深浦康市単語

フカウラコウイチ

深浦康市(ふかうら こういち)とは、地球代表将棋棋士である。1972年2月14日生まれ。長崎県出身。(故)花村元司九段門下。棋士番号201

タイトル戦登場8回、獲得3期(王位)。

子に佐々木大地がいる。

概要

居飛車戦法としている。堅実で手厚いし回しを得意とし、非常に勝率が高い。り強い棋でも知られる。

将棋に対しては非常にな一方、ニコニコ生放送などの将棋解説では砕けた発言も多い。また、「(タイトル戦の番勝負は)相手のことをずっと考えているので、恋愛に似ている」、「相手の人は、今何してるだろうとか思うようになる」などの迷言(?)から“深恋愛流”とも呼ばれる。

順位戦頭ハネ伝説

将棋順位戦では、各リーグ棋士に前年度の結果に基づいた「順位」がつけられ、勝敗数が同一であった場合はこの順位により今年度の成績が決定される(「A級順位戦」の記事も参照)。この「勝敗数が同一だったために順位で昇級や降級の差が付く」ことを頭ハネと言うのだが、不運と片付けるには可哀想なぐらい数多くの頭ハネによる昇級失敗・降級を食らっているのが深である(なお、深の頭ハネには三浦弘行が絡むことが異様に多い。以下に三浦の名を太字で示す)。

すべての発端 52順位戦C級2組最終局で対局した7勝2敗どうしの深三浦の対局は三浦の勝ちとなり、次期の順位は三浦6位、深9位となった。

頭ハネをくらいまくり、長らくA級に残留できなかった深ネタにして、A級残留の難しさを表現するコピペも作られたほどである。

絶望したい棋士におすすめの棋戦 A級順位戦

・B1で圧倒的強さを誇った深なら残留確実だと思っていたらよくわかんないのやつらにボコられた
・残り三局の時点で3勝3敗の5分だった深がその後一気に3連敗くらってB1に戻ってきた。
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると、頭ハネされた深だった。
B級1組上がりの1/2が頭ハネ経験者。しかも下位順位者がガチホモという都市伝説から「深ほど危ない」
・「4勝すれば落ちるわけがない」といってA級に上がった深が1年後4勝5敗で戻ってきた。
・「同じ事が二度も続くわけない」といって再びA級に上がった深が1年後やっぱり4勝5敗で戻ってきた。
・「タイトルホルダーが落ちるはずない」と言ってA級に上がった深が1年後王位のままで戻ってきた。
・「他の棋戦で対局したけど楽勝だった」と余裕顔で出て行った深マジ本気のA級棋士ボコられて戻ってきた。
・9位と10位は頭ハネにあう確率250%。一度ハネられてまたハネられ、さらにハネられる確率50%の意味
A級順位戦におけるフルボッコでの戦意喪失者は1年均2人、うち約1人が深

なお毎回頭ハネを食らっているわけではなく、頭ハネを回避したり逆に他の棋士に頭ハネを食らわせた例もある。代表的なものは以下の通り。

9回三段リーグ戦(四段昇段)

最終局では12勝5敗の4人(2位真田一、3位=豊川孝弘、4位=深、および13位の奨励会員)が昇段2つを争うことになった。真田と13位の奨励会員が最終局で直接対決し、深は昇段争いに絡まない三浦弘行との対局であったため、以下のいずれかの場合には深は昇段できなかった。
・深が負けた場合
真田、豊両名が勝った場合
しかし深が勝ち真田が負けたため、順位の差で昇段した。
(もう一人の昇段者は豊であり、13位の奨励会員が頭ハネを食らい次点)

71期順位戦(3勝6敗で初のA級残留)

の順位は10位(最下位)で、最終局を迎える前の時点で3勝5敗であった。
2勝6敗が3人(順位4位=谷川浩司、8位=高橋道雄、9位=橋本崇載)いたため、深が負けてかつ2勝6敗の3人の内2人以上が勝つと深が頭ハネ降級となるところであった。
は負けたものの、2勝6敗の3人も全員負けたためA級4期にして悲願の初残留を果たした。
(頭ハネで谷川が残留、高橋橋本が降級)

76期順位戦(5勝5敗でA級残留 6人プレーオフが実現)

