津軽弁単語

ツガルベン

津軽弁ってばや、青森県津軽地方でしゃべらいじゅ方言だんず。
(津軽弁というのは、青森県津軽地方で話されている方言です。)

概要

青森人間は実直で無口人間が多く、の寒さもあって口数が少ない。
そのような環境の下で育まれてきたのが津軽弁である。

音を想わせる軟口蓋鼻音(鼻濁音)が多用され、切れい複数の文節を含む句の末尾でイントネーションが上昇するため(標準ではイントネーションの上昇が末尾に来ることはい)、初めて聞く(フランス語をあまり知らない一般の)人にはフランス語のようにしか聞こえず、そのネタトヨタ自動車パッソ」のCMでも使われている。

特に五所川原ヶ沢周辺の西北地域は訛りが強い。
反面、青森を中心とした東津軽地域や弘前石を中心とする中南津軽地域は割合ソフトな訛りである。

「どさ?(どちらへ行かれるのですか?)」「湯さ。(これからお風呂へ行きます。)」という4文字で会話が成り立ってしまう、という極端なテンプレもあるが、標準較して短い音節の単が全体的に多い(特に単音節の多さは南の雄・鹿児島弁肩し得る)。また彙は古に由来するものが多く、標準の意味と完全に一致する物は少ない。

英語を喋らせるとなぜか津軽弁訛りしてしまうという、おそろしい結果になることがある。また、津軽地方では標準がうまく使えない人も年配者を中心に多数いる。彼らに理を言って標準を喋らせようとすると、前述のように鼻濁音を多用し文節に区切りのはっきりしない津軽訛りになり、聴いている人の大部分の人が違和感を覚えるが、やがて途中から意識のうちに津軽弁の彙やイントネーションが混じってしまい、結局グダグダになってしまう。

最近では、TVの普及や県外からの大学生らの影もあり、若い世代では訛りの少ない標準を喋れるものが多くなってきた一方で、若者の津軽弁離れが深刻化している。

代表的な津軽弁

津軽弁 意味
「わ」 私(<(われ))
「な」(=「め」「おめ」) あなた(<(なれ))
あずましい」 気持ちがいい、心地よい
「いだわしい」 もったいない
いとまが」 ちょっとの間(<暇(いとま)が)
えふりこぎ」
※1
見栄っり、ええかっこしい(<良い振り+扱き(=する人))
「おっける」 コケる、倒れる
「おべだふり」
※1
知ったかぶり(<憶えた振り)
「がっぱ」「たげ」
「のっつど」※2
たくさん、かなり
(「わや」「のれ」などが使われることも)
「きまげる」
「かちゃくちゃね」
が立つ、いらいらする、頭に来る
「くだぐ」 両替する(<砕く)
「げっぱ」 ビリ、最下位
「けんど」 道路(<県道?)
「こまる」 おじぎをする。(<屈(こご)まる)
(発音は「こる(困る)」ではなく「こま」)
「ごんぼほる」 ダダをこねる
「じぇんこ」 お金(<「銭っこ」)
「すがま」 氷柱
「すっけえ」 すっぱい
「ずるすけ 悪がき
「せば」(=「へば」)
「しゃー」
1.そうすれば 例)「せばやるが(そうすればやりましょうか)」
2.じゃあね
「だ」「だい」
「ちゃかし」 おっちょこちょい
「ちょす」 さわる、いじる
「つけらっと」 1.ちゃっかり 例)「つけらっともってっちゃ(ちゃっかり持って行ってる)」
2.知らないふり
「てぎ」 しんどい(<「大儀」)
「とっぺる」 ふたをする、ふさぐ
「なずぎ」 おでこ
「にかむ」 衣服などが)しわになる
「ぬげ」 暑い(<「温(ぬく)い」)
「ねっぱる」 くっつく
「のめくる」 つんのめる
ばぐる」 交換する
「はっける」 走る
「びろ」 よだれ
「まがす」 こぼす
「までーに」 きれいに
「むじゃげる」 破れる
「むっつい」 何か(カステラなど)を口にして、口の中の分が奪われた状態。
「めごい」 かわいい岩手などで使われる「めんこい」と同系列
わんつか」 ちょっと(<僅か)

 ※1 「えふり(見栄をる)」「あるふり(お金があるように見せる)」「おべだふり(知ったかぶり)」をまとめて、「津軽の3ふり」と表現することもある。
 ※2 弘前(中南津軽)地域と五所川原(西北津軽)地域で分かれる。また、場面により分かれることもある。

会話例

<会話例1>

 A「お、Bだばな。何しちゅんだば?」
  (お、Bじゃないか。何してんだよ?)

 B「おーAだな。わんつ減ったはんでメシ食いに行ぐんだばって、なも行ぐな?」
  (おーAじゃないか。ちょっと減ったからメシ食いに行くんだけど、お前も行くか?)

