演歌単語

エンカ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

演歌とは、日本歌謡曲のことである。

概要

戦後まもなくから親しまれている歌謡曲の一種である。
何をもって演歌とするかは諸説あるが、一般に、

といった特徴を持つ。

伝統的な民謡そのものに聞こえるものから、フォーク色が強いもの、『夜桜お七』のように一時はプログレではないかとさえ騒がれたほど分類不能のものまで、作はさまざま。
これらの中には厳密には演歌ではないものもあったかもしれないが、和風衣装やこぶしの効いた歌など、演歌の特徴を受けついだ状態で披露された結果、演歌として認知されていることが多い(逆に、演歌全盛の時代に流行ったことから、特にそれっぽくもないのにひっくるめて演歌とされた歌謡曲もあるかもしれない)。

現代においては中年以降の世代に親しまれているというイメージの強いジャンルで、いわゆるJ-POPとは一線を画す。その独特さから敬遠されることも多いが、それでも度々演歌が注されることがある。特に氷川きよしジェロのような「演歌スター」の登場は話題を生む。

ほとんど日本固有のジャンルであり、特に欧には全くと言っていいほど、演歌に似た音楽ジャンルは存在しない。
アジアでは、韓国トロットと呼ばれる音楽が演歌に非常によく似た特徴(ヨナ抜き音階、こぶし、湿っぽい歌詞)を持っており、これはほぼ演歌そのものである。また、太平洋戦争中に日本語教育を広めたから、台湾には、日本の演歌が広く伝わっており、ほぼ同様の音楽文化が成立している。

鏡音リン・レン姉弟の十八番ジャンルであるという公式設定はもはや忘れ去られている

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%BC%94%E6%AD%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

演歌

48 ななしのよっしん
2018/01/25(木) 19:16:48 ID: gXxm+3zmTK
>>47
それ言い始めると
アニソン歌手…結局声優なのか歌手なのかはっきりしない人も多し
CDとかグッズとかを1人で100個200個買うのが「お布施」文化として普通
(アニソンだけに限った話ではないけどね)
・(どちらかというとアイドル系の話なんだろうけど)写真や握手で1回おいくら円
アニソン歌手やらアニソン業界とやらも相当傍から見れば変な文化の界だと思うぞ

それこそ懐包んだりおひねりだったりの方がまだ判りやすいショーチップの文化というか…w
49 ななしのよっしん
2018/03/05(月) 12:11:37 ID: k9yyPigo6n
演歌歌手ってなんで和服で歌ってるの?
50 ななしのよっしん
2018/03/25(日) 20:07:35 ID: R9doSRdMRs
>>42
相当前の書き込みにレスして申し訳ないです。
とある古典の研究の話だと『さぶい』という古があり、
それが変化して『寂しい』『寒い』になったとか。
現在でも「さぶいギャグ」と言った言い回しがある)
そこで『寒い』=『寂しい』と言う言葉が北イメージになったと。
51 ななしのよっしん
2018/12/18(火) 19:26:45 ID: uHQvXFfO1f
>>44
歌い手30代以下の若い層もコンスタントに入っているぞ
声優水樹奈々演歌歌手志望だったのは有名だが
本職演歌歌手でもフォークロックもやり、年寄りの前では演歌民謡を歌い、子供の前では童謡アニソン歌ってたりする歌手普通
52 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 21:50:40 ID: ARpXmQo0kD
日本版のフォークバイバル的なムーブメントだったのかなって思った
53 ななしのよっしん
2019/07/19(金) 19:16:16 ID: fSDzo+cPqo
ヤクザシノギ
54 削除しました
削除しました ID: 7Ga6UrTWY5
削除しました
55 ななしのよっしん
2020/03/24(火) 17:45:48 ID: gcG0haV5Fn
そもそも伝統と言うほどの年がないし。
56 ななしのよっしん
2020/07/09(木) 20:48:17 ID: MyawVCx8LJ
昭和歌謡が好きだからCSNHKで歌番組よく見てるけどやっぱり歌手は精々50代までだなとつくづく感じるな
中傷になるから個人名は出さないけど未だによく出演してる大ベテラン演歌歌手連中の劣化の酷さは呆れる
り、艶、伸びがくなってるのを本人って気づかないもんなんかな
57 ななしのよっしん
2020/08/02(日) 22:27:18 ID: ARpXmQo0kD
演歌アップテンポにしてロシアの伴奏を付けると北朝鮮音楽

おすすめトレンド