浅野拓磨単語

アサノタクマ
6.8千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

浅野拓磨Takuma Asano, 1994年11月10日 - )とは、三重県三重菰野町のプロサッカー選手である。ドイツブンデスリーガのVfLボーフム所属。サッカー日本代表

ポジションはFW。173cm71kg。利き足は右足。称は「ジャガー」。

経歴

プロ入り前

7人兄弟の三男坊であり、男の子6人に末っ子のが1人という両含めて9人家族で育っている。ちなみに、末の浅野よりも17歳年下である。大家族ということもあり、豊かとは言えない計を支えるためにプロサッカー選手すようになる。ちなみに2歳下のである雄也もプロサッカー選手である。

で幼い頃からサッカーを始め、小学生時代はペルSC中学生時代は菰野町立八中学校プレーした。ちなみに2チームとも県外遠征をすることはあれども、当時は全的には名のチームだった。ただ、中学生の頃には、すでに将来はプロサッカー選手になることを決めていた。

中学時代までは名校(=遠征がなくお金がかからない)でサッカーに打ち込んでいたが、部活の顧問に熱心に説得され、家族の了解を得て名門校である(=遠征や合宿が多くお金のかかる)四日市中央工業高校へ進学。同期には田村翔太がいた。1年生のときから試合には出場しており、2年生になってレギュラーを掴む。高校選手権には3大会連続で出場。特に2年生のときの第90回大会では、史上4人となる初戦から決勝までの全試合で得点記録。決勝で市立船橋に敗れ、準優勝となったが、通算7ゴールを決め、大会得点王となる活躍を見せる。この活躍で浅野名前一気に区となり、卒業時には複数のJクラブからオファーが殺到。そこで彼が選んだのは、前年に初の優勝を果たしたサンフレッチェ広島だった。

サンフレッチェ広島

2013年J1リーグサンフレッチェ広島に入団。同期にはユース出身で有望とされた野津田岳人がいた。鳴り物でプロとなったが、当時の広島には絶対的エース佐藤寿人がおり、その壁はあまりにも厚く、ベンチ入りすらできない日々が続いていた。ようやく初めてベンチ入りできたのは8月で、9月14日J1第29節川崎フロンターレ戦でJリーグデビューを果たす。しかし、リーグ戦で出場できたのはその試合のわずか8分のみで、選手権得点王の看プロ世界ではたやすく通用しないことを痛感させられた。

プロ2年となった2014年は、11試合に出場したものの得点に終わり、リーグ戦での出場時間も277分と短く、まだチームとなれていなかった。

3年2015年でようやく結果を残す。J1 1stステージ第6節FC東京戦で後半27分に途中出場すると、決勝ゴールとなるリーグ得点を決めてヒーローになる。この試合をきっかけに覚醒森保一監督の方針で、佐藤寿人が相手CBを疲弊させた後にバトンタッチし、そのスピード一気にゴールを陥れる選手起用が必殺パターンとするスーパーサブとしての役割が定着。この年はスタメン出場は2試合のみだったものの途中出場だけで8ゴールを決める。12月5日ガンバ大阪を相手としたチャンピオンシップ第2戦では、広島を3度Jリーグ優勝に導く同点ヘッドexitを放ち、タイトル獲得の立役者となる。この活躍が認められ、Jリーグアウォーズにおいてベストヤングプレーヤー賞を獲得。まさにブレイクの年となった。

2016年には、背番号「10」に変更となり、更なる活躍が期待される。3月16日AFCチャンピオンズリーグ グループステージ第3節ブリラムユナテッド戦では2ゴールを決め、リーグ戦初勝利に貢献。この年は佐藤寿人に衰えが見え始めたこともあり、スタメンで起用される機会も増える。になると、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督にとまり欧州への移籍が決定。7月18日J1 2ndステージ第4節横浜F・マリノス戦を最後に退団することとなった。

ドイツでのレンタル時代

2016年7月3日イングランドプレミアリーグアーセナルFC全移籍することを発表。だが、イングランドプレーするために必要な労働許可が取得できず、2016年8月26日ドイツブンデスリーガ2部(ツヴァイテリーガ)のVfBシュトゥットガルトへ1年間の期限付き移籍することが決定。背番号は11。

