準男爵単語

ジュンダンシャク
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

準男爵は爵位の一つ。

概要

戦前日本には存在しなかった爵位イギリスのバロネット英:Baronet)の訳として使われる。

イギリスにのみ存在する世襲爵位の一番下で、爵位であるものの法律上は貴族として扱われず、上院議員への立補権限もなく、敬称貴族ロード英:Lord)ではなく勲爵士と同じサー(英:Sir)である。しかし、世間一般的には貴族と同等に扱われ、貴族名鑑に名前も載っている。

この爵位は元々、王室の借返済のためにイギリスジェームズ1世が爵位売買を行うこととなり、1611年に新しく設置したものである。

主な準男爵

架空の準男爵

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

準男爵

1 ななしのよっしん
2009/04/29(水) 23:03:19 ID: 4JPdVZJqA5
貴族LoadではなくLordだと思いますよ。プレミアムな人訂正おねです。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 21:41:11 ID: wpqsJxw67H
イギリスでは「マイナーだが名門」設定にに手ごろなのか、ホームズやブラウン神父だと割と出てくる爵位

日本だと大抵「小大名だった子爵」がこのポジ
👍
高評価
0
👎
低評価
0