泡坂妻夫単語

アワサカツマオ

泡坂妻夫(あわさか つまお)とは、日本の推理作家奇術師。「泡」の字はが「己」ではなく「」になるのが正式な表記。

概要

本名・(あつかわ まさお)。1933年生まれ、東京都出身。紋章上絵師に生まれ、業を継いで働く傍らで書いた短編「DL2号機事件」で第1回幻影城新人賞佳作を受賞し、1976年幻影城からデビュー。佳作に終わったのは、規定枚数上限の半分の枚数しかなかったからだとか。なお、それ以前から本名の厚男名義でアマチュア奇術師として活動しており、1969年に第2回石田天海賞を受賞している。

『乱れからくり』で1978年、第31日本推理作家協会賞長編部門を受賞。1982年『喜劇悲奇劇』で第9回角川小説賞、1988年『折』で第16回泉鏡花文学賞を受賞している。直木賞は第79回に『乱れからくり』で補になって以来5回落選し、1990年、第103回に『蔭桔梗』で受賞した。

代表作に短編では《亜一郎》シリーズ、《曾我シリーズ、『煙の殺意』などがある。長編では『11枚のとらんぷ』、『乱れからくり』、『底のまつり』、『妖女のねむり』など多数。同じ幻影城出身の連城三紀彦と並び称される短編ミステリの名手であり、あらゆる描写に伏線を仕込む技巧では他の追随を許さない。また大胆な逆説を多用する作から「日本チェスタトン」とも呼ばれた。直木賞を受賞した『蔭桔梗』や『折』などの、職人世界を描いた人情小説や、《宝引の捕者帳》シリーズなど時代小説の評価も高い。奇術趣味が高じてか、本そのものに驚動地の仕掛けを施した作品もあり、『しあわせの書』と『生者と死者』は「の本ならではのトリック」と評判になり、2013年末からリバイバルヒット。この両作はその後もときどき地上波バラエティなどで取り上げられており、世間的な代表作はむしろ今はそっちかもしれない。

奇術師、紋章上絵師としての活動も作家活動と並行して行い、そちら関係の著作も多い。紋章上絵師として、著作の表などに描かれている模様の多くは泡坂自身がデザインしている。奇術師としては直木賞の受賞会見で奇術を披露してみせたというエピソードがある他、自身の名を冠した「厚男賞」という奇術の賞が存在する。

短編を年に1作ずつ発表し、全3巻での完結21年を要した《先生捕物帳シリーズなどに代表されるように、紋章上絵師との兼業のためにたいへんマイペース仕事ぶりだったが、最晩年までコンスタントに作品を発表し続けた。2009年2月3日、急性大動脈解離のため急逝。満75歳没。死去の前日まで執筆していた《ヨギ ガンジーシリーズの新作短編が未完の遺稿となった。没後、遺稿を含む単行本未収録短編や戯曲などの作品が『泡坂妻夫引退演』にまとめられた。

著作は小説だけでも50作以上に渡るが、新品で入手できる作品は多くない。『妖女のねむり』や『奇術探偵 曾我全集』、文学賞を受賞した『折』や『蔭桔梗』といった代表作も品切れの状態。とはいえ著作のうち初期の本格ミステリの代表作は多くが創元推理文庫で読めるので、まずはそこから入るのをおすすめしたい。2017年には有隣堂の限定復刊を機に『底のまつり』がリバイバルヒットし、同年末から著作の復刊が進んでいる。

作品リスト(小説のみ・刊行順)

