流星のロックマン単語

リュウセイノロックマン

流星のロックマンとは、株式会社カプコンから発売されたニンテンドーDS用のゲームシリーズである。

概要

ロックマンシリーズ20周年記念に作られたゲームソフト「流星のロックマン」。ジャンルブラザーアクションRPG

初代「流星のロックマン」はペガサス/レオ/ドラゴンの3バージョン
「流星のロックマン2」はベルセルク×ダイナソー/ベルセルク×シノビの2バージョン
流星のロックマン3」はブラックエース/レッドジョーカーの2バージョン

合計7本のソフトが販売されている。また、その後DSロックマンエグゼシリーズとのコラボ作品である「ロックマンエグゼ オペレトシューティングスター」が発売された。

ロックマンエグゼシリーズから200年後の世界舞台になっており、その後継作にあたる。エグゼシリーズシステムを受け継ぎつつ、流星のロックマン独自のシステムが採用されたゲームになっている。

また、流星のロックマン1ではコナミから発売されたDSソフトボクらの太陽」とコラボし、本作に向こうのキャラクターゲストとして登場したり、クロスブラザーバンドを結ぶことができる。

流星のロックマン ペガサス/レオ/ドラゴン

記念すべき第1作
バージョンにより別の姿に変身するスターフォースシステムが使える。
属性は各固定で、アイスペガサス「氷」、ファイアレオ「火」、グリーンドラゴン「木」となっている。
バージョンブラザーを結べばそのスターフォースも使えるため、ペガサスバージョンでありながらレオドラゴン3つの姿を使い分けることが出来る。

流星のロックマン2 ベルセルク×ダイナソー/ベルセルク×シノビ

2種類のソフトにそれぞれ2バージョンゲームが入っている。
バージョントライブオンと呼ばれる異なる変身が使える。ベルセルク×ダイナソーはサンダーベルセルク」とファイアダイナソー「火」、ベルセルク×シノビはサンダーベルセルク」とグリーンシノビ「木」。
また単体のソフトで2バージョントライブを組み合わせるダブルトライブが使える(別バージョンブラザーを結ぶことでも可)
さらに別バージョンとのブラザーバンドにより3つのトライブ融合させたトライブキングの姿になることが出来る。

流星のロックマン3 ブラックエース/レッドジョーカー

流星シリーズ最終作であり、ゲームシステムデザインの大幅な良によりファンの間で最高傑作と呼ばれるようになった。
バージョン変身システムであるノイズチェンジの発生確立が違うが、使えるノイズは共通の「リブラ/コーヴァス/キャンサー/ジェミニ/オヒュカス/キグナス/オックス/ヴァルゴ/クラウン/ウルフ/ブライ」の11種類で、これに属性が加わる。
さらに各バージョンで最終変身であるファイナライズの姿が異なり、それぞれブラックエースレッドジョーカーとなる。
本作にはブラザーバンドによる変身の共有はない。

詳しくは個別記事(流星のロックマン3)を参照。

主な登場キャラクター

星河スバル星河スバル  (CV:大浦冬華
主人公宇宙に関することが大好きな小学5年生。夢は父親と同じ宇宙飛行士になること。
ウォーロックウォーロック  (CV:伊藤健太郎
はるか宇宙惑星FMプラネット」からやって来た電波生命体。自由奔放な性格で、電波ウィルス相手に暴れることが大好き。
白金ルナ白金ルナ  (CV:植田佳奈
シリーズヒロインの一人。みんなを引っクラス委員長。気が強いけど友達思い。
牛島ゴン太牛島ゴン太  (CV:大畑伸太郎
ルナの取り巻きの一人で、外見に違わず、自慢の食いしん坊牛丼が大好物。
最小院キザマロ最小院キザマロ  (CV:儀武ゆう子
ゴン太と同じく、ルナの取り巻きの一人で、物知りで情報通。
響ミソラ響ミソラ  (CV:福圓美里
シリーズメインヒロインとされている、大人気の少女シンガー
スバル同様電波変換でき、FM人「ハープ」と電波変換することで「ハープ・ノート」になる。

その他の登場人物は「流星のロックマン 関連項目一覧」を参照。

エグゼシリーズとの相違点

フィールド

本作では今までの電世界に加え、新たに電波世界を探索する。
電波世界というのは、電波によって構成されている世界のことで、現実世界行して存在し、ゲーム内では現実世界の上に存在するように描写されている。
メールテレビなどの情報電波世界を伝って世界に配信されていき、それが具化されたのが電波世界にあたる。
これに伴いインターネット・電世界舞台の「ネットバトル」から、 電波世界であるウェーブロード舞台にした「ウェーブバトル」へ それにより、ロックマンの掛けも 「バトルオペレーションセットイン!!」から「ウェーブバトル、ライド・オン!!」へと変化した。

