火事場のクソ力単語

カジバノクソヂカラ
2.4千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

火事場のクソ力とは、ゆでたまご漫画キン肉マン』に登場する不思議である。
略称火事場、クソKKD。

概要

初出は第20回オリンピック編での決勝戦で、当時対戦相手のロビンマスクとの実差があったキン肉マンが、意識に放った大技で逆転勝利した直後、解説席にいたラーメンマン台詞から。ラーメンマンく「自己防衛本や野生の本」とのことで、キン肉マンはこれを皮切りに次々と強人との戦いで逆転勝利する「奇蹟の逆転ファイター」の異名を持つことになる。

その強大な五大邪悪神超人閻魔たちから危険視され、正義超人がたびたび襲撃される原因となる。
キン王位争奪編ではミキサー大帝によって邪悪大神殿に封印されてしまい、決勝戦でロビンマスクキン肉アタルたちの奮闘で取り戻されるまで封印されたまま戦うことになってしまった。

設定の変遷

細かい設定はこの漫画らしくコロコロ変わっており、

……と、様々に内容が変わっている。

キン族専用なのか他の人にも伝染するのか、友情パワーとは違うのか同じなのかと言った全に矛盾する情報もあるが、まあこのへんはゆでだからと言う事で見逃して頂きたい。

類似の能力

発動の段階

第一段階

オメガ・ケンタウリの六鎗客編」において、パイレートマンのいう「自分のために出す」。キン肉マンII世の「K・K・D修練」(火事場のクソ力チャレンジ)でいう「無我」に相当すると考えられ、のランタンで「己の欲望を忘れて立ち向かう無我の炎」として見ることが出来る。

「第20回オリンピック」で発動した「自己防衛本」はこの段階であると思われる。「七人の悪魔超人編」でいう「相手のパワーを逆用」もこの段階である可性がある。「使いすぎると自身にも多大な負荷がかかる」という点で、人間実在する火事場の馬鹿力」(戦うか逃げるか反応)との関連も考えられる。

第二段階

パイレートマンのいう「仲間のために出す」。「K・K・D修練」でいう「友情」に相当すると考えられ、のランタンで「を紡ぐ友情の炎」として見ることが出来る。

キン肉マンパイレートマンに対して、死んだカナディアンマンを思ってこのを出したが、「完璧超人始祖編」において、ネメシスは「火事場のクソ力」と「友情パワー」は同じものだと発言している。

悪魔六騎士編」以降に登場するのは基本的にこの段階であると思われる。アイドル人同士の友情が育くまれることでを増し、また敵にも友情は伝わり、一部は正義超人に転向することもあるなど、を広げていった。 

パイレートマン仲間のためにを尽くすのは当たり前のことと発言しており、後にオメガマン・アリステラも死んだ仲間からを受けて発動することができた。

第三段階

パイレートマンのいう「敵のために出す」。「K・K・D修練」でいう「寛容」に相当すると考えられ、のランタンで「負けた敵を許すことのできる寛容の炎」として見ることが出来る。

キン肉マンは「オメガの民を救いたい」という一心でこのを発動し、パイレートマン勝利した。「敵のためにを尽くす」というのはオメガの民にはない発想であり、そのパイレートマンらの常識駕する、全く次元の異なるであった。

完璧超人始祖編」において、キン肉タツノリは「キン族のは、倒すべき相手も救うという「慈悲の心」である」と説明しており、シルバーマンも相手を殺傷するのではなく生かすための「慈悲の心」の重要性を説いている。

王位争奪編においてキン肉マンスーパーフェニックスに対して放った「完成マッスル・スパーク」こそがこのであり、正義超人の理想の終着点ともいえる地「究極のみねうち」であるという。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%81%AB%E4%BA%8B%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%82%BD%E5%8A%9B
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火事場のクソ力

9 ななしのよっしん
2020/01/31(金) 17:05:38 ID: T7CbugLmc1
慈悲のとかいって心臓えぐったりするしもうよくわかんねぇよな
10 ななしのよっしん
2020/03/23(月) 19:32:47 ID: YIAjCO9I3i
シリーズはほぼ発してないから分かりづらいけど、新シリーズになってクソ発動して相手が死亡した例ってあったかな?
11 ななしのよっしん
2020/03/23(月) 19:50:18 ID: ARTyHOxofX
>>8
結局、サタンジャスティスマンクソ関係に粛清しちゃいましたね。
12 ななしのよっしん
2020/06/01(月) 01:23:19 ID: c7dw8tLBVJ
王位争奪編では、自分のためのクソは封印できたが友情と寛容のクソは封印できなかったということなんだろうな
13 ななしのよっしん
2020/07/13(月) 18:40:20 ID: QZWkAbU4XY
よく考えると火事場のクソ力の三段階は、のランタンの3つの炎に対応している
無我→第1段階→ハンゾウ
友情→第2段階→ボーン
寛容→第3段階→フォーク
多分、万太郎アレなのは本来なら第1段階から順番に習得しないといけないのに、いきなり第3段階から習得したせいなんだろうな
14 ななしのよっさん
2020/08/10(月) 19:08:41 ID: QF7BIb5VRa
アリス戦のニーサンやブロは第3段階行ってるね
全にアリスを救うために最後戦ってたし
15  
2021/02/19(金) 11:48:17 ID: 2akCwAFzzs
ぶっちゃけ危険なってのは否定出来ない。
第2段階の仲間の為のは強い信念と仲間を思う心さえあれば簡単に発現できてしまうし。
王位争奪編のキン肉マンが二段階までを使っていて、バッファローマングリムリパーとの戦いで発現したが元の1000万+友情パワー7000万で8000万パワーだったと仮定するなら第2段階で使用者に7000万パワーを与える事になる。
つまり強い信念と異なる正義を持つ者達が強大なを用いて戦う訳で、かなり危険なと言える。
逆に相手の為に使う三段階に行くと敵を思い、分かり合う事ができるから安全なんだけど現状三段階を使えるのはキン肉マンだけだからね。
16 ななしのよっしん
2021/08/11(水) 03:05:15 ID: YIAjCO9I3i
三段階は対戦相手は抵抗らしい抵抗はできない様子だったから、パイレートマンの言う通り次元が違うんだろうね
ただそこに至るまで相手を理解し許容しなきゃならないから第一第二より時間がかかる
17 ななしのよっしん
2021/11/29(月) 17:24:51 ID: XZuPA/vgaJ
ポーラマン戦のウォーズマン見るにウォーズマンは結構い段階で気づけていて3段階発動可っぽいよね
バッファローマン優柔不断なところ今出してるけどそれがガンマン戦の正義超人としての側面考えたり会話からすると近いところにいると思う
そういう意味で今のシリーズであの3人が残ったのはクソLv3到達組なのかなと思ったり
18       
2022/07/11(月) 12:23:14 ID: 2akCwAFzzs
今週の388話のアシュラマンの状態が火事場のクソ力の問題点そのもの。仲間のために戦い異なる正義を持つものと戦う。