 A「いいでばな、そいよ。わもかででけ。そいでどさ行ぐんず?」
  (いいなあ、それ。も入れてくれよ。で、どこにいくんだ?)

 B「前さあるファミレスだばどんだば?」
  (前にあるファミレスとかどうよ?)

 A「あー・・・・・・あっこまィねや?わー知ってらめーラーメン屋あるはんで、そさ行ぐべ。」
  (あー・・・・・・あそこはダメだ。知ってる旨いラーメン屋があるから、そこに行こうぜ。)

 B「んだずな・・・・・・。へばそさ行ぐが。」
  (そうか・・・・・・。ならそこに行こうか。)

 

<会話例2>

 C「ん? Dだばな。何しちゅんずよ? 学校さ遅いら?」
  (ん? Dじゃねーか。何してんだよ? 学校に遅れるぞ?)

 D「・・・・・・Cだな。見ろっさ、これ。チェーン外(はず)いでまってや。」
  (・・・・・・Cか。見てよ、これ。チェーンが外れちゃってさ。)

 C「わいは、んだずな。・・・・・・どら、わんつか貸へじゃ。」
  (ありゃま、そっか。・・・・・・ほれ、ちょっと貸してみ。)

 D「わい、こったのわーでも直せるね。なーぐ行がなが。」
  (ちょっ、これくらい私でも直せるわよ。アンタく行きなよ。)

 C「うそし、この。手ェ汚いじゃーべな。すぐ直してけらね。」
  (うそつけ、この。手が汚れてるだろうが。すぐに直してやるよ。)

 キーコーン♪ カーンコーン

 E「――へば、おめはDの自転車直して遅(おぐ)いだってが。」
  (――それで、お前はDの自転車を直してて遅れたってか。)

 C「・・・・・・んだ。」
  (・・・・・・そうです。)

 E「なんぼまんだ・・・・・・ウソしてねんたし、今のっきゃ特別に許すばって、今度だば遅れねんでな。」
  (まったく・・・・・・ウソはついてないようだし、今回は特別に許してやるが、今度は遅れないようにな。)

関連動画

トヨタCMパッソ」がオススメ。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B4%A5%E8%BB%BD%E5%BC%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

津軽弁

64 ななしのよっしん
2018/05/21(月) 19:27:28 ID: a3ziMFI5LF
この音を最初の七分間だけで良いので聴いて下さい。
https://trc-adeac.trc.co.jp/Html/Audio/1920905100/1920905100200020/811043626_A/exit
これは1980年弘前で当時25歳だった男性に発音して貰った音です。調者は言語学世界では有名な平山男氏で、全四千ヶ処以上を調している人。男性は幾つもの言葉を言いますが、青森方はこの様な言葉を使いますか?

① クヂ(口) イダ(居た) オド(音) イゲ(池) イギ(息) オグ() アギ() オレダ(折れた)
上みたいに共通でカ行とタ行で言う所がガ行とダ行に濁って言いますか?

② ヒンヂ(肘) スンズ() ミンヅ() キンジ(雉) ウンデ(腕) カンズ(数) マンド()
彼の言葉を聴くと、なんだか後ろの濁音の前に短い「ン」の様な音が入っている言葉がありますよね。方もその様に言いますか?

③ ムキ゚(麦) カケ゚(影)
なんだかガ行には①番と違い、鼻に掛かる様な音がしているものもありますが、方は①のガ行と違う音を使っていますか?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
65 ななしのよっしん
2018/06/29(金) 12:53:14 ID: Q3KSr4FOpR
正直今の青森の人口流出の原因これも関係してるっしょ
66 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 09:08:02 ID: UQvP5tEcVY
>>64
①③カ行タ行は濁る。個人的には③は単に鼻濁音なだけだと思うが。標準でもそうだろ?

②短いンというか、ちょっと溜めが入るというか、そういう喋り方はする。上の方のコメのけんども同じような発音。
でもおど(お)、おが(お)とかはそうじゃないなぁ。

上の回答もTV普及後の世代、特に若者では薄くなり、それ以前のお年寄りではより顕著になる。


>>65
訛ってるの嫌だから都会に出て抜けた言葉になりたいってか? 本気でそういう考えのヤツばっかりなら昭和の終わりくらいにはとっくに青森は人っ子一人いない不毛の地になってるわ。
67 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 09:55:28 ID: 4uoyzoOwrK
>>66
①②③④についての解説。
① 津軽もとい東北方言では、音に挟まれたカ行タ行がガ行ダ行になる。(本当はもっと複雑な法則なのだが…)
併し近年の東北地方(特に仙台市秋田の様な都市部)ではこの濁音化を起こさない若者が増えている。較的方言が堅とされる津軽地方ではどうなのかとう意図で行った質問。
「旗ハダ/hada/」「男オドゴ/odoɡo/」「口クヂ/kʉzɨ/」

