深川めし単語

フカガワメシ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

深川めしとは、東京都江東区発祥の郷土料理の一つである。

概要

歴史

東京都江東区地区を発祥とする東京郷土料理。もともとは漁師飯として親しまれていた料理で、江戸時代では、深周辺は干潟漁の町として栄えており、広大干潟が広がっていた。現在は周辺の埋め立て地化によって、干潟消失し、漁港町としての面影は薄れてきている。

深川めし振協議会によると、江戸時代の深の漁師が仕事の合間に食べる賄い飯が、現在の深川めしの原となる。当時は「ぶっかけめし」と呼ばれていた。諸説あるが、船上でで薄めて沸かし、それにアサリ長ネギ豆腐を煮た澄まし汁を冷や飯にかけて食べたという話があり、また使用するアサリの他に、バカガイを使用していた漁師もいたという説も存在する。これは、深周辺の干潟ではアサリの他に、バカガイ、ハマグリが大量に獲れたためである。

その後の年代では、「ぶっかけめし」に醤油を取り入れるスタイルが取り込まれ、現在の汁かけスタイルに近い深川めしが登場した。[1]

明治になると、徐々に具材がバカガイからアサリに転換され、アサリの深川めしが広く普及した。

現在では、炊き込んで作る炊き込みスタイルの深川めしと、だし汁をぶっかけて食べる汁かけスタイルの2パターン確立されている。深川めしが食べられるお店も清澄白河付近にある深宿本店を中心に、お店ごとにさまざなスタイルの深川めしが提供されている。また、東京駅の名物駅弁の1つとして、全的にその名が知られている。

作り方

キッコーマン公式サイトにあるレシピ集で、作り方、及びアサリの下準備の方法が詳しく紹介されている。

深川めしのお店・メーカー

【店舗】

深川めし振興協議会加盟店一覧exitも参照して下さい

メーカー(駅弁)】

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *深川めしの歴史 (深川めし振興協議会)exit

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B7%B1%E5%B7%9D%E3%82%81%E3%81%97

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

深川めし

1 ななしのよっしん
2018/12/31(月) 10:29:36 ID: S6MuwaDAJy
関連商品
>>azB01JKU2RHEexit_nicoichiba

>>azB07F6XTSDHexit_nicoichiba

過去のオススメ記事