太字現在新品で入手可なもの、太字は品切れだが電子書籍で読めるもの。

  1. 11枚のとらんぷ1976年幻影城ノベルス1979年角川文庫1988年双葉文庫→1993年、創元推理文庫→2014年角川文庫) 
  2. 乱れからくり1977年幻影城ノベルス1979年角川文庫1988年双葉文庫→1993年、創元推理文庫→1996年角川文庫1997年双葉文庫)
  3. 亜愛一郎の狼狽1978年幻影城ノベルス1981年角川書店1985年角川文庫1994年、創元推理文庫)
  4. 底のまつり1978年幻影城ノベルス1980年角川文庫1989年双葉文庫→1994年、創元推理文庫)
  5. のさけび1980年講談社1983年講談社文庫→1999年ハルキ文庫→2017年、河出文庫)
  6. 煙の殺意1980年講談社1984年講談社文庫→2001年、創元推理文庫)
  7. 1980年文藝春秋1987年、文文庫→2018年、河出文庫)
  8. 喜劇悲奇劇1982年カドカワノベルズ1985年角川文庫1999年ハルキ文庫→2010年、創元推理文庫)
  9. 一郎の転倒1982年角川書店1986年角川文庫1997年、創元推理文庫)
  10. 天井とらんぷ1983年講談社ノベルス1986年講談社文庫)
  11. 妖女のねむ1983年新潮社1986年、新潮文庫→1999年ハルキ文庫→2010年、創元推理文庫)
  12. ヨギ ガンジーの妖術1984年新潮社1987年、新潮文庫→2018年、新潮文庫[版])
  13. は二度眠る1984年カッパノベルス1989年光文社文庫)
  14. 一郎の逃亡1984年角川書店1989年角川文庫1997年、創元推理文庫)
  15. ゆきなだれ (1985年文藝春秋1988年、文文庫)
  16. 死者の輪舞1985年講談社1989年講談社文庫→1993年、出版芸術社→2019年、河出文庫)
  17. 女 (1985年、フタバノベルス1990年双葉文庫)
  18. ダイヤル7をまわす時1985年光文社1990年光文社文庫)
  19. しあわせの書 迷探偵ヨギ ガンジー心霊1987年、新潮文庫)
  20. 妖盗S791987年文藝春秋1990年、文文庫→2018年、河出文庫)
  21. 奇跡の男1988年光文社1991年光文社文庫→2018年、徳間文庫)
  22. 1988年文藝春秋1991年、文文庫)
  23. 鬼女の鱗 宝引の捕者帳 (1988年実業之日本社1992年、文文庫)
  24. 花火1988年講談社ノベルス1992年講談社文庫)
  25. 1988年角川書店1991年角川文庫2001年扶桑社文庫)
  26. びいどろの筆 夢先生捕物帳 (1989年徳間書店1992年、徳間文庫)
  27. 桔梗1990年新潮社1993年、新潮文庫)
  28. き舞楽 (1990年社→1993年、新潮文庫)
  29. 毒薬の輪舞1990年講談社1993年講談社文庫→2019年、河出文庫)
  30. 砂のアラベスク (1990年文藝春秋1993年、文文庫)
  31. ぼくたちの太陽1991年光文社
    → 雨女1997年光文社文庫、題)
  32. 1992年集英社1995年集英社文庫)
  33. 写楽面相 (1993年新潮社1997年、新潮文庫→2005年、文文庫)
  34. 夢の密室1993年光文社1998年光文社文庫)
  35. 路吟行 (1993年集英社1997年集英社文庫)
  36. 形の1994年双葉社1996年双葉文庫)
  37. 自来也小町 宝引の捕者帳 (1994年文藝春秋1997年、文文庫)
  38. 生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術1994年、新潮文庫)
  39. 泡坂妻夫の怖い話1995年新潮社1998年、新潮文庫)
  40. 凧をみる武士 宝引の捕者帳 (1995年日本放送出版協会→1999年、文文庫)
  41. からくり富 夢先生捕物帳 (1996年徳間書店1999年、徳間文庫)
  42. からくり東海道1996年光文社1999年光文社時代小説文庫)
  43. 砂時計1996年カッパノベルス2000年光文社文庫)
  44. 亜智一郎の恐慌1997年双葉社2000年双葉文庫→2004年、創元推理文庫)
  45. 鬼子像 (1998年祥伝社2003年光文社文庫)
  46. 朱房の 宝引の捕者帳 (1999年文藝春秋2002年、文文庫)
  47. 奇術探偵 曾我全集 (2000年講談社※10と24を合本、未収録作追加版
    → 奇術探偵 曾我全集 秘の巻 / 戯の巻2003年講談社文庫、分冊)
  48. 2001年光文社2003年光文社文庫)
  49.  夢先生捕物帳 (2002年徳間書店2005年、徳間文庫)
  50. 鳥居兵衛 宝引の捕者帳 (2004年文藝春秋2007年、文文庫)
  51. 殺人事件2005年光文社文庫)
  52. のとなり2006年南雲堂)
  53. 揚羽2006年徳間書店
  54. トリュフトナカイ2006年岩崎書店) ※再編集アンソロジー
  55. 織姫かえる 宝引の捕者帳 (2008年文藝春秋
  56. 泡坂妻夫引退演 (2012年東京創元社
    → 泡坂妻夫引退演 絡繰篇 / 手妻2019年、創元推理文庫[分冊])
  57. 先生捕物帳2017年、徳間文庫[上下巻]) ※26・4149を上下2冊に再編集したもの
  58. 夜光亭の一夜 宝引の捕者帳ミステリ傑作2018年、創元推理文庫) シリーズから13作をセレクトした傑作

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B3%A1%E5%9D%82%E5%A6%BB%E5%A4%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

泡坂妻夫

1 ななしのよっしん
2014/06/23(月) 23:21:20 ID: ZX3tCupJd5
幼女の眠りと底のまつりが好き 雰囲気最高
一郎さんのキャラも好きだわ
友達になってほしいタイプ 絶対楽しそう
最近ヨギガンジーものがちょくちょく書店で
見かけるから嬉しい
2 ななしのよっしん
2017/12/12(火) 05:07:04 ID: jVnGUwUI98
これは頼もしい!
3 ななしのよっしん
2018/09/16(日) 21:19:35 ID: Qb+dmw5NU4
テレビで正者と死者紹介されていて興味持って
しあわせの書にはまった
小学生の頃憧れていた手品師と小説家の両方に
なった人だからすごいと思う

急上昇ワード

2019/09/17(火)05時更新