沙条愛歌単語

サジョウマナカ

沙条愛歌とは「Fate/Prototype」の登場人物の一人である。 CV:豊崎愛生

あれ?概要を閲覧するとか、そんなふわふわした話を本気で信じていたの?

前回の聖杯戦争で落命したとされていた沙条綾香実姉魔術の異才。当時のサーヴァントセイバーで狂気を感じるぐらいセイバーの事を偏愛している。マスター階梯は第一位熾天使。八年前の聖杯戦争で勝者となり、さらってきた少女達を贄にげ、まだ8歳だった香も大聖杯にくべようとしたところでセイバーに胸を貫かれる。以後聖杯の泥の底でセイバーが戻ってくるのを心待ちしていた。また聖杯相に気付いている。

実は沙条姉妹父親殺したのは歌で、玲瓏館美沙夜に呪いをかけ美沙夜を殺したのも歌。さらに当時二歳だったライダーマスタービーストを埋めこみ衰弱させたのも彼女で、歌は沢山の人間不幸にしている諸悪の根源だと言える。

聖杯の恩恵で半ゾンビ状態なので外見は八年前の聖杯戦争の時のまま。賦の才の持ちである自身に夫である香の事を侮蔑している。ちなみにアーチャーにはイシュタルと同類ということで厭悪されている。今回の聖杯戦争では本来存在しないはずの第八のクラスサーヴァントビーストを召喚し、更に前回の聖杯戦争で敗れ去った6騎のサーヴァントまで従えている。尚令呪は胸に刻まれている。

蒼銀のフラグメンツ

前回の聖杯戦争を描いている小説蒼銀のフラグメンツ」ではセイバーへの心を抱く少女としての彼女と、サーヴァントをも物ともせずにただただセイバーに尽くす異常者としての彼女の両面が描かれている。

Fate/Labyrinth

聖杯が存在するという迷宮の最深部をサーヴァントたちがすという亜種聖杯戦争が行われている世界を描いた小説Fate/Labyrinth」では、歌は探索者の少女憑依し、セイバーマスターとなる。

本来の体ではないため大きくを落とした歌は4騎のサーヴァントたちの協を得て、迷宮の探索に挑む。

弱体化しているとは言ってもやはりその辺の魔術師では及びもつかないレベルは保持している。しかし、今作ではサーヴァントたちと協することを楽しんでおり、本編のような残酷さは影を潜めている。

ふふっ、それじゃまるっきり反対ね。再生数が溜まらないと関連動画は再生しないなんて

早く買いたい、早く買いたい、早く買いたい!私の関連商品!私の、私だけの関連商品!

これが関連項目の本当の使い方よ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B2%99%E6%9D%A1%E6%84%9B%E6%AD%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

沙条愛歌

138 ななしのよっしん
2018/07/01(日) 20:56:42 ID: Z0tYmo313G
エボルトに似てるような気もする
139 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 23:26:21 ID: o4v/K4K7qe
>>134 >>135
お前ら状態おかしいよ・・・(困惑)
140 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 23:28:10 ID: o4v/K4K7qe
>>134じゃなくて>>133だった
両方頭冷やせ
141 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 15:20:39 ID: 6fXOaagzhM
まあFGOには来てほしくないな
142 ななしのよっしん
2018/11/29(木) 15:37:50 ID: NrtQIMJpiy
本質は変わってないが王子様に出会わなかった事で丸くなったひむてん版歌は見てみたいと思う。プロトと違って大人になった歌をな。
143 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 19:07:09 ID: 6fXOaagzhM
伊勢少年にやった行為で許せる物が何一つないので
こいつだけは絶対に綺麗な終わり方を迎えてほしくない
144 ななしのよっしん
2019/01/29(火) 06:43:27 ID: VsRvEdWzTZ
こいつって公式が考えた「ぼくがかんがえたさいきょうのボス」だよね
虚無戦記みたいに公式も倒し方思いつかないで終わるだろこんなん
145 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 15:58:00 ID: LcmSXHwA7S
なお既に倒されている模様
146 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 20:17:29 ID: vmry8OXJOc
騎士+香で倒される展開になるはずなんだが…。
147 ななしのよっしん
2019/04/04(木) 17:01:20 ID: HY27d8x2ft
なるはずだったけど完結してないからなってはいない
>>144の言うとおり虚無った状態だ

急上昇ワード