渋沢栄一単語

シブサワエイイチ

渋沢栄一は、日本の実業

概要

渋沢栄一は明治大正期の日本にあって、約500社の企業を設立した日本近代資本主義である。社会事業や際親善にも貢献した。

2019年、数年後の紙幣刷新に伴い、新一万円札の肖像に選出されたことが発表された。

略歴

1840年(保11年)2月武蔵血洗(現:埼玉県深谷市血洗)に大農家長男として生まれる。栄一は若い頃幕体制に疑問を抱き尊王攘夷運動に参加。一時は高崎乗っ取りも計画した。しかし、栄一の才に気がついた一の用人、平岡円四郎の勧めもあり尊王攘夷から一転、一に仕えた。1867年(慶応3年)、栄一は徳川慶喜の名代・徳昭武に随行して渡欧。パリ万博も見学。約1年半にも渡る滞在によりヨーロッパ社会の文化や思想に影を受ける。

1868年(明治元年)11月に帰後、静岡に謹慎中の慶喜に仕官を要請されるも固辞。日本で最初の合本(式)組織「商法会所」を静岡に設立する。翌年、大隈重信の強い説得により明治政府の大蔵相に仕え、明治政府初期の税制・貨幣銀行などの国家財政・経済確立に取り組む。しかし、財政運営大久保利通らと意見が合わず辞職。以後は自ら経済界に入り、日本経済の面で欧に引けを取らないにしようと邁進する。そして第一国立銀行(現:みずほ銀行)など500社の設立・運営に関与した。

栄一は社会事業にも熱心に働いた。東京市養育院(身寄りのない孤児や老人を養う施設)、東京慈恵医院(現:東京慈恵会医科大学付属病院)、財団法人路加病院日本結核予防協会など600もの社会事業に関与する。晩年には救護法の制定にも尽した。また、実業の養成も重視し、東京商法講習所(現:一橋大学)の経営や日本女子大学校(現日本女子大学)の創設委員にもなっている。

設立に関わった主な企業・団体

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B8%8B%E6%B2%A2%E6%A0%84%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

渋沢栄一

197 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 22:32:31 ID: hK8ZY/c/WR
>>172
を稼いだというより、を稼いだやつにたかるのがやたらうまかっただけなんじゃないか?
偉いのはやっぱ稼いだを寄付した人間だとは思う
198 削除しました
削除しました ID: NkDWuN2dLu
削除しました
199 削除しました
削除しました ID: 7DYOuoZwok
削除しました
200 削除しました
削除しました ID: 7DYOuoZwok
削除しました
201 ななしのよっしん
2019/06/06(木) 14:14:23 ID: sbsnPqBcb6
>>198
高度経済成長までこんな社会・時代だったんやぞ?

いチョッキ伝説」と日本学生運動の盛衰
http://ochimusha01.hatenablog.com/entry/2016/06/20/164755exit
202 削除しました
削除しました ID: 9TWc9FzevI
削除しました
203 ななしのよっしん
2019/07/10(水) 00:40:22 ID: KqNks5ZZA1
一万円札はこの人になります、とアナウンスがあった時
「なんだこの人?誰?」と思った。
が、調べたら滅凄い人物だと知ってびびった。
事実ラノベよりも奇だ。
204 ななしのよっしん
2019/07/10(水) 08:16:58 ID: tjaheH2nIf
維新期のらは同じ日本人何か?と疑うほどえげつないばっかやなぁ
205 ななしのよっしん
2019/07/10(水) 08:33:38 ID: gb8CqDpGdI
>>22
出過ぎたことですが少し修正をしました。

会社に出勤するため、いつも通りJRに乗って日経新聞を開く。
ふとをやると、内の広告サッポロビールのうまそうな新製品の宣伝がある。帰りに買って帰ろうと思いつつ、お金をおろし忘れていたのに気づき、会社近くのみずほ銀行ATMに寄る。
そういえばもう年末、クリスマス帝国ホテルで過ごし、初詣明治神宮にでも行くか。おっと、その前に路加病院に入院している祖お見舞いに行かなければ。(論語算盤 ちくま新書P7より抜。)

一箇所誤字があり、文章に矛盾が生じており、話の舞台が出勤電車の中から会社の中、出勤の中となってましたので、直しておきました。
206 ななしのよっしん
2019/09/09(月) 21:21:19 ID: YjZsuV45+6
1万円札の顔から大河ドラマ主人公
吉沢亮は美化しすぎだろう

この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。