瀬戸熊直樹単語

245件
セトクマナオキ
1.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

瀬戸熊直樹とは、日本プロ麻雀連盟に所属する競技麻雀プロ雀士である。2023年現在の段位は九段。

概要

1970年千葉県生まれ。幼少期から転校を繰返しており熊本県高校入学、在学中に麻雀にのめり込む。三浪を経て東京経済大に入学プロ雀士になることを決意していたが一旦は一般企業に就職する。サラリーマン時代に連盟催の「麻雀マスターズ」に参加、ベスト16を記録したことをきっかけに、1998年プロ麻雀連盟に入会との約束もあり3年間はサラリーマン士として活動し、2000年には会社を退職しプロ一本に絞った。
2005年から鳳凰戦のA1リーグに所属。鳳凰位二連覇に加え、2009年から2015年まで7年連続で鳳凰位決定戦進出を果たすなど安定した戦績を誇り、獲得タイトルも多数に及ぶ。2018年からはMリーグチームTEAM RAIDEN」に2位名で加入。2019年レギュラーシーズンには四暗刻を成就させた。

しかし、Mリーグでは安定した成績を残すことができず、鳳凰戦においても、2021年シーズンにA1リーグから陥落してしまう。逆が吹いていた最中、「麻雀最強戦」ファイナル挑戦7度にして、初の最強位戴冠を達成。決勝卓オーラスでは、1位宮内こずえから突きつけられた逆転条件「倍満ツモ」を乗り越え、多くの感動をもたらした。
さらに、2022年シーズンには、現行ルールでは初となる連覇を達成した。

卓上では鋭い眼を見せるが、解説では小ネタも交える軽妙なトークが見どころ。実況日吉辰哉との組み合わせだと「助け合いコンビ」になる。

日本プロ麻雀連盟の理事職にあり、30歳未満の連盟プロを対としたタイトル戦「若獅子戦」「蕾戦」の発起人となるなど麻雀の発展にも尽している。

プライベートでは奥さんに頭が上がらない模様。

獲得タイトル

雀風

攻め重視の重厚な。他の攻めに対してアタリを止めつつ押し込む読みの鋭さも持ち合わせる。

番で猛連荘をかけることが多く、これをクマクマタイムKKT)」という。本人く「冬眠中の義」らしいが、Mリーグでも度々連荘をかける姿がみられ、そのたびコメント欄がKKT絵文字で埋まる。

観戦記者や他のプロの見解としては「点棒を持ったとして、リーチに向かってまっすぐ素直に打つことで他を回らせる、オリさせる」事こそがクマクマタイムであるという。

押しの強さとクマクマタイムの強い印からついたキャッチフレーズ「卓上の暴君である。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

瀬戸熊直樹

1 ななしのよっしん
2021/12/13(月) 00:49:56 ID: U27AL6/e1D
麻雀最強戦本当にすごかった
めちゃくちゃシビれる勝ち方だった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2022/12/11(日) 21:46:55 ID: yrMtNswruN
最強位連覇おめでとう!!
👍
高評価
0
👎
低評価
0