浅村栄斗単語

アサムラヒデト

浅村栄斗(あさむら ひでと、1990年11月12日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手内野手)である。現在東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。

概要

大阪桐蔭高等学校では背番号14ながらレギュラーとして出場。3年時には甲子園にも進出した。この年から守っていた遊撃手としての守備と打撃で注され、埼玉西武ライオンズよりドラフト3位で名を受ける。背番号32

西武時代

2009年は、内野手不足に陥っていた二軍で活躍した。


2010年は開幕を一軍で迎え、3月31日プロ入り初出場を果たす。この年に打った2本のホームランは、いずれもクリネックススタジアム宮城で放った。


2011年は若手を育成するチーム方針により7番一塁手で開幕スタメンに抜されると、いきなり猛打賞を記録。4月は.392と打ちまくり大ブレイク予感させるも徐々に失速。とは言えファーストストライクから思い切って振っていくスタイルは終始変わらず、10月になると再度調子を上げ、打率.460を記録する大活躍でMVPを受賞。下位打線の要としてライオンズクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。


2012年は打撃不振もあり、二軍降格もあった。片岡易之の故障離脱後はセカンドに回り、栗山巧の故障離脱後は1番打者に回ってそのを埋めた。状況によってはレフトで出場したこともあった。


2013年中島裕之が抜けた正遊撃手の座を片岡治大金子侑司永江恭平と競うが、結局は元の一塁手に戻った。故障で出遅れた中村剛也の代わりに4番を任されたホセ・オーティズが打撃不振、ライアン・スピルボーグスも打てなかったため、打撃好調だった浅村が5月末から4番を任され、シーズン終了までその座を守り続けた。7月には打率.395、6本塁打と活躍し、自身2度MVPを獲得、オールスターにも監督推薦で初選出された。レギュラーシーズン終戦でも27号先制ホームランを放ち、西武2位浮上に貢献。初の打率3割(リーグ5位)を記録し、自身初の打撃タイトルとなる打点王を獲得した。23歳以下での打点王は1995年イチローオリックス・ブルーウェーブ)以来8年ぶり。さらにゴールデンラブ賞とベストナインを受賞した。


2014年は入団からの監督だった渡辺久信が退任し、伊原春樹監督に再登板した。片岡治大読売ジャイアンツFA移籍したため、二塁手に転向した(ファーストには片岡人的補償脇谷亮太が入った。なんでやねん)。中村剛也が開幕に間に合わなかったため、4番で開幕を迎えた。中村復帰後も4番で出場したが、5月に新外国人エルネスト・メヒアを獲得すると6番打者に下げられた。5月21日読売ジャイアンツ戦で木村文紀と交錯し、左ひざの靭帯を負傷する。その後も痛みに耐えて出場を続けたが、6月原が辞任、監督代行として田辺徳雄が昇格すると、即二軍降格となった。中村指名打者に回っていたこともあって復帰後はサードに入ったが、シーズン終盤は再びセカンドに戻った。栗山巧が1番に固定された後は、開幕前の構想にもあった3番を担当した。


2015年は3番二塁手を担当したが、調子を崩した後は2番か6番などを務めた。


2016年4月終了時点で打率.210と打撃不振に陥ったが、徐々に復調。8月打率.384、4本塁打、26打点の活躍でMVPを獲得。2013年以来となる打率3割(リーグ3位)、20本塁打にも到達し、セカンドでは初のベストナインにも選出された。オフ背番号3に変更した。


2017年監督辻発彦に交代した。大半の試合で3番打者を務めたが、中村剛也の打撃不振もあり4番を打つ試合もあった。5月20日福岡ソフトバンクホークス戦で通算100本塁打9月28日ソフトバンク戦で通算1000安打を達成した。全試合に出場したが、打率.291リーグ6位)、19本塁打、99打点と一歩惜しい成績に終わった。2年連続でベストナインに選出された。


2018年5月6日東北楽天ゴールデンイーグルス戦で通算1000試合出場を達成した。全試合に3番で出場。打率.310リーグ5位)、32本塁打127打点を記録し、本塁打打点はキャリアハイの成績を残した。西武日本人選手による打率3割30本塁打100打点達成者は浅村が初である。さらに2013年以来5年ぶりに打点王のタイトルを獲得した。3年連続でベストナインに選出された。

11月7日FA宣言を発表し、「ライオンズを最優先に考えた上で他球団の評価を聞いてみたい」とコメントした。

楽天時代

2018年11月21日東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得を発表。この年にGMに就任した石井一久の「来てくれるだけで楽天のためになる」という言葉が胸に刺さったのがきっかけだったという。背番号は3。


2019年は開幕から3番を務める。4月17日西武戦で通算150本塁打を達成した。

人物・その他

本来の守備位置は遊撃手だったが、2012年までは中島裕之が君臨していたため、ほとんど守備機会がなかった。守備中島以上と言われており、元々ショートで育てるのがチームの構想であったが、2013年監督渡辺久信に諦められてからは一度も守っていない。

2011年には外野(急造外野手ゆえに守備は覚束ないことも多かった)、2014年にはサードでも多くの出場機会があり、ああ見えて捕手以外は全て守れる器用な選手である。

