汪兆銘政権単語

オウチョウメイセイケン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

汪兆銘政権とは、かつて中国大陸に存在した政権ないしである。中華民国南京国民政府とも。

概要

樹立まで

時は1937年。通州事件や第二次上海事変をきっかけに、大日本帝國対抗日民族統一戦線の武衝突が始まった。いわゆる支那事変である。軍は中国沿を制圧し、中国国民党軍を殲滅。首都だった南をも占領したが、蒋介石総統徹底抗戦を掲げて重慶に遷都。勢いづく皇軍は重慶をして進撃を続けたが、中国広大な土地は補給線の維持を困難にした。やがて戦況は着状態に陥り、互いに決め手を欠く事態に。予想外に長引いた事変は、臣民の生活を圧迫した。

そこで日本は、国民党内の反蒋介石工作を仕掛ける。党内の分裂・離反を招き、親日政権を立させるためである。この構想は事変勃発から間もない1937年9月末の時点で既に完成しており、いよいよ実行に移された。1938年2月国民党政府重鎮の高宗式の命を受けた寧が極秘裏に来日。参謀本部第八課長の影佐昭と密談を行った。ここで日本側は国民党内に和を望むグループがいる事を知る。彼らに調略を仕掛け、内部からの切り崩しを図った。その結果、党内のナンバー2こと汪兆銘(おうちょうめい)副総統を離反させる事に成功。1938年12月に重慶から脱出させ、同29日にハノイ日本との和を呼びかけた。しかしこれに従う勢かったため、当初の的である新政府立へとを切る。1939年4月まで構想を練り、5月末には来日して日本側と意見交換を行った。そして1940年3月30日、かつての首都だった南に招きいれ、親日の汪兆銘政権が立された。

汪兆銘は若かりし頃に日本に留学した事があった。故に思うところがあったのか支那事変が勃発した後も、徹底抗戦を訴える蒋介石に反対して和していた。加えて党内ナンバー2の地位にいながら反蒋介石グループリーダーという微妙な立場にいたという。汪は日本政府と密約を交わし、最終的には大陸から撤兵する約束を取り付けた。帝國海軍もまた「蒋介石政権打倒後、親日政権を立するため南攻略」「陸軍が攻略した拠点を返還すべき」と汪がす和案に同調する動きを見せた。ところが近衛内閣の解散により白紙化。落胆しているところに日本側の工作を受け、南政府立に至った。

中華民国南京国民政府

日本支援により、1940年3月30日に南首都に定めた汪兆銘政権(中華民国南京国民政府)が立された。しかし日本側との交渉や条約で汪兆銘政権は事実上の傀儡とされ、そのためか中国人からの支持は得られず。和の意図とは裏に戦況は泥沼化していった。

日本政府は汪兆銘政権を正統なと認め、様々な条約を結んだり、大東亜会議への招聘を行った。また日本と同盟を結んでいたドイツイタリアハンガリールーマニアブルガリアクロアチア独立国といった枢軸国国家承認し、スペインタイ王国など一部の中立も承認した。一方で連合は正統な国家と認めておらず、英は国民党政府のみが正しい政権と否認している。

日本の傀儡だったが、1941年12月8日に勃発した大東亜戦争の序盤は参加せず。戦が整った19431月9日英へ宣戦布告した。これに呼応して同盟イタリアヴィシーフランス中国々内の租界の返還と治外法権の撤を宣言。これにより、かつて中国が結ばされた不等条約が解消された。汪兆銘政権は軍隊を保有し、日本側から物資供給を受けていたが、皇軍との協は全くせず、言う事を聞かなかった。そんな汪兆銘の軍隊は何と戦っていたかと言うと、共産系ゲリラである。あろう事か、本来敵であるはずの国民党軍と協して戦っていた。だが戦況は次第に悪化し、首相の汪兆銘も病気に蝕まれるようになった。治療のため名古屋市内の病院に入院するも、治療の甲斐なく1944年11月10日に病没。政権はを失い、緩やかに瓦解を始めた。

そして1945年8月15日大日本帝國が降伏。後ろを失った汪兆銘政権は崩壊し、消滅した。現在中国にとって汪兆銘政権は黒歴史のようで、「偽政府」と断じている。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B1%AA%E5%85%86%E9%8A%98%E6%94%BF%E6%A8%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

汪兆銘政権

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 汪兆銘政権についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!