メールテレビ以外の情報のやりとりも全て電波によって行われ、制御されており、普通人間には視できないがビジライザーという特殊なメガネをつけることでそれを確認できる。
電波世界現実世界の上に存在していて、主人公は後述する電波変換を使用することでそこを歩き世界を回ることになる。
電波世界を移動することで現実場所の他の場所に移動することが可で、A地点から電波化して電波世界のA地点からB地点に移動して現実世界のB地点に出るということが可で、本作ではこれを活用してストーリーを進行していくことになる。

電波変換

本作の中核となる要素で、人間電波生命体”FM人”と融合することである。 主人公の場合「電波変換!星川スバルオンエア!」の掛けウォーロックを強化スーツのようにう。 この状態では、現実世界だけでなく電波世界・電世界自由に行き来することが出来る。 基本は人間FM人両方の意識が同居するのであるが、FM人の意思で強制的に電波変換した場合、人間の体を乗っ取られることもある。

ゲーム1作では人間の意思で自由電波変換出来るのは限られた人間だけであったが、3作では電波変換の仕組みを解明することで携帯端末にこの機を補佐する仕組みが取り入れられた。そのため、ある程度適正のある者であればサポートプログラムである”ウィザード”と電波変換することが可になった。一度電波変換した場合そのデータは記録され、管理局の承認なしでは自由電波変換が出来ない。 これにより主人公の掛けも「トランスコードシューティングスターロックマン!」の音声認識へ変化した。
ちなみに主人公サイドの各トランスコードエース001ブライが002、ロックマンが003、ハープが004、オックスが005、ウルフが011、キグナスが020である。

端末の変化

システム

ブラザーバンドシステム

今作のゲームジャンルが「ブラザーアクションRPG」と呼ばれる最大の要因が「ブラザーバンド」である。本編ストーリーでたびたび登場するキーワードでもあり、ニンテンドーDSの最大の特徴ともいえる「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を利用したシステムである。

ここでいう「ブラザー」とは「brother(兄弟)」という意味ではなく、むしろ「親友」という意味に近い。よって、家族であっても、異性であっても、年齢・世代が大きく離れていても、お互いの同意でブラザーになることができる。

シリーズを追うごとに、その形態は変化を遂げていくが、いずれの作品においても、通常のロックマンをさらにパワーアップさせることであり、シナリオ進行や通信対戦において有利にバトルを進めることができる。

使用するシステム環境の都合上、身の回りにネット環境がないプレイヤーや、身の回りに同じく「流星」をプレイしている友人がおらず、一人で遊ぶプレイヤー(いわゆる「ぼっち」)にとっては、非常に不利なゲームであるため、このシステムは他のロックマンシリーズより人気が非常に悪い原因の1つとも言える。

バトルカード

エグゼでいうバトルチップに相当する要素。バトルカードDSの下画面で選択可で、2×3の計6枚が表示される。 エグゼと違ってA~Zのコードがない代わりに、選択するには幾つかルールがある。

個別のバトルカードについては、『ロックマンエグゼ/流星のロックマンシリーズのバトルチップ/バトルカード一覧』を参照。

その他のシステム

メディアミックス

月刊コロコロコミック誌上でのメディアミックス展開により、漫画化もアニメ化もされている・・・のだが、
アニメDVD漫画版の存在は都市伝説と化している。中身の栄えは・・・お察し下さい。

一応、そのかしい経歴について駄に面おかしく書いた過去の記事については、こちらのリビジョンを参照。

アニメ版

1話30分ではなく、「おはスタ」の生というか兄弟番組である「おはコロシアム」の幕間に放送される10分アニメの1つであった(前半)。 10分の制約の中で、引き伸ばしも回想も使用せず果敢に奮闘するも、最終話ソードマスターヤマト化した。

また、DVDイギリスでは発売されているが、日本国内では発売されておらず、CDロックマンエグゼシリーズ ボーカルアルバムボーナストラックとしてハートウェーブ(TV-size)が収録されているのみでそれ以外は全く出ていないという前代未聞の事態に陥っている。それでもDVDが買いたい!という人は日常英会話練習として、英語版を買ってみてはいかがだろうか?

