海田智行単語

カイダトモユキ

海田智行(かいだ ともゆき1987年9月2日-)とは、広島県三原出身のプロ野球選手投手)である。現在オリックス・バファローズに所属。

概要

賀茂高校では甲子園出場はなかったが、県内屈の左腕と言われていた。

駒澤大学進学後は1年次からリーグ戦に登板し2年にはエースとなる。監督からは先輩高橋尚成にも匹敵する才と言われ大学日本代表にも選ばれるが、その後は故障に苦しみチームも2部に降格した。

大学卒業後、日本生命に入社。先発中継ぎフル回転し、都市対抗でも活躍した。2011年ドラフト4位でオリックス・バファローズ名され入団。背番号は47。

プロ入り後

2012年、左のリリーフとして開幕一軍入り。4月1日福岡ソフトバンクホークス戦で松中信彦ワンポイントプロ登板したが四球を与えて降、そのランナーが生還したため防御率スタートとなった。その後5月に一度二軍落ちしたが6月には復帰してワンポイントロングリリーフを兼任。8月からはロングリリーフで安定した投球を見せ、9月2日東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ先発。勝ちは7回失点に抑えた。その後は先発で4連敗と精を欠いたが、31試合で0勝4敗1ホールド、防御率3.04の成績を残した。2012年8月25日埼玉西武ライオンズ戦では満塁の場面でリリーフ登板したが、初球を投げようとして転倒。これがボークと判定されて1点を失うという珍プレーがあった(関連動画参照)。


2013年は開幕ローテーション入し、4月17日西武戦で6回1失点に抑えて先発8度にしてプロ勝利を挙げた。しかしその後は打ち込まれ5月末で二軍落ち。8月から中継ぎとして一軍復帰し、その後は閉幕まで左の中継ぎとして登板した。最終的に35試合に登板先発9試合)、2勝5敗5ホールド、防御率3.91


2015年は自己最多の48試合に登板し、8ホールドを挙げた。


2016年は前年を上回る15ホールドを挙げた。


2017年シーズン途中に左肘を負傷し、田口壮二軍監督から勧められたこともあり手術を受けた影で12試合に留まった。


2018年は最少の4試合の登板に留まった。

プレースタイル

直球球速130km/h台だが、スリークォーターからカットボールスライダーを織り交ぜたコンビネーションで打ち取る技巧左腕。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
2012年 オリックス 31 0 0 0 4 0 1 .000 56.1 20 30 19 19 3.04 1.47
2013年 35 0 0 2 5 0 5 .286 78.1 24 44 37 34 3.91 1.33
2014年 19 0 0 0 1 0 0 .000 19.0 4 11 17 16 7.58 1.58
2015年 48 0 0 2 2 0 8 .500 41.1 15 27 15 12 2.61 1.28
2016年 50 0 0 1 3 0 15 .250 45.1 12 31 14 14 2.78 1.15
2017年 12 0 0 0 1 0 3 .000 10.2 7 5 7 7 5.91 1.41
2018年 4 0 0 0 0 0 0 .--- 2.2 0 0 4 4 13.50 1.88
NPB:7年 199 0 0 5 16 0 32 .238 253.2 82 148 113 106 3.76 1.37

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B5%B7%E7%94%B0%E6%99%BA%E8%A1%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

海田智行

1 ななしのよっしん
2013/03/12(火) 14:50:34 ID: Puj4YWu9H7
今年のブレイクに期待