2016年9月6日ハイデンハイム戦で移籍後初出場を果たす。10月30日ツヴァイテリーガ第11節カールスルーエ戦では待望の初ゴール記録ドイツの地でジャガーポーズを披露する。しかし、その後は起用法がなかなか定まらなかったこともあって結果を残せず、得点が続いていた。2017年4月9日、再びカールスルーエを相手に2ゴールを奪い、およそ5かぶりにゴール記録海外での1年は25試合4得点という成績を残し、チームも1年での1部復帰を果たす。

2017-18シーズンも引き続きシュトゥットガルトプレーすることになる。8月19日ブンデスリーガ開幕戦ヘルタ・ベルリン戦でドイツトップリーグで初出場を果たす。10月25日、第13節ハノーファー96戦でブンデスリーガゴールを奪う。しかし、に負った負傷の1月監督交代によって出場機会が減少。シーズンを通して負傷にも悩まされ、結局15試合1得点という成績に終わる。シーズン終了後、シュトゥットガルトからレンタル契約の終了が発表される。

2018年5月13日ブンデスリーガハノーファー96への1年間のレンタル移籍が発表される。背番号11。開幕戦こそスタメンで出場したものの、またも怪が相次いだこともあってポジション争いで後手を踏む。加えてチームも2部降格の危機するほど低迷したことで保有先のアーセナルとの出場試合数が基準に達した場合の買い取り義務が問題となり、あと2試合で買い取りという段階でマルティン・キン会長浅野の起用禁止を示。2019年4月以降は全試合でベンチ外となってしまう。13試合得点に終わり、追われるような形でハノーファーを退団することに。

2019年8月4日にはアーセナルからの退団も発表され、結局1度もプレーする機会が与えられなかった。

パルチザン

2019年8月1日セルビアスーペルリーガの強パルチザン・ベオグラード全移籍したこが発表される。3年契約背番号ドイツ時代と同じ11。移籍決定から1週間後におこなわれたUEFAヨーロッパリーグ予選3回戦速初ゴール記録する。その後もレギュラーを獲得し、コンスタントに出場機会は得られたものの、怪もあって思ったようにゴール数は伸びず。新型コロナウィルスによるリーグ戦の中断期間が明けた2020年5月30日の第27節ムラドスト・ルチャニ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せる。セルビアでの1年公式戦27試合6得点となる。

2020-21シーズンは、第2節、第3節と2試合連続ゴールを決め幸先の良いスタートを切ると、これまでと違ってすぼみになることなくコンスタントゴールを積み上げていく。12月16日の第19節ムラドスト・ルチャニ戦で2試合連続ゴールを決め、自身のプロキャリアで初となるリーグ戦二桁得点を達成。年を明けても勢いは衰えることがなく、得点ランクでも上位に食い込み、得点王が手に届く位置にまで付けていた。パルチザンのエースストライカーと言える存在となり、4月17日の第32節マチュヴァ・シャヴァツ戦でゴールを決め、得点ランク2位の18ゴール記録する。
ところが、2021年5月2日、自身のSNSクラブからの給与未払いを理由にパルチザンに対して一方的契約解除を発表する。この浅野行動チームメイトクラブOBから批判があがり、パルチザン側も抗戦の意向を表明し浅野契約違反をFIFAに提訴することを発表する。

ボーフム

2021年6月22日ドイツブンデスリーガのVfLボーフムを3年契約を締結したことが発表される。背番号は10。セルビアでの実績が買われ、シーズン序盤はスタメンで起用されていたが、なかなか結果が出せないままシーズン前半戦は期待外れの出来となった。2022年1月22日、第20節ケルン戦で途中出場から5分後にようやく移籍後初ゴールを決める。4月2日の第28節ホッフェンハイム戦では、2ゴールの活躍でチーム勝利に導き、初めてキッカー誌によるベストイレブンに選出される。終盤戦の3試合では3アシスト記録し、ゴール数に物足りなさはあるものの新地を開き、チームの残留に貢献。

本人の希望により背番号を11に変更した2022-23シーズンも開幕から6試合連続でスタメン入りするが、2022年9月10日ブンデスリーガ第6節シャルケ04戦で試合開始直後に負傷交代となり、右膝内側側副じん帯の部分断裂離脱することに。さらに、開幕6連敗と絶不調のチームトーマスレイ監督が解任となる。

