泉鏡花単語

イズミキョウカ

泉鏡花いずみ きょうか)とは、日本男性小説家である。

1873年(明治6年)11月4日生、1939年昭和14年9月7日没。享年65

概要

石川県金沢市出身。本名は太郎父親加賀にお仕えの彫職人

幼少期にを亡くす。の死後に任の摩耶夫人像に参拝し、以後生涯にわたって摩耶夫人を信仰する。

学校北陸英和学校に進学するが、金沢専門学校(後の旧制第四高等学校)の受験を志し中退、しかし受験には失敗した

その後、自身が読んだ尾崎紅葉に衝撃を受け、文学を志し、尾崎の門下生となった。

処女作は1893年の『冠弥左衛門』で、同作は新聞にて連載をしていたが、評価は芳しいものではなかった。

翌年にが逝去したため金沢に帰郷、以後は金沢で執筆活動をする。

1900年には『高野』を発表、1907年やまと新聞にて『婦系図』を連載開始、1910年には『歌行燈』を発表した。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B3%89%E9%8F%A1%E8%8A%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

泉鏡花

1 ななしのよっしん
2011/04/05(火) 12:56:26 ID: hmbG4CKCgK
病的なまでの潔癖症ってエピソードがあるねえ。
中を四六時中アルコール消毒しまくったり、アンパンを焼いて消毒するんだが、自分の触ってる部分は食べずに捨てるとかいう・・・
2 ななしのよっしん
2011/07/29(金) 04:03:54 ID: TeHBjbA0Os
崎と食べたエピソードが二人の性格出てて面
3 ななしのよっしん
2013/12/06(金) 19:10:48 ID: 9upzT5XvRs
叉ヶ池』の中の一文だけど、西尾維新物語シリーズの文章だって言われたら信じそう

「委(くわ)しい事は、すがらにも話すとして、知ってる通り……は、それ諸物語を聞こうと思って、北筋を歩行(ある)いたんだ。
 ところが、自身……、そのものが一条(ひとくだり)の物語になった訳だ。――魔法つかいは山を取ってに移す、人間にもする、石にもする、石を取って木この葉にもする。
 木の葉をかえるにもするという、……君もここへ来たばかりで、もの(かたり)の中の人になったろう……はもう一層、その上を、物語、そのものになったんだ。」
4 ななしのよっしん
2014/06/01(日) 19:55:49 ID: MWjT19YLkm
この人に限らないのかもしれんけど、
当時の雑学を知らんと何を意図した文ないし科白なのかさっぱりわからんことがある。
注釈でごった返してあるような泉鏡花の本ってないのか?
5 ななしのよっしん
2014/12/08(月) 01:39:05 ID: /1AxLksDrz
>>2
そういう西尾べる書き込み他の作家スレでもみたけど、どうして西尾べるんだろう
は言葉に気を使う人だけど、西尾は勢いで書く作家だろ?
どっちかを貶すつもりはないけど、較することは的外れ
6 ななしのよっしん
2015/12/15(火) 00:33:56 ID: nm69yCLo40
ニコニコ泉鏡花検索しようとは思ってもみなかったが、まさか記事まであるとは。

あまりメディアで特集されることはないかもしれないけれど、まさに艶やかと呼ぶのに相応しいその文体は、近代文学における最高峰だと確信している。

後刻が特に好きです。
7 ななしのよっしん
2016/11/15(火) 21:06:49 ID: Xqjve4v4R4
帝都物語」で玉様が演じた泉鏡花は忘れがたい

あんた近いうちにに会うよ」
8 ななしのよっしん
2017/04/06(木) 22:03:12 ID: iaGS7yvPlE
泉鏡花賞は結構良作多い
9 ななしのよっしん
2018/03/07(水) 00:39:34 ID: lOGlx9QfWw
豆腐を「豆府」と書くほど潔癖症らしいね

急上昇ワード

2019/08/22(木)18時更新