海ゆかば単語

ウミユカバ
1.8千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

概要

かばとは、万葉集にある、大伴持のを基に作られた軍歌

作曲された歌詞の部分には、陸奥詔書の引用部分に相当する。

昭和12年に、NHKの嘱託を受け信時潔が作曲した。当時の日本政府が制定した、民精強調週間のテーマ曲であった。

当時の風景

出征兵士を送る曲とし、好された。後に、作曲者である信時潔は若い学徒が出征する度、苦しむ事となった。

太平洋戦争期、戦果発表を伝える際、必ず冒頭曲とし流されていた。

戦後事実上の封印状態が続いた為、現在浸透されていないが、当時は盛んに唱され「準国歌」「第二の国歌」とまで呼ばれた。

原歌

陸奥を出す詔書を賀す歌一首、并せて短歌

原の 瑞穂を 天下り 知らし召しける 皇祖の の命の 御代重ね の日嗣と 知らし来る 君の御代御代 敷きませる 四方のには 山川を 広み厚みと 奉る みつき宝は 数へえず 尽くしもかねつ しかれども が大君の 諸人を 誘ひたまひ よきことを 始めたまひて かも たしけくあらむと 思ほして 下悩ますに が鳴く 東のの 陸奥の 小田なる山に ありと 申したまへれ 御心を 明らめたまひ 地の うづなひ 皇祖の 御霊助けて 遠き代に かかりしことを が御代に 顕はしてあれば 食すは 栄えむものと ながら 思ほしめして 武士の 八十伴の緒を まつろへの 向けのまにまに 老人も 女童も しが願ふ 心足らひに 撫でたまひ 治めたまへばここをしも あやにみ 嬉しけく いよよ思ひて 大伴の 遠つ祖の その名をば 大久米と 負ひ持ちて 仕へし官 かば 漬く屍 山行かば 生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見は せじと言立て 丈夫の 清きその名を 古よ 今の現に 流さへる 祖の子どもぞ 大伴と 佐伯の氏は 人の祖の 立つる言立て 人の子は 祖の名絶たず 大君に まつろふものと 言ひ継げる 言の官ぞ  手に取り持ちて  に取り佩き 守り 夕の守りに 大君の 御門の守り れをおきて 人はあらじと いや立て 思ひし増さる 大君の 御言のさきの聞けば

現代

の生い茂る稔り豊かなこの土を、より降って統治された 天照大神からの神様たる天皇の祖先が 代々日のの後継ぎとして 治めて来られた 御代御代、隅々まで支配なされる 四方の々においては 山もも大きく豊かであるので 貢ぎ物の宝は 数えきれず言い尽くすこともできない そうではあるが 今上天皇大王)が、人びとに呼びかけになられ、善いご事業(大仏の建立)を始められ、「が十分にあれば良いが」と思し召され 御心を悩ましておられた折、東のの、陸奥小田という所の山に があると奏上があったので 御心のお曇りもお晴れになり 地の々もこぞって良しとされ 皇祖の御霊もお助け下さり 遠いにあったと同じことを 朕の御代にも顕して下さったのであるから が治は栄えるであろうと の御心のままに思し召されて 多くの臣下の者らは付き従わせるがままに また老人も女子供もそれぞれの願いが満ち足りるように 物をお恵みになられ 位をお上げになったので これはまた何とも尊いことであると拝し いよいよ益々晴れやかな思いに満たされる 大伴は 遠い祖先の その名は 大久米という 誉れを身に仕えしてきた役柄 を行けば、に漬かった屍となり、山を行けば、の生す屍となって、大君のお足元にこそ死のう。後ろを振り返ることはしない」と誓って、ますらおの汚れないその名を、かな過去より今現在にまで伝えて来た、そのような祖先の末裔であるぞ。大伴佐伯の氏は、祖先の立てた誓い、子孫は祖先の名を絶やさず、大君にお仕えするものである と言い継いできた 誓言を持つ職の氏族であるぞ を手に掲げ持ち、太刀に佩いて、の守りにも夕の守りにも、大君の御門の守りには、らをおいて他に人はいと さらに誓いも新たに 心はますます奮い立つ 大君の 栄えある詔を拝聴すれば たいそう尊くありがたい

