海の檻歌単語

ウミノオリウタ

海の檻歌とは、日本ファルコム1999年12月9日に発売したPC向けロールプレイングゲームの名称である。 

概要

この作品は、英雄伝説シリーズ5作にしてガガーブトリロジー最終作である。尚、時系列順だと2作になる。
今作はガガーブトリロジーでも他作品との関係性が明確であるため、今作をプレイする前に前作の朱紅い雫プレイしておくことが望ましい。また、前々作の白き魔女も出来れば今作の前にプレイしておくとよい。

劇中の音楽には非常にを入れており、ファンからも評価は高い。またストーリーの根幹を音楽が構成しており、三部作の中でも特に音楽が重要な意味をもっている。

Windows版とPSP版が存在するが、前者は日本ファルコムオリジナルのものである。後者日本ファルコム開発・販売ではなく、マイクロビジョン開発・バンダイ販売のものである。 

あらすじ

ガガーブに分断された三つの世界の一つ、ヴェルルーナ。この世界で何年もの昔に消え去った「底の民」とその際に失われてしまった「幻のメロディー」。その失われた古のメロディー再現されたという噂が音楽を生業とするものの間に広まった。再現したとされる天才音楽家の名はレオーネ・フレデリックリヒター。彼は若き天才としても名を馳せていた。だが、それから50年が経った今でも、その相は確かめられることなく、やがて忘れられていった。

レオーネ・フレデリックリヒター再現したとされる幻のメロディー、「底のメロディー」のフレーズが刻まれている共鳴石をめて、ガガーブ943年、マクベイン一座の巡業旅行が始まる。

ヴェルトルーナ世界における七つの国家・島

トラッド
ヴェルルーナ北東にある小さなラング大老を首長として国家という形をとってはいるが、施政権は隣グレイスール共和に委託しており、実質的には小都市や村の集まりである。主人公たちの住む村であるラコスパルマでは、殻から染料が作られ、その隣村のクランカでその染料を用いて作られる「クランカ織り」が特産品として有名である。ピンゼルでは、4年に1度独奏会が開かれ、優勝者・準優勝者は翌年にメルローズのカヴァロで開かれる演奏会に出場できることとなっている。
グレイスール共和
ヴェルルーナ南東に位置するカントスに、レオーネ・フレデリックリヒターが設立したといわれる音楽学校は有望な音楽家を輩出することで有名である。また、ボザールにはリップルリングというパン屋があり、人気となっている。土の南は、険しい山岳地帯であり、旅人たちには難所として知られている。加えて最近では盗賊が出没し、治安が悪化しつつあるため、私費を投じて自警団を組織する者も出てきている。
ペニソラ
グレイスール共和とは地続きであり、ヴェルルーナ中央付近に位置する。代々のペニソラが治めている。資は乏しく、豊かなではないが、近年公爵商リッシュと結びつき、その援助を得ることで急速に都市部の整備を進めている。先の利益に傾倒する公爵の政策により、首都エンボリンを含めた都市で、物価の上昇や物品の不足が起こっている。さらにリュトム開発事業に大勢の兵士派遣しており、内の悪な魔獣が野放しになっている。ドガーナに住む公爵の盟友であるエグール子爵もこのことに心を痛めている。
リュトム
ペニソラ北部にある美しい自然あふれるであったが、商リッシュの私有地となってからは、開発によってその自然もほとんど失われてしまった。数年前まで住んでいた民も海賊の度重なる襲撃によってを離れている。
メルローズ
ヴェルルーナ北部の中央に位置する大。東部には芸術の都であるカヴァロがあり、西部には古代を使った人形で有名なエキュルがある。これらの都市を中心とした自由都市連合である。したがって、まとまった軍隊はなく、要所を守る自警団程度の軍事にとどまっている。カヴァロにあるカヴァロ際劇場は、ヴェルルーナ中の若い音楽家たちが、その舞台演奏することを夢見ている。また、マシューズ・ベーカリーというパン屋のくるみパンが美味しいと評判である。土は森林で覆われ、カヴァロ南部には湿地帯も存在している。メルローズ北部には「大蛇の背」と呼ばれる巨大な山脈があり、登頂して向こう側を見たものはおらず、どうなっているのかは不明である。
オースタン
ヴェルルーナ北西にあり、土の大部分が砂に覆われたヴェルルーナ最古の歴史を持つメルローズとはを挟んでいるが、グリムによって繋がっている。レトラッドとグレイスールの関係同様、ここもメルローズが施政権を預かっているが、結局のところほとんど干渉することはなく、自治に近い状態である。最近では、オアシスにバザールが頻繁に開かれるなど、経済的な面でも活発化しつつある。
メロ帝国
ヴェルルーナ南西にある軍事国家。ラウゼン皇帝の治世となってから、強大な軍事国家へと変貌した。皇帝に反対した大臣は粛清され、ヌメロスの正統な皇子の行方はわからなくなっている。近年では、大々的な徴兵が行われたとの噂も広がり、周辺諸はつねに緊をもたらしている。これらの急軍事化によって、民の生活は圧迫され続けており、政情は不安定なものになっている。民衆は、暮らしに困窮するだけでなく、村単位で工場などへ強制労働にかりだされることもしばしばあるようだ。首都プカサスでは、住民よりも兵士の数の方が多いという異常な事態となっている。ちなみに、ヴェルルーナは、オースタンとヌメロ帝国の西側にある「忘却の」によって、外界と隔絶されており、その外に何があるのかはこの世界に暮らす人々にとっては未知の世界である。
ブロデイン
ヴェルルー南部中央にある王。統治者であるデュオール王子内外で評判の良い名君である。前王ルザーク世による暴政は、粛正と称した反対者の不当な弾圧・逮捕に始まり、犯罪者として次々とレクトへ流刑するまでに及んだという。レクトは王都グラバドルの北にあり、グラバドルからは全体が不思議なに包まれる「魔女」を見ることができる。現在では、地続きのヌメロ帝国からの侵略の脅威にさらされている状態にあるが、デュオール王子の巧みな外交手腕によってなんとか阻止している状態である。