② 東北方言では本来濁音とされるザ・ダ・バ行音の前に、短く「ン」の様な音が入る。併し近年は衰退が凄まじく、地域によっては老年層からも消え去っている地域がある。
方言較的堅津軽であっても、ネットを使う様な若者から中年頃までの人はどうなのかとう意図で行った質問。
「体カランダ/karaⁿda/」「火事クヮンジ/kʷaⁿzɨ/」「油アンブラ/aⁿbʉra/」「フェンビ/ɸeᵐbɨ/」
特殊な例として「短いミンチケァ/mɨ̥ⁿtsɨkɛ/」なども。

③ 十七世紀初期頃までの京都で、ンガ行[-ᵑɡ-]で発音されていた音は、現在ガ行鼻濁音で発音される。これは東京も同じ。併しこの音も東北盛岡市仙台市の様な都市部では若者の使用率が半数以下にまで減少している。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
68 ななしのよっしん
2018/12/23(日) 11:15:08 ID: 4uoyzoOwrK
油は「油アンブラ/aᵐbʉra/」ね。男と女では女の方が方言的な音が衰退している割合が多い。私の知りうる限り日本共通でそうだと思う。そして都会と田舎では都会の方が衰退している。
宮城県白石石巻市較すると石巻の老年層に六つ音/ɛ/が認められるのに対して、白石ではほぼ認められない。茄子も区別がかったのは十人中二人だけであった。

「上げる」をアケ゚ルと発音する人は白石では老年層で100%であるのに対し、子供世代は40以下にまで減少する。ちなみにここでは「ン」の音が入る「入り渡り鼻音」の音は消滅した。
即ち津軽いてもかような変化を世代間で起こしている事だろう。

―カ行ガ行についての世代差―
①カ行をガ行に、ガ行をカ゚行で言い別ける。→②カ行をカ行に、ガ行をカ゚行で言い別ける。→③カ行をカ行に、ガ行をガ行で言い別ける。
併し個人的には①と②、あるいは②と③の間にカ行をガ行に、ガ行をガ行で言い、言い別けない。とう層はないのだろうかとも思う。地域や個人によってはありうるのではなかろうか。
―タ行ダ行についての世代差―
①タ行をダ行に、ダ行をンダ行で言い別ける。→②タ行をダ行に、ダ行をダ行で言い、区別が消える。→③タ行をタ行に、ダ行をダ行で言い共通的に言い別ける。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
69 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 01:35:04 ID: xPy0GnKrsE
函館辺りの沿部だけど、こっちだと津軽弁北海道の訛も混ざってる感じだな。
ところで、うちの爺さんがこの前結婚式で「ほんだます」って言ってたけど他では使うのだろうか…
ニュアンス的に「そうでございます」なんだろうけど長年話してて聞いたことがなかったから気になったw
70 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 03:38:29 ID: /2TIT8vZR0
津軽出身の後輩ですら、「爺さん婆さんとかだと素面の時はともかく、とかに酔って滑舌悪くなってくるとマジで何言ってるか分からなくなったりする」って言ってたなw
まあ、きつめの方言地方あるあるネタなんだろうけど
71 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 20:06:59 ID: UQvP5tEcVY
4uoyzoOwrK>>
学術的に調べただけなのかもしれんが、そこまで調べておいて
『あと津軽では「ねぶた祭り」を「ネプタ祭り」とも言うそうだが、』
とか言っちゃったら、津軽の人は方の発言はこれ以降視すると思うぞ。
72 ななしのよっしん
2019/05/24(金) 00:11:09 ID: 4uoyzoOwrK
>>71
ねぶた祭り」については詳しくないので、津軽での正確な言い方を直接聞いた訳ではないが、ウィキペディアによると、青森市などと違い、弘前市ではネプタと言うとの記述があり、「青森ねぶた祭り オフシャルサイト」にも<ねぶた祭り(ねぷた・ねふた)>とネプタの表記を併用している事から、地方によってはネプタも用いるだろうと判断し書き込んだ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/exitねぶた

あるサイトにはネプタと言うよりはネpタの様な音だと書いてあった。このpは音を伴う音を理やり表現したものだと考えるのが妥当だろう。
ネプタは恐らくこの様な過程で成立したのではなかろうか?実際の老年層の発音を聞いた訳ではないが… /ne˔ᵐbʉta/→/ne˔ᵐpʉ̥ta/
伝統的な津軽方言では[ᵐb]と[ᵐp]は条件異音として同じ音だと解釈される。この場合、bかpの違いよりも[ᵐ]の有の方が重要だからだ。
73 ななしのよっしん
2019/09/19(木) 04:06:17 ID: 3qzvDhphLL
IKZO、新曲出したってよ(https://www.nicovideo.jp/watch/1568708522exit_nicovideo