河川敷単語

カセンシキ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

河川敷(かせんしき)は、河川法第6条第1項で定められた河川区域のうち、の流れている部分および両防までを合わせた区域である。

概要

常にが流れている部分の「低敷」と、洪水の時に冠する部分の「高敷」を合わせた区域。
「かせんじき」と読まれることが多いが、正確には「かせんしき」である。

に、河川氾濫などを防ぐために作られたもので、岸辺に広がる高敷は公園やグラウンドなどに利用されていることが多い。

自由な利用と制限されている行為

河川敷はが管轄する土地であり公共用地として扱われ、民は原則自由に利用することが出来る。
具体例としては

散歩ボール遊び
バーベキューや短期間のキャンプ
魚釣り
・個人利用の範囲での野草採取

ただし、工作物の設置や掘削を伴う利用は国土交通省地方自治体の占用許可が必要である。また、管理者より既に占用許可が出されている区域は自由利用の範囲外となる。

ホームレスが簡易的住居を作ったり近隣住民が許可家庭菜園を作るなどの不法占拠問題が浮上しており、河川管理者により撤去勧告に従わなかった場合は強制的な排除・撤去が行われる。

関連動画

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B2%B3%E5%B7%9D%E6%95%B7
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

河川敷

1 ななしのよっしん
2021/02/02(火) 12:13:26 ID: STP2+hR+y8
の土手の下」とも言うぜ。