当期はA級11名で行われ、最終局前に降級が決まった屋敷伸之(2勝7敗)に加え残り2名の降級を3勝6敗の行方尚史(5位)と4勝5敗の3名(渡辺明=3位、深=7位、三浦弘行=11位)で争うこととなった。
このうち渡辺三浦は最終局が直接対決であり、「行方三浦のいずれかが勝ち深が負けた場合」は頭ハネで深が降級するところであった。
最終局ではを頭ハネさせるため三浦渡辺に勝ったが、深久保利明に勝ったため頭ハネ降級を回避し、結果的に後述の6人プレーオフが実現した。
(4勝6敗の渡辺、3勝7敗の行方、2勝8敗の屋敷が降級)

ほかにも、56期順位戦(8勝2敗でC級1組に昇級し、下位の同4名を全員頭ハネ)や、第74期順位戦(3勝6敗でA級残留し、郷田真隆王将が頭ハネされ降級)などがある。

余談だが、上記三段リーグについて当時の深は『近代将棋』誌上のインタビューで「実は(今期の昇段は)諦めていました。真田さんも、豊さんも勝つと思っていました」「は他というのは好きではないので考えないようにしていました」などとその後の棋士人生徴するような回答をしていた。

9勝1敗で昇級できなかった事についても「全勝すればいいんです」とNHKの番組で回答しており、深の打たれ強さ・根性強さをい知ることができる。

また第37期棋王戦五番勝負第3局exit_nicoliveニコ生解説で視聴者から対三浦について質問された際には、「昔、三浦さんより順位が下で、順位に泣かされることが多かった。急所で頭ハネを一杯してる」とり、「あまり意識してなかったんですけど(当時、対三浦戦11連勝中だったため)きっとバランスが取れてるんでしょう」と結んだ。翌期の第71順位戦A級では三浦に負けて危うく降級しそうになった。

もし地球に将棋星人が攻めてきたら

2008年王位戦七番勝負。前年に羽生から王位を奪取し初タイトルを獲得した深は、立場を逆にして羽生(当時名人・四冠)の挑戦を受けていた。羽生が先勝した後の第2局は、後手番の羽生が2手3二飛、深がそれに9六歩と返し定跡を作ったとして現在でもたまに話題に上がる一局である。ねじり合いの末の終盤、一時は羽生が勝勢となるが、深りに手を焼き疑問手を重ねついには逆転負け。全盛期羽生では考えられないような負け方に2chは「羽生衰えたな」の大合唱となった。え?四冠持ってるだろって?まあ全盛期七冠だし……。

そんな時に投下されたレスがこちらである。

839:名無し名人2008/07/25() 09:39:28 ID:0ulRSLnj

おまえら、もし地球将棋人が攻めてきて、向こうの大将
地球代表が将棋一番勝負で対決し、負けたら植民地にされる
という事態になったら、地球代表は絶対羽生でないとイヤだろ?
でもいいのか?深地球の命運を託せるのか?
羽生をけなしてるやつは地球規模で考えるんだ

……なお、この七番勝負はフルセットの末に深の防衛で終わった。にも拘わらずこのレスは、この駄にスケールの大きい文章の面さや、羽生がその後もトップに君臨し続けた一方で深はあまり実績を伸ばせなかったという残念な説得もあって、コピペとして定着してしまうこととなった。ある種のオチとして深の名前が用いられる形で……。

羽生に番勝負で勝ったにも拘わらず、オチとして名前を使用されるという深の悲しさは推して知るべしであろう。が、その不遇さ・不条理さも含めて、深浦康市という棋士キャラクター性を現わしているとも言える。なればこそ、この文章はされ、定着したという側面もあるだろう。後に、なんJにおいて“野球人”バージョン変されるなどの生も行なわれ、「〇〇vs地球代表」というフレーズなどが定番化していった。

地球代表へ

上記コピペからおよそ10年の日が流れ……

2017年中学生棋士藤井聡太公式戦29連勝を達成したり、羽生善治が通算7期竜王を獲得して永世七冠を達成するなど、将棋界は沸きに沸いていた。あまりにこの2人ばかり注され、また実際に将棋ソフトもかくやという強い勝ち方が多かったせいで、当時の将棋ファンの間に「藤井羽生の2人こそ、地球侵略しに来た将棋人である」という上記コピペから生したネタが流行してしまった。