日本代表

日本の年度別代表にもくから選ばれ、チームメイトの野津田岳人とともにアンダー世代の常連となっており、2013年にはU-20日本代表として東アジア競技大会に出場。

2014年にはリオデジャネイロ五輪出場をU-21代表に選出。2014年1月に開催されたAFC U-22選手権2013では1ゴールを決めている。

2015年8月のEAFF東アジアカップ2015でフル代表に初選出され、8月2日北朝鮮においてデビューを飾る。縦に素い攻撃をヴァヒド・ハリルホジッチ監督からは爆発的なスピードを買われ、大会後も代表に呼ばれるようになる。

オリンピック出場権もかかった2016年1月AFC U-23選手権2016では準決勝までゴールが生まれなかったものの途中出場で相手のラインを押し下げる広島と同じ役割をこなしていた。決勝の韓国戦では、2点ビハインドの状況で投入されると裏抜けからのワンタッチシュートで1点を返し、同点となった後半36分にはブロックターンから値千の逆転ゴールを決める。日本を初優勝に導く2ゴールの大活躍で見事ヒーローとなるのだった。

2016年6月3日キリンカップサッカー2016 ブルガリア戦では、PKでフル代表初ゴール記録する。

2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピックに出場するU-23日本代表メンバーにも選出。初戦のナイジェリア戦では途中出場からゴールを決め、スタメン出場となった第2戦のコロンビア戦でも2試合連続となるゴールを決めている。世界舞台で自慢のスピードを発揮し、相手の脅威となったがチームは1分2敗に終わり、グループリーグ敗退となった。

オリンピック後は、2018 FIFAワールドカップ アジア最終予選に出場。初戦となった2016年9月1日の第1節UAE戦では、後半から出場したがゴールラインを割ったように見えたシュートが、不可解な判定によってゴールと認められず、日本は敗戦。5日後の第2節タイ戦では、フル代表での初スタメンを飾ると後半30分に今度は正正銘のゴールを決めている。その後もに途中出場で相手を掻き回す役割を任されると、ワールドカップ出場が懸かった大一番となった2017年8月31日オーストラリア戦では右WGとしてスタメンに抜。前半41分に長友佑都クロスに合わせて重な先制ゴールを決め、ワールドカップ出場権監督の立役者となる。

ワールドカップ出場に期待がかかったが、2018年4月ハリルホジッチ監督電撃解任となり、西野朗監督が就任すると事態が一変。ワールドカップ本大会のメンバーからは外れ、予備登録メンバーとして帯同することになる。

2018年9月サンフレッチェ広島時代の恩師である森保一監督が代表監督に就任すると、初陣となったコスタリカ戦のメンバーに選出される。しかし、2019年1月AFCアジアカップ2019のメンバーに選ばれながらも左内転筋の離れによって辞退。その後、怪や所属チームで干されたこともあって代表から遠ざかるが、2019年10月15日2022 FIFAワールドカップ アジア二次予選のタジキスタン戦で復帰すると、途中出場から代表では2年ぶりとなるゴールを決めている。

2021年9月からスタートした2022 FIFAワールドカップ アジア最終予選では所属クラブで結果を残せていなかったことから代表入りに疑問のも挙がったが、監督からの信頼は変わらなかった。日本が崖っぷちに立たされた第4節のオーストラリア戦では1-1の同点となった場面で投入されると、後半41分に放ったシュートオウンゴールを誘発し、値千勝利を呼び込む。

2022年9月に負った右膝靭帯部分断裂の重傷から復帰できずにいたが、11月に開催された2022 FIFAワールドカップメンバーに選出される。コンディションを不安視するもあったが、グループリーグ初戦のドイツ戦に途中出場すると、後半38分に板倉滉ロングボールを受けて自慢のスピードを活かして抜け出すと、GKマヌエル・ノイアーニアをぶち抜く逆転ゴールを決め、ドーハの歓喜と呼ばれる歴史的大金星の立役者となる。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2013 サンフレッチェ広島 J1 1 0
2014 サンフレッチェ広島 J1 11 0
2015 サンフレッチェ広島 J1 32 8
2016 サンフレッチェ広島 J1 14 4
2016-17 シュトゥットガルト(loan) ツヴァイテリー 26 4
2017-18 シュトゥットガルト(loan) ブンデスリーガ 15 1
2018-19 ハノーファー(loan) ブンデスリーガ 13 0
2019-20 パルチザン スーペルリーガ 23 4
2020-21 パルチザン スーペルリーガ 33 18
2021-22 ボーフム ブンデスリーガ 27 3
2022-23 ボーフム ブンデスリーガ