主な登場人物

フォルト
本作の主人公14歳。レトラッドのラコスパルマで難破船を住居にしている。ピンゼルの独奏会に参加するつもりだが、ラッパを演奏しようか、キタラを演奏しようかで迷っていた。ラッパの演奏に関しては師であり祖のマクベインく、「へたっぴ」である。マクベイン一座のキタラ奏者として、マクベインの共鳴石探しのに同行する。彼の成長を追っていくのもこの物語の重要なポイントである。
ウーナ
本作のヒロイン14歳。レトラッドのラコスパルマの染料工場で働くしっかり者。フォルトの幼馴染にしてフォルトのことが好き。だが、手なのでうまく告白できない。しかも告白しようとする度に魔獣が出現したり、フォルトにスルーされたりと散々である。マクベイン一座のピッコロ奏者としてフォルトのに同行する。熱くなりやすいフォルトとマクベインの間を取り持ち、一座のブレイン的な存在でもある。
マクベイン
フォルトの祖62歳。オースタンの出身。ラコスパルマの難破船に住み着いたのは彼である。何事も気合いがあればなんとでもなるという持論の持ちロックラッシュという必殺技を持っており、薄いを殴って破壊できる。やっぱり気合い。フォルトとは喧するほどなんとやら。若い女性貴婦人に非常に優しい。演奏面ではフォルトやウーナの師匠として二人の成長のために尽する。かつて何度も演奏巡業した経験を持っており、演奏だけでなく、人生経験も豊富。彼の助言と見極め、行動にはを見るものがある。新生マクベイン一座では、手琴を演奏する。今回の巡業を最後の巡業と位置づけ、死ぬ前に一度聞きたいと願っていたレオーネ再現した「底のメロディー」が刻まれた共鳴石を追いめる。
ジャン(&リック
ジャンは老である。しかし、老といっても一線で魔獣戦闘を行うがある。また、動物魔法詠唱することができ、マクベイン一座の回復役の要である。さらに、中で加わるトビネズミリックと合わせてマクベイン一座のマスコット的な存在でもある。動物だからといって侮ることなかれ。
シャオ
マクベイン子にして、かつての演奏仲間41歳。アコーディオン奏者。お調子者で銭欲が強いが、いざという時は師匠顔負けの正義感を見せる憎めない男。「底のメロディー」の本を探し出してマクベインに送り、今回の立ちを後押しした本人。彼がいなかったら今回の巡業旅行は存在し得なかったともいえる。
レイチェル
シャオ18歳シャオに似ず美人姉貴分。コーラス担当。サボリ癖があるなどシャオの影を受けているが、意外にしっかりしている部分も。ぬいぐるみ裁縫をこなすなど、ある程度庭的なスキルを持ち合わせているのかもしれない。ジャンにはサボリを咎められたり、隠し持っていたお菓子を嗅ぎつけられて奪われたりするなど、ある意味敵。
アルト
ピンゼルの独奏会に参加していたバイオリン弾きの少年16歳グレイスール共和のボザールに住み、実家パン屋を営んでいる。幼い頃に生き別れたがおり、彼女が歌ってくれた音色を頼りにのことを探していた。独奏会に参加したのもそのためである。冷静かつ謙虚な好青年バイオリン奏者として優秀なだけでなくの腕前もかなりのものである。
アイーダ
人形師の孫15歳メルローズ西部、エキュル郊外ロゼット工房に祖ロゼットとともに住んでいる。祖ロゼットとマクベインは旧知の仲である。カプリペドロといった傑作人形を生み出すロゼットとそれを麗に操るアイーダがエキュルの名物となっている。また、元気で活発な性格であり、とでもすぐに仲良くなれる。辛い時でも笑顔を絶やさず、明るく気丈に振舞うため、マクベインたちから心配されることもある。人形製作ではロゼットには及ばないものの、修理を器用にこなし、人形を操ることに関してはヴェルルーナでも右に出るものはいない。

