泣きゲー単語

ナキゲー
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

泣きゲーとは、ギャルゲーアダルトゲームなどの美少女ゲームにおいて、プレイすることで感動を呼び起こされ、結果、泣かされるゲームす言葉。そのカテゴリーであり、ジャンルに冠される言葉である。

概要

泣きゲーとは一言で言えば「泣かされるゲーム」であるが、何によってどのように泣かされるかは、実際にゲームプレイしたプレイヤー自身にしか感じ取れないことである。

泣きゲーという言葉は、美少女ゲームに感動を売りにした作品が急増した1990年代終わりから2000年代初めに使われるようになった。

基本的にこの時代から発売されたものに泣きゲーという定義がなれされることが多い。

ジャンルのできるまでの経緯としては、1994年物語の中心に少女の悲劇性を配してユーザーを泣かせた「DESIRE背徳の螺旋」、続く「EVE burst error」がヒットし、95年にélfから発売された「同級生2」の桜子シナリオは、ヒロインの難病による悲哀がプレイヤーの涙を誘い、これらがアダルトゲーム界に大きなインパクトを与え、のちの泣きゲーのストーリーリングの基本的子となった。

96年にはélfから泣きゲー的な要素を過分に持つ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」が発売され大ヒット作となり、後進のゲームに大きな影を及ぼすことになる。

泣き要素の他にも、恋愛ADVにおいて主人公は複数のヒロインと結ばれる、マルチシナリオが用いられるものだが、現実にはこれは不自然なことでありプレイヤー違和感をどうしても誘い、ゲーム世界への没入を阻するが、その解消のため平行世界を導入して物語を描く作品がこれ以降増えることにもなった。

また96年にはleafから「」「」(「トゥールエンド」の概念を生み出した)といった個性的なシナリオビジュアルノベルが発売され、続く97年、第3弾となる「To Heart」が発売されたが、そのヒロインマルチシナリオはその健気さからユーザーの涙を誘った。

To Heartは、ご褒美的なポルノグラフック削除したPS版も大ヒットし、ポルノ的要素を特に必要とせずとも、泣きの要素とがあれば美少女ゲームとしてヒットし、プレイヤーも十分満足感が得られるということを明確に製作者側に気づかせた。

このTo Heartの反を受けて制作されたTacticsの「ONE ~輝く季節へ~」 は、発売時こそあまり注はされていなかったものの、じわじわと評価をあげていき、難解な内容であるにも関わらず高い人気を得た。

その後、ONE制作メンバーどが移籍して立ち上げた新ブランドKeyが発表した「Kanon」、D.O.山田一田中ロミオ)によるシナリオの「加奈~いもうと~」の成功により、泣きゲーは美少女ゲーム流と言って良いほどの盛を見せ、以降90年代後半から2000年代は、泣きゲーの全盛時代となり、keyから「AIR」などの泣きゲーの徴的作品の発表が続いた。

泣きゲー最大の大作となった「CLANNAD」に至っては最ポルノ要素も不要となっている。

とはいえ、時系列を追って見ればわかる通り、泣きゲーの歴史とはつまりエロゲー歴史ともいえ、泣きゲーにおいてポルノ的要素が全く不要だとする考えも極論であることも留意すべきであろう。

実際Keyも、その泣きゲー作品は、全年齢版とアダルト版を交互に出す傾向にあり、ポルノ全に切り離すことは出来ていない。

美少女ゲームは、かつてアニメ漫画に強く影を受ける側であったが、泣きゲーの盛により、逆にアニメ小説漫画に影を与える側となっていった。

90年代から2000年代起こったストーリー優先のエロゲギャルゲの勃は、日本サブカルチャー不可逆的で決定的な影を与え、アニメライトノベル漫画が模倣するストーリーテングの古典とすらなったのである。

最後に泣きゲーという呼称は、そう呼べば分類しやすい場合もあるという俗称であり、必ずしもジャンルの実体を正確に表すものではいことも留意してもらいたい。

関連商品

関連動画

関連作品(発売日順)

1998年
ONE 〜輝く季節へ〜 (Tactics5月29日)
1999年
Kanon (Key6月4日)
加奈〜いもうと〜 (D.O.6月25日)
2000年
銀色 (ねこねこソフト8月31日)
AIR (Key9月8日)
2001年
君が望む永遠 (âge8月3日)
家族計画 (D.O.11月2日)
2002年
うたわれるもの (Leaf4月26日発売)
神無ノ鳥(すたじおみりす11月29日)
2003年
SNOW (スタジオメビウス1月31日)
マブラヴ (âge2月28日)
朱 -Aka-(ねこねこソフト6月13日)
CROSS†CHANNEL(FlyingShine9月26日)
こなたよりかなたまで (F&C12月12日)
沙耶の唄 (ニトロプラス12月26日)
2004年
CLANNAD (Key4月28日)
2005年
ゆのはな (PULLTOP3月25日)
パルフェ ~ショコラ second blew~(戯画3月25日)
車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ11月25日)
智代アフターIt's a Wonderful Life〜 (Key11月25日)
2006年
マブラヴ オルタネイティヴ (âge2月24日)
もしも明日が晴れならば (ぱれっと2月24日)
この青空に約束を― (戯画3月31日)
D.C.II 〜ダ・カーポII〜 (CIRCUS5月26日)
遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP11月24日)
2007年
カタハネ (Tarte、1月26日)
リトルバスターズ! (Key7月27日)
ピアノの森の満開の下 (ぱじゃまソフト8月24日)
そして明日の世界より―― (etude11月22日)
2008年
G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ5月29日)
ef - the latter tale. (minori5月30日)
2009年
2010年
L@ve once (Maid meets Cat9月30日)
失われた未来を求めて (TRUMPLE、11月26日)
2011年
WHITE ALBUM2 -closing chapter- (Leaf12月22日)
2012年
はつゆきさくら (SAGA PLANETS2月24日)