尊敬する選手は松井稼頭央。最初の背番号32』はその松井西武入団当時に背負っていたものである。また、2017年より背負っていた背番号『3』は敬する中島裕之のものである。

現役選手としては渡辺直人を慕っており、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍する決め手の一つとなったと言われている。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
大阪桐蔭 応援歌のピコカキコ一覧#1489 16332
16332
西武 パシフィック・リーグの応援歌のピコカキコ一覧#90 16140
16140
楽天 パシフィック・リーグの応援歌のピコカキコ一覧#90 17655
17655

成績

年度別打撃成績

年度 所属 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2010年 西武 30 55 42 11 11 1 1 2 9 2 1 1 8 3 8 2 .262 .407
2011年 137 498 437 48 117 17 3 9 45 7 18 3 37 3 52 8 .268 .327
2012年 114 459 404 52 98 18 7 7 37 13 13 4 34 4 63 9 .245 .307
2013年 144 620 543 85 178 38 5 27 110 14 7 4 61 5 88 9 .317 .388
2014年 118 501 440 52 120 19 1 14 55 3 0 8 47 6 100 8 .273 .345
2015年 141 627 537 88 145 19 2 13 81 12 2 7 69 12 136 13 .270 .362
2016年 143 611 557 73 172 40 0 24 82 8 3 6 38 7 108 18 .309 .357
2017年 143 633 574 78 167 34 1 19 99 5 1 6 44 8 96 17 .291 .347
2018年 143 640 565 104 175 27 0 32 127 4 0 5 68 2 105 18 .310 .383
NPB:9年 1113 4644 4099 591 1178 213 20 147 645 68 45 44 406 50 756 102 .287 .355

通算守備成績

機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
NPB 一塁手 352 2364 139 11 180 .995
二塁手 727 1612 2159 67 483 .983
三塁手 45 18 57 5 1 .937
遊撃手 21 25 53 4 13 .951
外野手 72 116 3 4 1 .967

記録

初出場 2010年3月31日 福岡ソフトバンクホークス1回戦 西武ドーム
安打
打点
福岡ソフトバンクホークス1回戦 岩嵜翔から
盗塁 2010年8月6日 福岡ソフトバンクホークス16回戦 森福允彦から
本塁打 2010年8月10日 東北楽天ゴールデンイーグルス14回戦 山村宏樹から クリネックススタジアム宮城
100本塁打 2017年5月20日 福岡ソフトバンクホークス 8回戦 中田賢一から メットライフドーム
1000安打 2017年9月28日 福岡ソフトバンクホークス 25回戦 寺原隼人から 福岡 ヤフオク!ドーム
1000試合出場 2018年5月6日 東北楽天ゴールデンイーグルス 9回戦 楽天生命パーク
150本塁打 2019年4月17日 埼玉西武ライオンズ 4回戦 本田圭佑から 楽天生命パーク

タイトル・表彰

タイトル
打点 2回 2013年2018年
MVP 3回 2011年10月2013年7月2016年8月
ゴールデンラブ 1回 2013年
ベストナイン 1回 2013年
オールスターゲーム敢闘選手賞 1回 2016年第2戦

関連動画

西武時代

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B5%85%E6%9D%91%E6%A0%84%E6%96%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

浅村栄斗

58 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 20:32:15 ID: nGaw8WrzrM
>>54って言うほど長文か?
59 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 21:50:20 ID: xwaxcy9pho
>>51
暑さじゃない?以前に糸井が熱中症で途中交代してしまうぐらいだし
60 ななしのよっしん
2018/12/03(月) 21:59:32 ID: vWQjFytLsW
ドームもどきの内はどんどん流出する
61 ななしのよっしん
2019/03/09(土) 13:18:10 ID: 53FHiBLqIT
Foxの番組より
甲斐キャノンセリーグに行って欲しかった…」
62 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 22:23:28 ID: 53FHiBLqIT
西武浅村→くそ怖い
楽天浅村→そうでもない
63 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 19:34:44 ID: xwaxcy9pho
応援歌西武応援団許可をもらったと言ってたが、
シャウトまでは許可されたんかね?
64 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 22:46:32 ID: NEdeBm9nuA
ブーイングをかき消す見事な一発でした
65 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 21:15:33 ID: FV48g4Et1q
ASMRニキ最高や!楽天黄金時代の到来やで!
66 ななしのよっしん
2019/04/17(水) 22:13:01 ID: xwaxcy9pho
150号おめ
なんやかんや松田に次ぐ西武絶対殺すマンと化しそう
67 ななしのよっしん
2019/08/19(月) 21:18:03 ID: fmU91Dfe/l
西武時代は3年連連続で安打2位ゲッツーも多いコンタクトヒッターだったが、
楽天移籍後は打率低下、元々悪かった三振率の悪化、四球率・本塁打率の増加など、
アダム・ダンのスラッガーにモデルチェンジした傾向があるね(当てに行かないのでゲッツーも減少)。

まぁ強打のセカンドとして前年最下位から上位争いに食い込む要因になっているから良いけど、
あまりにも急モデルチェンジだから来年以降どうなるのか注したい。