沈黙の艦隊単語

チンモクノカンタイ
1.7千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ
加筆依頼 この項は、最初の編集者尽きてしまったため中途半端な状態です。また、ほぼ記憶イメージを頼りに執筆したため不正確かもしれません。全面修、または加筆・訂正をして下さる協者をめています。

沈黙の艦隊とは、かわぐちかいじ漫画作品である。週刊モーニングにて1988年から1996年にかけて連載された。
潜水艦を軸とした海洋バトルアクションと、それを取り巻くエスタブリッシュメントによる国際政治の描写を巧みに両立させることで軍事マニアのみならず、一般学生サラリーマン文化人や学者など様々な読者層を獲得。各種メディアにも頻繁に取り上げられる話題作となった。
第14回講談社漫画賞一般部門を受賞、コミック(全32巻)の累計発行部数は2500万部以上。

概要・あらすじ

日本政府アメリカとの共同作戦により、内初の攻撃原子力潜水艦シーバット」(コードネーム)を秘密裏に建造していた。シーバットには海上自衛隊の二等佐・海江田四郎以下76名の日本人が乗り込むが、処女の最中に突如反乱を起こし、周囲のアメリカ原潜を相手に音響魚雷を発射。混乱に陥れた隙に姿をくらました。
シーバットアメリカ海軍所属の原潜であることと、乗員が1名を除いて全員日本人であることで日間で責任擦り付け合いが繰り広げられる。そんな折、海江田たちはシーバットの拿捕もしくは撃沈もやむなしと息巻くアメリカ第7艦隊を相手にたった1艦で勝負を挑む。自らは独立やまと」であると宣言。直後にアメリカ原潜6艦を仕留め、脱出。その後もアメリカ政府を挑発し続ける。
独立を宣言した海江田的とは・・・・・・・

登場人物

「私は・・・世界に似ている・・・」-海江田四郎

本作の主人公である軍人および政治家シーバット艦長、独立国家やまと」元首。
初登場時は海上自衛隊所属潜水艦「やまなみ」艦長であり、その後偽装工作によりやまなみを故意に沈没させ、自らと全乗員は戸籍から抹消された身分でシーバットに乗り込む。
単なる脱走艦の艦長だった海江田懸り的な操艦で海軍を相手に勝利し続け、徐々に独立としての発言権を獲得していく。「一の」政治家として外交にも長けており、各を巻き込みながら徐々に意が明らかにされていく。
エスパーとしてのスキルを有しており、戦闘では常に敵の思考を読み魚雷をかわし続けてきた。時には地上で繰り広げられる人事(海原官房長官の台頭を予見)や、ソ間で交わされた軍事協定をも看破する程度の能力を持つ。本作品に登場するサブマリナーは皆、操艦による対話を行うことで知られる。

「権力の座にあるものは確信犯であることから免れえない」-ニコラス・J・ベネット

 アメリカ合衆国大統領
初登場時にはシーバット脱走問題を口実に、日本全支配下に置くことを企図する。
「強いアメリカ」を標榜し、シーバット撃沈にあたっても常にアメリカナイズされた美学をめるため、退却や懐柔といった作戦を好まず、結果的に第3艦隊や大西洋艦隊において甚大な犠牲を出す遠因となった。

「ほー、艦を沈めて2階級特進ですか」-深町洋

海上自衛隊所属の潜水艦「たつなみ」の艦長であり、海江田とは防衛大学同期ライバル
艦を沈めて国連特使にまで登りつめた世渡り上手な軍人である。海江田にも劣らない操艦技術を有しているが、しばしば隊規を犯す、粗暴な言動が立つなどで沈着冷静な海江田とは常に正反対のキャラクターとして描かれる。なお、さらに艦を沈めると政治家になりたくなる模様。なんでさ

「プリーズ!」-竹上登志雄

日本内閣総理大臣。本作品においてもっとも著しい成長が見られたキャラクターである。
シーバット脱走当初は外交オンチのボケガミと揶揄されるほどの頼りない総理大臣だったが、徐々に大胆かつ強い信念に基づいた強硬姿勢を貫くようになる。
物語後半になった頃にはいっぱしの首相の顔になっており、サミットにおいては各に牙をむいた。 

関連商品

関連コミュニティ

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B2%88%E9%BB%99%E3%81%AE%E8%89%A6%E9%9A%8A
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

