だなあ。。。
作家として台頭した池波40歳手前くらいと夫人が縁側で写ってる写真がある。白黒。これも今では絶対に望めない貌だった。
29 ななしのよっしん
2017/04/03(月) 21:12:41 ID: 1GBrZBn+Rm
なにこれ
30 ななしのよっしん
2017/04/14(金) 09:54:39 ID: hEWLFss4A6
UtHSy7jeKc
最近移動中にふと手にとった「散歩のとき何か食べたくなって」(新潮文庫)が存外面く、色々と勉強になったのだけれど、一面で>>23~みたいな面をみると違った印を持ちますな。
31 ななしのよっしん
2017/06/02(金) 16:40:59 ID: yXHtimgbr1
30
散歩のとき何か食べたくなって」と「銀座日記」を読み返してみると、色々面いよ。
・洋装小物を用意させて、気に入ったものが出てきたので気分良く出かけてきた
・気に入らない格好だったけど、出先で地仁に褒められて気分が良くなった
というのがちょこちょこ出てくる。
他人(様か姪)に用意して貰ってますよ。しかも自分が気に入らないコーディネイトでも着てるしね。
判る人には判るように書いてある。

男の作法か何かでも、初めてを着てパーティに出た時のエピがあるけど、
はかまの下はどうしたら良いのか、妻と頭をつきあわせた。とかちらっと書いてある。(パーティで見場の良い着付け方法を教えて貰うという話)