スタッフ

主題歌

1期(無印)OP:ハートウェーブ
歌:響ミソラ福圓美里) / 作詞:marf / 作・編曲鳴瀬シュウヘイ
2期(トライブ)OP:ウェーブ
歌:響ミソラ福圓美里) / 作詞:marf / 作・編曲鳴瀬シュウヘイ

漫画版

流星のロックマン

作者板垣也 。月刊コロコロコミックにて、2006年11月号から2008年1月号まで連載された。
世界観・キャラクターの設定が原作とやや異なり、以下にその例を挙げる。

ごめん・・・黒歴史って言葉しか思いつかねぇ・・・。

 

TRIBE 流星のロックマン 武闘外伝

月刊コロコロコミックにて、2008年2月号から2008年7月号まで連載。
作者は前作に引き続き、板垣也。

『流星のロックマン2』を原作としているが、世界観は原作と全く異なるオリジナル設定であり、
主人公ロックマンは「星河スバル電波変換した姿」ではなく、「ロックマンばかりが集まる集落の生き残り」という設定になっている。

 

笑劇オンエア!!流星のロックメ〜ン

別冊コロコロコミックにて2006年12月号から2008年12月号まで連載。
作者は『闘!エグゼ兄弟ロックメーン』と同じ、川野

主人公星野流太」の日常生活を描いた作品で、ゲームの中からロックマンを呼び出して、現実間に飛び出したゲームキャラクターと戦わせるのがストーリーとなっている。

流星のロックマン3

月刊コロコロコミック2008年12月号と2009年1月号に前後編で短期連載された作品。
作者は、同誌に掲載されていた『ロックマンエグゼ』を執筆した岬諒である。
こればかりは何が何でもファンは買うべきだった。評価も一番安定していた印が強い。

ストーリーが他の漫画作品にべて原作を非常に再現しており、作中では、ノイズチェンジキグナスノイズに、ファイナライズはブラックエース変身している。

現在では当然入手困難(ちなみに12月号のは付録の方に描かれていたため絶望的…)だが、狙ってみる価値は十分あるかもしれない・・・。

関連動画



関連商品


  

関連静画

関連項目

関連コミュニティ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B5%81%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

流星のロックマン

806 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 17:00:42 ID: HSeHZsAdM5
エグゼファンよりも新規の取り込みがうまくいかなかったのかな
そもそも要エグゼプレイヤー小学校と一緒にロックマン卒業って時期だったわけだし
807 ななしのよっしん
2019/03/20(水) 17:13:33 ID: V+pYIvDZNi
エグゼやってた小学生がちょうど卒業なのはキツかったろうね
あとハードが足りなくて、視認性が悪くて染めなかったという人も結構いると思う
しばらく期間けて3DSで出てれば覇権まであったと思うのだが...
808 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 06:28:14 ID: PaeQuen0cc
流星はなんというか「変身ヒーロー物」
なのが印悪い気がする。
エグゼはいわゆる代行バトルだったからガワが違いすぎるんだよなぁこれ。やることはあんま変わらないんだけどさ
809 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 11:03:29 ID: HSeHZsAdM5
>>807
まあ卒業によるファン離れは小学生向けコンテンツには避けられないだし、そのための新シリーズだったんだろうけどどうもタイミングがな

>>808
アニメエグゼが低年齢層の支持を得ていたから」って判断なんだろうけど流石に対年齢を下げ過ぎたのかな
810 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 11:55:03 ID: HKG4DaqJQ+
ストーリーは対年齢を中学くらいにあげてるよ
2で落ちて3でまた少し上がった
チグハグだったのがわるいのかも
811 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 12:00:54 ID: oVXUdMP1KQ
本当に良いゲームなんだけどねえ…メディアミックスの仕方も
悪かったと思うけど、卒業の時期…だったのもあるのかもしれないね
812 ななしのよっしん
2019/04/03(水) 12:06:36 ID: uRAvp+I1Cd
ウィザードアイスが好きなんだけどなぜかアイスバーンの方が好かれている
自分が異端なだけか
813 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 12:44:29 ID: jhJNoNgH1h
エグゼは毎作みんなで追っかけてたのに1作出た時はポケモンDPDQMJで見向きもされてなかったな
出だしで躓いてしまった感は否めない
814 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 15:28:17 ID: osBsDTa9b7
バトルはエグゼとべてだいぶ簡略化された感あったし、同時期のポケモンとかがwi-fi対戦できたのに流星1はできなかった
シナリオも今までとべて雰囲気が暗かった(今は一番好きまであるが)
1発売当時はこんな感じの印でやってみると悪くないけどなんかガッカリ感あった

エグゼだってシステム完成までにはそれなりに時間かけてるのは同じなんだけど、
システムが一度完成するとそこから再構築するのは大変だわ
815 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 12:10:52 ID: PaeQuen0cc
1はまあこんなもんだろうって感じで
エンカウント率たけーよってなって。
3は見向きもされないがやった人の評判はいい

そんな感じ。2はエンカウント率とややこしいマップ構造以外はまだいいんだけどなぁ。あとスカイウェーブ関係