プレースタイル

武器は50メートル59を誇る快速であるスピードに特化したストライカートラップやドリブルも非常に上手く、ワントラップで敵DFの足が届かない位置にボールを落とし、スピードを一切落とさぬ高速ドリブル敵陣に迫るexitことができる。また広島時代の大先輩である佐藤寿人に学び、裏抜けやワンタッチシュート、さらにポストプレイもこなせるようになった。

爆発的なスピードを生かした裏抜けが得意なゴールパターンであり、初速で相手の半歩前に出て、マークを外して抜け出す。自ら仕掛けて相手を置き去りにするプレーもこなせる。運動量の豊富さも特徴的で、スピードを生かして守備の局面では相手DFに圧をかけることもできる。

一方でゴールパターンがそこまで豊富ではなく、相手にスペースを消されるとスピードを生かせず、試合から消えてしまう。足元の技術も海外トップリーグレベルでは十分と言えず、足下でボールを受けても何もできないこともある。

人物・エピソード

関連動画

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

浅野拓磨

6 ななしのよっしん
2016/02/01(月) 22:47:17 ID: cvUiXwGzKv
後は90分戦える体があれば凄いことになりそうだね
7 ななしのよっしん
2016/02/05(金) 23:53:12 ID: bDoW10dFci
敢えてスタメンにしない方がいいんじゃないの?
フルで使うのは得点を厭わない献身的なタイプでいいと思う
広島で90分使われ始めたら余計きついだろうし
8 ななしのよっしん
2016/02/06(土) 00:40:47 ID: MjV8mZqnmD
広島では佐藤寿人からの浅野パターン化してるからな~
ただじゃあこのまま引退までスーパーサブとして起用され続けるのかと言えば、そうじゃないよね

ここからどういうに成長して行くのかは個人的に見ものだと思ってる
9 ななしのよっしん
2016/07/05(火) 04:32:07 ID: c6jTK3Lxq/
ジルスタート、途中から浅野でしょ。

しかし来季のボリスタの選手名鑑やべー
ページプレミア優勝レスター岡崎
2ページプレミア二位のアーセナル浅野
10 ななしのよっしん
2018/06/03(日) 00:38:17 ID: Ho0ZOw3pSB
代表におけるプレイ中の態度とか色々言われてるけど、今回の代表落選は素直に残念だった
でも若いし、4年後の日本代表はまだまだせるんで、めげないで頑って欲しいよ
11 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 19:17:31 ID: +9av6mu4v8
パルチザン電撃退団の浅野チームメートが失望感
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2ce1ecac8675de7094ac38da9a7006c22a66e91exit

報酬未払いなどを理由にセルビア1部パルチザンとの契約を解除した日本代表FW浅野拓磨(26)に関し、チームメートのMFザルマルコビッチ(27)が失望感を口にしたと地元メディア「B92」が2日に報じた。

 リーグ2位の18得点を挙げていたエース退団に「失望して言葉もない」と衝撃を受けた様子。報酬の未払いが引き金を引いた退団劇にも「の問題ではなく、クラブ々との関係の問題。誰だってのために働き、報酬は支払われるべきだけど、やり方や時期がある」と訴えた。さらに「シーズン最後の3週間とカップ戦の決勝を残して監督チームメートを見殺しにしたのか?」と摘。
12 ななしのよっしん
2022/11/24(木) 10:13:44 ID: 5re4VsRwQk
>>10
その4年後に逆転の勝ち越しゴールを決めて
ドイツ勝利への決定打となることなど
が予想していたであろうか
13 ななしのよっしん
2022/11/25(金) 09:06:20 ID: +encoUeDQV
本当にリアル日向くんだよな・・・大舞台でこういうヒーローが出てくると気持ち良いね
14 ななしのよっしん
2022/11/25(金) 13:06:36 ID: eQtrYSJjDE
ハンジ・フリックを最もコケにした男
15 ななしのよっしん
2022/11/26(土) 20:13:42 ID: kukjTxvo90
ドイツゴール動画でされてた
浅野巧みの」ってコメ好きだわw

あのトラップからのゴールは確かに巧みだった

おすすめトレンド