漢方薬単語

カンポウヤク
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

とは、医学に基づいて処方されたおである。

有名なものに、葛根湯や補中益気湯、湯などがある。

起源

医学はその名前から中国伝来のものと考えがちだが、確かに中国医学がもとにはなっているものの、日本で独自に発展してきたものである。そのため、の処方も日本で発展してきたもので、中国の処方とは差があったり、日本でしか処方されないものもあり、中国の人が必要に応じて日本へ買いに来る場合もある。

歴史

5~6世紀ごろに日本へ持ち込まれた中国伝統の医学は、その後江戸時代にかけて日本独自の発展を遂げていった。これが現在医学ベースである。

ところが時代が明治に入り、近代的な西洋医学が導入され始めると、それを中心とした医療革が進み、医学は断絶の危機に陥ってしまった。

しかし1900年代初頭頃から、徐々に医学の復権を唱える医師が現れ始め、現在148処方が医療用方製剤として保険となっており、236処方が一般用医薬品としての承認基準を定められている。株式会社ムラによると、最近では8割以上の医師を処方したことがあるという。

特徴

は西洋医学に基づく医薬品と異なり、病気の原因そのものや症状に対してではなく、体全体、いわば体質に対して処方されるという特徴がある。この体質を見極めるのがを上手く使う必須ポイントである。

販のの効効果を見ると、「体中程度で~な方の○○の症状」などという書き方がなされている。たとえ同じ症状でもどういった体質になっているのかによって、適切な処方が異なって来る場合もあるのだ。そのため、適切なを選ぶには正しく幅広い知識と、用者の体質の把握が必要になる。

自分ではよくわからない場合は、店頭では近くに薬剤師登録販売者が必ずいるはずなので、遠慮なく聞いてみるとよい。下手に生半可な知識だけでを選ぶと、治るものも治らなくなってしまう。

生薬との違い

を生と呼ぶ人がいるが、これは誤りである。

とは効成分を含む天然素材を用いたの総称であるため、もその範疇には含まれる。しかしながらは長い年をかけて培われた医学に基づく処方に則って処方されたものである。つまり明確なレシピが存在するわけで、生そのもの、ないしは組み合わせであっても単なるごった煮とは一線を画する。

中には甘湯のように単材のもあるにはあるが、非常に稀な部類である。

よくある誤解

は作用が穏やか(効きにくい・遅い)、天然成分なので副作用い、長期連用しても安心……などの話をしている人もそれなりに見受けられるが、これも誤解である。

は上述したように体質に合った処方を選べば、実際には驚くほど鋭く速く効くことも少なくなく、逆に体質に合わない処方を選んだり、不適切な用をすると重篤な副作用を生じるおそれもある。また、一旦悪化してから快方へ向かう「好転反応」を示す場合もある。

そもそも天然素材といったってその正体がだったりすることもしくない。例えば「附子(ぶし)」という素材狂言にもあるようにあのトリカブトの根である。

長期連用については可である処方もあるが、湯など頓ももちろんある。不適切な連用によって副作用を生じたり、臓器に負担を掛ける可性も否めない。結論だからといって、一概に飲み続けても良いわけではない。

いずれにせよ医師示を守り、自分で買う場合は説明をしっかり読んで適切な用を心掛けなければならない。わからないときはやはり遠慮なく相談しよう。

飲み合わせ

は他のとの併用をしても関係がないと考えている人もいるが、これもやはり適切ではない。

もちろん飲んでも良い場合はある。しかし場合によっては併用ができない・推奨できないことも当然ある。
例えば葛根湯と総合風邪を併用すると、麻黄(エフェドリン)や甘(グリチルリチン)がといった成分が被ることが多い。つまり効きが強くなりすぎたり、副作用リスクが高まったりする。また解熱鎮痛と併用すると、葛根湯が体を温めて発汗させるのに対し、解熱鎮痛文字通り炎症を鎮め体を冷ます処方であるため、互いに足を引っり合ってしまう可性もある。