(wikipadiaより引用)

歌詞

歌詞は、以下の通り2種類ある。

かば 漬く屍
山行かば 生す屍
大君の 辺にこそ死なめ
顧みへりみはせじ

かば 漬く屍
山行かば 生す屍
大君の 辺にこそ死なめ
長閑には死なじ

『顧みはせじ』は前述の通り、陸奥詔書歌による。

一方、『長閑には死なじ』は、陸奥詔書による。これは詔勅の句を変したと考える人もいるが、大伴訓を詔勅に取り入れた際に、句を変したと考える説の方が有とも言われる。

関連動画



関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B5%B7%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%B0
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

海ゆかば

25 ななしのよっしん
2017/04/27(木) 11:03:06 ID: HnwsAHUWqV
一個人の天皇のために死ぬ、という価値観理解できない
個人が歌うのは自由
しかし歌いたくない人にまで強制する時代の再来阻止しなければ
26 ななしのよっしん
2017/07/10(月) 22:13:08 ID: ZHsTF7uAvW
日本が武攻撃を受けても天皇が亡命すれば日本は滅びないのではないか?
等とこの間ナマでかが生意気を言ってたが、反論はかったな

哉死為流 山哉死為流
人どころではない、も山も死ぬのだという伝統的な日本人的な感覚からすると
滅びないのは人の心(大和?)、その徴である天皇の御霊ということになる

今更天皇でもいだろ民主権だし、というのも分かるが
な庶民の一個人が、ある限り日本は滅びんぞと言う覚悟を持つのは結構しんどいよ?
27 ななしのよっしん
2017/09/17(日) 21:54:55 ID: dR8URI6qwq
美しい曲だけど、中身はグロいな。
28 ななしのよっしん
2017/11/09(木) 13:24:47 ID: lSHGFB01eJ
国歌ではなく準国家の誤字みたいですね。
直せる方は直していただけるとありがたいです。
29 ななしのよっしん
2020/04/06(月) 09:54:55 ID: 1/knjEzuuR
ぶっちゃけ天皇からすれば迷惑な歌だよな
頼んでもないのに民が喜んで死にゆく歌とか呪いだろ
30 ななしのよっしん
2020/04/19(日) 15:17:13 ID: OgOuHPz/gA
大日本帝国軍の融通の利かなさを体現する歌。
連合軍が後ろに回られ補給を絶たれると、文字通り餓死して屍をさらしまくった。
連合軍は「海ゆかば」に凝集した弱点をとことん利用して、最小の被害日本軍に圧勝した。
31 ななしのよっしん
2020/09/21(月) 08:12:37 ID: O6NnYLEo/j
>>26
それを持つのが国家であり民主主義であり愛国心なんだよなぁ...。成熟した国家民が民のために動かして、民の手で守るものだってそれ。
32 ななしのよっしん
2020/12/08(火) 18:54:44 ID: i2VgqLrPyT
にゆけば 一滴のとなり
山にゆけば 一本のとなり
の為に 君の為に散る
後悔はない

こういう解釈もあるとネットで見た
君とは自分のおもう人だそうです
33 ななしのよっしん
2021/01/05(火) 21:38:57 ID: X5bH3ZnOJB
>>32
『大君』を辞書で引いて、どうぞ
言い逃れようもなく天皇の為にしねって歌だぞ
34 ななしのよっしん
2021/01/11(月) 16:53:05 ID: INsveeUZ42
天皇民→→自分の思う人って解釈もできるし多少はね?
というか天皇陛下のためにと言って死にに行った人なんてほんのひと握りしかいないと思う