海がきこえる単語

ウミガキコエル
2.2千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

海がきこえるとは、氷室冴子の小説。及びそれを原作としたアニメドラマである。

概要

原作小説アニメージュに1990年から1991年まで連載された。1995年に続編である『海がきこえるアイがあるから〜』が書き下ろされた。『魔女の宅急便』の作画監督が挿絵を担当している。

アニメ日本テレビ40周年記念としてスタジオジブリにより1993年制作。育成の一環でもあり若手メンバー中心で作られた。

ドラマテレビ朝日系列1995年に放映。

海がきこえるの導入

ぼくにはわりに楽しかったり、驚いたりしもしたいくつかのことも、里伽子には、なんの意味もなかったんだな。それはなんだか、すこしばかりしいことだった。
ぼくはそのとき初めて、里伽子をすごく好きだったことに気がついて、とりかえしのつかないような哀しい気持ちになった。

高知市にある中高6年一貫教育の名門私立に東京からの転校生武藤里伽子転校してくることで崎拓の物語が大きく動き出す。

登場人物

崎拓
中学までは学業面では童と言っても過言ではないほどだったが高校に入ってからはごくな成績に成り下がっている不器用な男。高校卒業したのち東京大学に進学する。アパートは石井。

武藤里伽子
庭の事情で東京から母親実家がある高地にやってきた周囲にとけこもうとしない転校生スポーツかつ頭もいい。お嬢様らしくプライドが高く高知自体を見下している。コークハイ

松野
拓の友人中学生の時のとある出来事から、拓はそれまでありふれた秀才というイメージしかなかった彼を強く信用することとなる。6年間で一回も同じクラスになったことがいにも関わらず二人は友の間柄。拓以上に不器用な男。所謂<マン>。

村知沙
拓と同じ大学に通う年上の女性。背の高い美人

裕実
立つ里伽子べると大人しめな、どこか女っぽい印を受ける少女女子大進学後、高校時代は里伽子に利用されていた気がするというということを打ち明けている。

山尾忠志
その体格から朝潮太郎にちなみアサシオというあだ名をつけられている大柄な同級生実家医者。上してホームシックに陥っている。

岡田
東京にいる里伽子の元人。プレイボーイであり里伽子と別れた後は里伽子の女友達と付き合っている。

海がきこえるⅡ〜アイがあるから〜の導入

ちょうど6時を過ぎたころで、のあちこちでめく明かりは、しいくらいに綺麗だった。
この洪水のなかでは、わが故郷のクリスマスを思いだそうとしても、まるで思い浮かばない。

大学一年の崎拓は高知に帰省した。松野里伽子とも交友を深め気分よく東京アパートに戻るが部屋では年上の女子大生村知沙が勝手に入り込み泥酔していた。

登場人物

崎拓
前作に増して女難。

武藤里伽子
前作に増して攻撃的。

村知沙
前作から出番が増えた。妻がいるサラリーマン不倫関係にあっためか里伽子とは折り合いが悪い。

田坂さん
拓がよく通う書店でバイトをしている同じ大学の男の先輩。傷ついた村知沙の“リハビリ”相手。友にバリバリスポーツ選手がいる。

美香さん
32歳のいわゆる“働いている人”。里伽子父親を寝取ったことで里伽子から恨まれている。有名な料理研究友人がおりその人のおかげで新しい職につけた。

大沢さん
村知沙と一時浮気していたサラリーマン男性。顔が取り立てていいわけではいが反感を持たれにくい独特の体質。

松野
京都でモテ期が到来したらしく前作の硬イメージから一転して楽しくやっているらしい。

健太
美少女に弱い拓の大学での同級生ホームビデオ趣味

染谷
里伽子へのプレゼント選びに付き添ってくれる切心溢れた丸顔の女の子。人はなぜ争うのかという疑問を持っている。

アニメ版

高知17歳 里伽子プロローグ

日本テレビ開局40周年記念として制作され1993年5月5日に放送された。夕方4時からの放送にもかかわらず視聴率は17.4%を記録した。尺の都合上大学での話は基本的にはしょられており村知沙など一部キャラクターも登場しない。展開も一部異なっている。キャストは以下の通り。

崎拓 (CV:飛田展男)、武藤里伽子 (CV:坂本洋子)、松野豊 (CV:関俊彦)

ジブリ作品は定期的に金曜ロードショーで流れるのが基本だが『海がきこえる』はめったに放送されない。今まで放送されたのは何と一回のみ。2011年に『コクリコ坂から』の放映記念として『ゲド戦記』とセットで放送されたのが最初で最後となっている。これは上映時間が72分と基本二時間構成の金曜ロードショーでは尺が余ってしまうことと未成年の飲喫煙シーンが原因らしい。

余談

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B5%B7%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%88%E3%82%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

海がきこえる

1 ななしのよっしん
2020/01/24(金) 13:12:32 ID: mN+azBfIl5
記事作成日最近でワロタ
2 ななしのよっしん
2020/04/08(水) 20:10:03 ID: mwJ0Usgbjq
自分でも気づかない本当の気持ちがあとになって分かることって皆も体験してるのかなぁ
アニメ観てて既視感がすごかったわ
3 ななしのよっしん
2020/04/22(水) 19:15:48 ID: sVuPIUDmQp
原作作者が作品書く際に当時の高校生アンケートして、割と時代背景をちゃんと作りこんでいるし
アニメジブリ製で手堅く作っていているにもかかわらず、金曜ロードショーに出る機会がほとんどないから忌み子扱いされているイメージ
4 ななしのよっしん
2020/04/28(火) 09:03:28 ID: TdrSo6Pt+P
海がきこえるアイがるから〜』
妙に卑、じゃなかった脱感がある脱字なので修正を提案します。
5 ななしのよっしん
2020/07/09(木) 21:02:55 ID: zxmPhbi4dZ
森崎拓、武藤里伽子松野豊達は何年生まれって設定なんだ?
高校生活を1992年に送って、10年後の話は2002頃って事でいいのかな?
6 ななしのよっしん
2020/07/27(月) 04:01:12 ID: zxmPhbi4dZ
もう一度みてみたんだが、同窓会の場面が平成4年で、里伽子と二人が出会ったのが高校二年だったおととし平成2年ってことなんだな。
7 ななしのよっしん
2020/12/10(木) 22:45:00 ID: 3EG9R6xdiM
近年になって韓国で流行ってるのか、SNSアイコンやトプ画にしている人を結構見かける。

急上昇ワード改