しかしその最中深は第3期叡王戦の予選ブロック決勝にて羽生を撃破。その後のインタビュー羽生さんに勝った棋士には責任があると思います」り、本戦では持ち前のりで藤井聡太に大逆転勝利を収めた。藤井聡太戦は特に注度が高く、この逆転劇は将棋ファンに強な印を残した。

そのため、やがて将棋ファンの中からこんなが上がり始める。「地球代表は深にすべきでは」「深なら、羽生藤井侵略から、人類を守ってくれるかも…」

そして迎えた2018年3月1日A級順位戦リーグ最終局、いわゆる将棋界の一番長い日では未曾有の事態が起きていた。この日の取り次第では、最大6人が6勝4敗で並ぶことになってしまったのだ。同時進行していた対局が次々に終局していく中、「久保利明対深浦康市戦」が最後に残った一局となる。この対局の結果がA級棋士(当期は11人いた)のうち久保と深自身を含む8人と、挑戦される佐藤天彦名人の運命を全て左右することになった。

順位(前年度結果) 稲葉陽(1位) 羽生善治(2位) 渡辺明(3位) 広瀬章人(4位) (7位) 佐藤康光(8位) 久保利明(9位) 豊島将之(10位)
久保勝ちの場合 A級残留 A級残留 A級残留 A級残留 B級1組降級 A級残留 名人挑戦 A級残留
勝ちの場合 PO進出 PO進出 B級1組降級 PO進出 A級残留 PO進出 PO進出 PO進出

6勝4敗6名という前代未聞の多人数によるプレーオフ実現(と深のA級残留)を願って、将棋ファン(と深ファン)の応援は深に集中することとなる。下手をすると久保渡辺ファンですら、「この伝説となるであろうプレーオフを見てみたい」と心の片隅で望んだ……かもしれない。そして深は見事にそれらの期待に応え146手で久保を降し、将棋界初の6者プレーオフが実現することとなった。

この間、前述したコピペオチを丸ごとひっくり返す、新たな共通認識が将棋ファンの間に生まれたのである。

地球代表には深こそが相応しい

成績

昇段履歴

タイトル戦登場履歴

タイトル戦登場回数:8回、タイトル獲得数:3回

一般棋戦優勝履歴

優勝回数:9回

将棋大賞受賞履歴

叡王戦戦績

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B7%B1%E6%B5%A6%E5%BA%B7%E5%B8%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

深浦康市

49 ななしのよっしん
2018/07/30(月) 23:56:49 ID: QmV7R/oIDH
きっと将棋2号はまだ泳がせておいて大丈夫と踏んだんだろう
それよりも1号を自ら引きずり下ろしにいきそうな勢いだな
50 なすび
2018/08/09(木) 04:01:13 ID: j1u4XtvgQe
やっぱ羽生羽生なんだな
51 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 15:41:37 ID: zINLmIOkZD
地球はもう終わりだ
例えるなら将棋人に植民地化されて奴隷にされてる状態
やっぱ異次元の思考を持つ宇宙人には勝てないんだな
52 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 16:57:43 ID: NacYDhI7U3
に続く地球代表は広瀬なのかもしれない
53 ななしのよっしん
2019/02/01(金) 01:03:00 ID: /Vnv5UuNJ/
その広瀬順位戦快に破る
54 ななしのよっしん
2019/02/08(金) 23:33:00 ID: v+JRnT7dZ1
浦野先生からの年賀状の話に爆笑してしまった。
自分は文才がいので、上手いこと書ける人、本文に織り込んでおいてくれー。
55 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 00:02:03 ID: o9MR1/pl6n
子が二代将棋人を破り二代地球代表を襲名
56 ななしのよっしん
2019/06/27(木) 00:40:28 ID: CtEaZCsTBi
>>55
なお、次戦で初代将人に千日手差し直しのあげく敗北
57 ななしのよっしん
2019/08/22(木) 21:57:09 ID: /Vnv5UuNJ/
将棋人と地球代表の戦いは続く・・・
58 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 23:53:32 ID: yKZVyQ0jP5
今期のはたちんに負けるのはちょっと辛いぞ……

急上昇ワード