沈黙の艦隊

93 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 19:47:41 ID: cvRL0wb5J5
>>89
それが趣旨なら最初からそう言えばいいじゃん
例え話で質問するからトロッコ問題みたいにややこしい事になる
94 ななしのよっしん
2021/09/09(木) 21:51:05 ID: VW87OBCS70
>>93
思い出すんだ。この質問はテレビ番組での党首討論の中で出されている。
テレビを見ているのは老若男女、民官軍様々な人たちだ。
そんな人らに、単に「かを切り捨てる必要があるとき、君らはどうすんの?」って言葉だけで質問するよりも、
逃げ場のい救命ボート感染症患者と同席。その患者を放り出すかい?」って状況を想像させる方が、より身近な問題として考えられるんじゃないかな?

実際その時の作中日本は、やまとを切り捨てるか?取り込むか?って問題で分裂しかけていた。
おそらくこの質問で言う感染症患者とはやまとのことで、「やまとを切り捨てるがいいか、問題は山積みでも切り捨てないがいいか、どっち?」っていうことを民に暗に質問していた。
更に「回答でもいい」という会の言は、「この緊急のの難局に、きちんと自分の考えを言える国家代表で在れるか」ということまで質問されていたんだと思う。言葉にしてないだけで。
95 ななしのよっしん
2021/09/10(金) 23:23:12 ID: aIP7JCYlou
もしかしてこの作品のルーツって、三島由紀夫アレから?
96 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 17:02:53 ID: eMCIwF/4eI
最初に音響魚雷潜ソナーマンの鼓膜破るとこ理解不能だったな
そんな凄まじい音でるヘッドホン使う必要ないだろ
97 ななしのよっしん
2021/10/26(火) 01:49:45 ID: VW87OBCS70
音手細な音から敵を含む周囲の状況を把握するのが任務。
その為にヘッドホンの音量は高めに設定しておいたと考えられる。

戦闘中であれば、魚雷の発射に反応して音量を抑えたり、ヘッドホンを外すという行動を起こす心理的な「構え」もしていただろう。

しかし当時彼らが追っていたのは「第七艦隊所属」のシーバットやまと。加えて、そこに乗り込んでいたのは、歴戦の海上自衛隊員とはいえ、「平和ボケした」日本人
そうした油断から戦闘時の常識である「構え」を忘れていた彼らにとって、やまとが「堂々と」撃った音響魚雷は「不意打ち」になった。
それ故にヘッドホンを外す等の対応が間に合わず、をやられた。

いきなりぶっ放す海江田海江田だが、ソナーマン達にも慢心があった、っていうシーンだと思ってる
98 ななしのよっしん
2021/10/26(火) 04:28:49 ID: cvRL0wb5J5
>>96
この漫画、というかかわぐちかいじの作品って
明らか突っ込みどころ満載ミリタリー描写が多いから
60~70年代戦争娯楽映画見る気持ちで楽しんだ方がいいよ
99 ななしのよっしん
2021/11/04(木) 00:23:07 ID: Mfq+iIzilU
大滝の答えってガキの頃はカッコいい!って思ったけど大人になって読むとめてんのかって思ったな
100 ななしのよっしん
2021/11/04(木) 00:29:38 ID: RNOl2Bykx6
首相ベネット大統領からホットラインが入るシーンで、
上…です!」と電話に出るのが左ページ最後のコマで、
緊迫しながらめくったら次のページごとめくっちゃって、
その次のページの最初のコマベネット電話を切ろうとしてるコマだったのね
だからベネットホットラインでイタ電かけたように見えて大爆笑した
101 ななしのよっしん
2021/12/23(木) 17:04:13 ID: ehG8B54/uT
>>96
かわぐちかいじ自身もジパングの巻末のインタビュー
「いつも詳しい人から𠮟られる」って言ってるから、軍事的描写に間違いがあることは自認してる。
102 ななしのよっしん
2022/05/15(日) 23:43:26 ID: TRQ/yKyEq5
の庭を歩く自由より、だがどこまでも泳げる自由を、私なら選ぶ。

いや、あなた個人はそうしてくれてまことにけっこうだけど、他人に押し付けるのはどうなの?
ウクライナ沖縄も、難しい問題。
奴隷平和でもいい、生きられるなら。逆に、畜にされるくらいなら戦って死のう。
どちらを選ぶか決めるのは、最後は自由意思だろ。

急上昇ワード改