元々が天然素材故に、健康食品、あるいは普通の食べ物との飲み合わせによっても効果が変わったり副作用リスクが増したりする(特に甘は使用している処方が多いので注意)こともくはないので、よくわからなければやっぱり専門に聞いてみるのが手っ取りい。

処方名

漢字だけの並びで「〇〇湯」「××丸」「▼▼散」などの名前が多い。命名基準は長くなるので割愛する。
胡加蛎湯」「当帰四逆加茱萸生姜湯」などやけに長い名前の子もいる。人ウケが良さそう。

ただしここで気を付けなければならないのは、こういう名前の医薬品であればであるかというとそうではないという点である。
有名な物では「正露丸」「散」「救命丸」「樋屋奇応丸」などは方処方ではない。

逆に小林の「コムレケア」(=湯)など、別の商品名で販売されているも存在するため、名前だけでかどうか判断しないように注意。

作用機序

最近ではの作用機序もいくつか解明されてきている。先人が長い年をかけて培った経験と知識によって組み上げた医学と、現代の最新の医学技術が結び付き、も新たな段階を歩み始めていると言えるだろう。

関連動画

と銘打っているが、既存の処方ではない模様。ただしう原液現役の薬剤師であり、生の配合にも工夫がみられる動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%BC%A2%E6%96%B9%E8%96%AC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

漢方薬

3 ななしのよっしん
2017/10/03(火) 14:43:06 ID: oF1n1R8D2f
編集お疲れ様です。加筆ありがとうございます
4 ななしのよっしん
2017/12/17(日) 01:06:09 ID: 8rtcAJSsdz
だけとは言い切れないけれど、一部のは全く効がないのに効果があると信じられているせいで動物が乱獲されるということもある
有名なのがケラチン(サイやセンザンコウの鱗)には効は全くない(人間と同じ成分)のに原料とするために彼らが乱獲された、とか
この辺りは人間ミイラにしようとしていた(恐らく不老不死もしくは不老長寿の)考えと似ている。まあ、ミイラは効果は不明と書かれていたりするけれど
だからこそ、ちゃんと効用があるのかどうかとか研究することが進められている。まあ、サイやセンザンコウの鱗はの鱗とかそんな有り得ないものを原料としたレシピに使うんだけれどね
5 ななしのよっしん
2018/01/05(金) 23:26:12 ID: HR3y6QLEax
副作用という概念を認めない
6 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 23:41:40 ID: 5uTbl4md0D
最近だと病院で処方されると同じように成分分析とか効の調が進められてるね
いずれと呼ばれる物はなくなるかも(別の医薬品名に変わってたり)
7 ななしのよっしん
2018/03/29(木) 21:51:58 ID: B7PXo7LHxU
を飲んでいたら、副作用で舌がただれて炎症を起こした事があったな・・・。あれはトラウマだった・・・。
8 ななしのよっしん
2018/07/30(月) 05:42:00 ID: +VVDZYIZDX
医者に行って皮下脂肪を落としたいつったら防散を処方された
副作用下痢を起こすと言われて実際すぐさまそうなったので記事にもあるように「は作用が緩やかというのは誤り」な事は周知すべきと思う
肝心の皮下脂肪落としの効果は、落ちるには落ちたが筋トレや食生活善の影のほうがかに大きいんじゃないかと思う
9 ななしのよっしん
2018/08/01(水) 19:41:07 ID: FqySisN7Yh
医学疑似科学扱いされることはままあるが、でも理的作用がある程度分かっている例も多いし、西洋でもどうして効くのかわからない例はいくらでもある
10 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 16:24:57 ID: Iq3E2gf9l0
駄に知ってる人は知ってるとかいう素材
11 ななしのよっしん
2018/12/29(土) 16:41:21 ID: v4LKU6MhVq
人中黄トリビアで見た
有効成分は胆汁なんじゃないのとマジレス

その他にも乱霜、木乃伊、仙人とかもあって面いね昔の人
12 ななしのよっしん
2019/01/07(月) 22:13:12 ID: v4LKU6MhVq
普通が武器なら方は防具
エクスカリバー担いでもぬののふくなら意味がない、逆にオリハルコンの着込んでも木の棒だと泥仕合