津山線単語

45件
ツヤマセン
1.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

津山線とは、JR西日本の路線である。

概要

岡山駅津山駅を結ぶ路線で、中国鉄道により1898年に開業した。元々この路線は更に米子まで延伸するだったが中国鉄道の資難により計画は中断。その後山~米子ルートルート的には現在姫新線伯備線の一部)を建設予定としつつ倉敷米子ルートを調した結果、伯備線の開業となり山~米子ルートがこの路線の延長として建設される事はくなった。
1944年の戦時買収により有化され、官営の津山線となり今に至っている。

かつては因美線と共に陰陽連絡を担っていたが、智頭急行の開業と陰陽連絡急行「砂丘」止後は地域輸送にしている。
なお、「砂丘」の止と同時に津山線の急行は全されるだったが地元の反発と要望を受け一往復のみ「つやま」として2009年まで残存していた。
しかし「つやま」の使用車両快速「ことぶき」や他の普通列車と同じキハ40・47形だったこと(そのため全自由席)、「ことぶき」との違いが法界院を通過するか否かだけだったことから「ぼったくり急行」と揶揄された。現在「つやま」のスジは「ことぶき」に利用されている。
詳細は「つやま(列車)」を参照。

その後「つやま」のバージョンアップ版であるSAKUSAKU楽が2022年に運転開始した(全定席 530円)。こちらはちゃんと車両がわかりやすいピンク色になり内が定席グレードのものになってる上、岡山を出ると山まで止まらない(但しダイヤSAKUSAKU楽は98分、ことぶきは70分)。

最近は朱色一色から更に時代退行して国鉄急行色や国鉄一般色のノスタルジー塗装車両それなりに走っている。

岡山支社管轄で、単線非電化。路線記号は「T」。

ICOCA岡山の隣の法界院駅まで対応。

駅一覧

●:快速 ○:一部快速 :上り一部快速 │:快速通過

快速ことぶき

SAKUSAKU

備考
岡山駅 JR西日本山陽新幹線山陽本線宇野線
赤穂線山陽本線乗入)、伯備線山陽本線乗入)
岡山電気軌道東山本線
法界院駅 岡山大学
岡山総合グラウンド
備前原駅
玉柏駅
牧山駅 大久保暫定潜歩道橋
野々口駅
金川駅
建部駅
福渡駅
神目駅
弓削駅
誕生寺駅
小原駅
亀甲駅
佐良山駅
津山口駅
津山駅 JR西日本姫新線因美線姫新線乗入)
まなび鉄道館最寄り

使用車両

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

津山線

1 ななしのよっしん
2012/03/22(木) 17:01:25 ID: BczvNgKCVR
法界院から一気に田舎になるんだよなあ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2012/06/17(日) 08:28:57 ID: ygb6J78HL3
>>1
確かにそうだな。
は何度も津山線に乗ったことあるが、
法界院~備前原の警鳴らした後から一気に田んぼとか見えてくる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
3 ななしのよっしん
2013/10/11(金) 18:41:18 ID: XTB1K5egel
ナルト列車の開閉ボタンの位置に悪意を感じる……
👍
高評価
0
👎
低評価
0