関連動画

オープニング映像

プレイ動画(完結シリーズのみ)

その他の動画

こちらからタグ検索海の檻歌exit_nicovideo

 関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B5%B7%E3%81%AE%E6%AA%BB%E6%AD%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

海の檻歌

22 ななしのよっしん
2014/07/21(月) 02:14:57 ID: VQ9pBuV033
↑間違えた、共鳴じゃなくてアンサンブル魔法だった
23 ななしのよっしん
2014/08/16(土) 19:32:27 ID: In1eKJzNpd
実際は前作組の加入時期的に使える魔法がシャインレッドしかないのがね
「光」と「」・「光」と「」みたいな組み合わせの範囲魔法になる共鳴アンサンブルにべると単体の制約と火力で劣るからな
共鳴補助魔法で必要な魔法反射のリフレックスとか、立て直すのに重要な刻のタイムストップは使えないし

マイルがコンフュージョンとプレアラ使えるのは優秀だったけど、結局は生命の全体回復も合わせて使わないと回復量が足りないしな
むしろ前作組が強かったのは魔法よりも必殺技の方だった気がする
24 ななしのよっしん
2015/05/18(月) 01:45:16 ID: 4MDsofdgsO
レクト~異界編は、共鳴、フィルディン式関係なくコンフュージョン先生バインド先生がかってた。
25 ななしのよっしん
2015/08/12(水) 17:12:30 ID: sT6FA6ebXn
PC版のOPで、この世界に『還ってきた』と思ったのはだけではないだ。
そして、EDでミッシェルさんが「ある物」に魔法をかけた結果にひっくり返った人手を挙げて。
26 sage
2015/10/03(土) 20:30:11 ID: fkB3jVYWYU
「心配してくれて、ありがとう
「だいじょうぶだよ」
この2つの台詞だけで涙腺崩壊したプレイヤーも多いと聞く

>>25
ノシ
27 ななしのよっしん
2016/10/19(水) 06:11:25 ID: KCxcePQxYC
>>21
共鳴魔法使いこなせればそんな感想は出ないと思う
弱点ついたところでエルフィディン魔法アンサンブルの半分ちょいしか火力がない。おまけに単体のみだから基本共鳴魔法の単発攻撃とほぼ同じ。
共鳴魔法は攻撃もそうだが補助魔法の強さが半端ない、装備するだけで攻撃が全部クリティカルになる的、物理攻撃をほぼ効化する技や耐、魔法を跳ね返すとか

耐とをかけた的、、行進持ちの強さよ
28 ななしのよっしん
2016/11/13(日) 20:43:31 ID: Rk2np1rTPM
マクベインはただの明るいだけの爺さんじゃなく根っこが凄い人格者だよね。歴代英雄伝説のなかでもトップクラスに入る好きなキャラです。
29 ななしのよっしん
2018/01/13(土) 22:28:36 ID: PKVvvNw40a
閃の軌跡Ⅲクルトユウナの名前と外見がフォルトとウーナのオマージュと気づいた時は何か嬉しくなった
英伝における「年長者とともにをして成長していく男女ペア」の先駆けとして敬意を払われてるように思えた
30 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 20:12:48 ID: +tHKdD86YV
戦闘が「………」だったこの作品
キャラも え、? て感じで困惑
31 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 05:57:55 ID: O3Evd9gR70
発売当時すでに意欲的な次世代機ゲームたくさん出てた時代だものねぇ
競合他社のRPGべても後を拝してた感は正直否めない

急上昇ワード