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B3%A3%E3%81%8D%E3%82%B2%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

泣きゲー

187 ななしのよっしん
2019/07/17(水) 14:20:26 ID: Wdvf82Ch9U
>>186
参考に挿入した、はてなダイアリーの記事では分嶺だと書いていますね。
私も同意見でこれをKey泣きゲー芽だと受け取っています。
その前作「同棲」には泣かせる要素は特に感じられませんでした。
それと資料として「エロゲー文化研究概論」という濃すぎる研究本があり、
そこで時系列エロゲ美少女ゲームの発展史が読めますが、

その『■泣きゲーのうねり』の項で『「泣き」にしても「抜き」にしてもそう分類しておけば整理しやすい
というときがあるだけで、その言葉自体にあまり実体がないのは注意したい」とありますので、
私もMOON泣きゲー芽だと思いますが、本記事への記載は曖昧に思い控えました。

188 ななしのよっしん
2019/07/29(月) 05:12:49 ID: ADuINjtg3b
泣きゲー歴史エロゲー歴史である以上、「ポルノ的要素を不要とする」々は駄文だと思います。
クラナドのようなケースはあくまで例外的なケースだし、クラナドにしたって智代アフター18禁出してるし。
Keyにしたって、非18禁路線をアピールしたところでPCで発売するのをやめられない時点で、ギャルゲー会社に宗旨替えしたわけでもなくエロゲー会社から抜け出ることは出来ないということを露呈している訳で。
泣きゲー特にkey作品は非ポルノ系のキレイエロゲーみたいなはあまり意味のある議論とは思えません。
189 ななしのよっしん
2019/07/29(月) 12:00:53 ID: ADuINjtg3b
Keyリライト以降非18禁路線に固執するようになったのは文化的背景というよりは声優の都合です
花澤香菜みたいなメジャーアイドル声優メインヒロインやってもらった手前、「リライトは今後非18禁展開は絶対しません」と誓約せざるをえなくなった
そんなにエロゲー会社と思われたくないならPCで発売するのをやめればいいのにそれはできない
結局、Keyという会社がエロゲー会社だったという歴史を消せる訳ではないということです
190 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 03:52:56 ID: HQXyq6KimE
というより、Keyファン層が別に18禁めていないから全年齢で出続けてるだけでは。
逆にPCで出し続けてるのも、Keyファン層がまずはPCで出ることをめ続けてるからでしょ。
それに、昨今のPS4とかの規制考えたら、非18禁でもPCの方が表現の自由度は高いし、
そもそもKeyが所属するVA全体で考えるとバリバリ18禁だしてるんだから、流通のこと考えてもPC出すのが安定やろ。
VA自体はエロゲー会社と思われたくないどころか、ハードエロゲーブランドもあるバリバリエロゲ会社ですよ。
Keyという会社って書いてるけど、Keyという会社があるわけではないのよ。
191 ななしのよっしん
2019/08/04(日) 03:55:54 ID: HQXyq6KimE
声優面でも、サマポケメインキャラエロゲ専門の声優も起用してたり、
別に非18禁だからって表声優にこだわってるわけではないよ。
192 ななしのよっしん
2019/08/06(火) 08:18:48 ID: ADuINjtg3b
>>190
>>191
言いたいことがちゃんと伝わってないようだ
自分がこだわっているのは、泣きゲーの記事の最近の記述に「性的要素に依らない」「ポルノ的要素を不要とする」という文章が乱発されていること。結果、泣きゲー(特にkey作品)の歴史18禁から非18禁への脱却のように論じられていることに違和感を覚えるということ。
keyだけが泣きゲーじゃないんだし、泣きゲー今日にいたるまで18禁作品でも作られ続けている訳だし。クラナドによって泣きゲー作品から18禁要素は消滅した、という記述はいらないだろう
key作品をめている層は18禁を必要としないと言ったところで、PCで出すという紛らわしいことをやめられない以上、世間からは18禁ブランドだと勘違いされても文句は言えないだろう。実際、クラナドと同時期のラクリマのPCゲームtrue tearsなんかは、いまだに18禁と勘違いされたままだ
ヴィジュアルアーツ18禁グループ18禁バンバン出してるというのは知ってるよ、泣きゲーとは関係ない抜きゲー専門のブランド
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
193 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 03:03:36 ID: Wdvf82Ch9U
>>192
ID: ADuINjtg3bさんは、再編集が必要と考えられるのですね。
意に添えるかどうかは分かりませんが、後ほどご意見を加味してみますが、
私の記述は批評家東浩紀さんの意見に影を受けたもので共感があり、
この観点からの記述も併記します。
ご不満でしたら、あなたの方でも再編集をお願い致せませんでしょうか?
194 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 11:29:34 ID: Wdvf82Ch9U
大幅に修正しました。
195 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 16:28:20 ID: ADuINjtg3b
うーん…前よりはずいぶんましな記事になりましたが…
美少女ゲームの影を昇させた、というくだりで今わざわざ京都アニメーションのことを書かなくてもよいのでは?
そもそもエロゲーの関連会社とみなされるのを嫌って京都アニメーションkeyとの距離をおくようになったのでは?(京都アニメーション女性を中心とした運営がなされている)
自分としては泣きゲーの体験を昇させた作品というと丸戸史明冴えない彼女の育てかたっ先に思い浮かびます
196 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 22:39:18 ID: Wdvf82Ch9U
ADuINjtg3bさん、京アニに配慮し修正しました。
ですが、文化的側面として一昔以上前から言われ続けたことですので・・・