火垂るの墓単語

ホタルノハカ
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

火垂るの墓とは、1969年に発表された野坂昭如による小説、及びそれを原作としたスタジオジブリ製作高畑勲監督作品)のアニメ映画である。

映画1988年4月16日開。同時上映はとなりのトトロ

概要

野坂にとって自伝的な要素を含む小説である。襲により自宅や家族を失ったことや、焼け跡から食料を掘り出して西宮まで運んだこと、が飛んだ思い出、を亡くしたことなどは全て作者の経験に基づくものである。

しかし、西宮の親戚のに滞在していた時は食糧事情こそ悪かったものの小説とは違い、特にいさかいもかったという。を出て防壕で生活したという事実もない。むしろには冷たく当たってしまい、それを長年後悔していたという。

高畑勲によって映画化された際、先述したようにとなりトトロとの同時上映であった為、観客達は「ハートフルな描写に癒された直後にハートフルボッコな描写にまされる」というハードな体験をし、号泣しすぎて脱症状を起こした人や落ち込みすぎて座席から立ち上がれない人などが続出した。

また、兄妹の保護者である西宮の叔母を悪者のように描いている為、視聴者達にもそう見られがちだが、当時の生活状況や戦争現実というものを考えてみれば、一概に彼女だけを責める事はできないであろう。
だからといって兄妹が悪いのかというと、そういう訳でもない。 14歳と4歳の子供に一般常識めるのも、これまた酷な話である。 

それまでの生活環境突然変してしまい、兄妹はそれに順応できなかった。そして大人たちも、戦時下の厳しい状況ゆえに未熟な兄妹を気遣う余裕がなかった。要は「も悪くない、時代が悪い」という事だろうか。

ストーリー

1945年兵庫県神戸市西宮市近郊を舞台とし、親を亡くした幼い兄妹終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いもわず悲劇的な死を迎えていく姿を描いた。

登場人物

清太(辰巳努)
本作の主人公14歳海軍大佐原作では大尉)をに持ついわゆるエリート少年である。
を失った事から節子と共に西宮に住む親戚に引き取られるが、叔母さんとの仲が険悪になっていきを連れてを出る。
その後、防壕を発見し兄妹だけの生活を始めるが、節子栄養失調に冒されて死去。自身も1945年9月22日三宮駅構内で死亡する。
アニメ映画は、死んだ彼の独白から始まり、を荼毘に付す所で終わる。 
節子白石綾乃
清太ので4歳。明るくわがままでが大好きな女の子である。
と共に親戚に預けられるが色々わがままな発言を繰り返し叔母さんとの間に溝が出来、に連れられてを出る。
壕でと2人で楽しく暮らすが、食糧難がたたって栄養失調となり、に看取られてこの世を去る。遺体は清太の手によって火葬された。
親戚の叔母さん山口朱美)
西宮に住む、清太と節子の親戚。
生前の兄妹に頼まれていたらしく、兄妹2人を引き取る。当初は好意的に接していたが、学校や勤労に行かずブラブラしている清太とわがままを言う節子に嫌気が差し、2人を邪険に扱うようになる。
だが、2人がを出て行く際には寂しそうな顔で見送っていた。
この事からも分かるように、決して悪い人ではない。
清太と節子(志良子
兄妹年齢は不明。
清太と会話している時の「はいはい」という台詞が印的な、いかにも器量のよい優しそうな女性である。
だが逃げ延びた先で襲に遭い清太と面会した際には見るも残な姿になっていた。
その直後、静かに息を引き取る。
清太と節子
兄妹海軍大佐原作では大尉)、年齢は不明。
連合艦隊に所属している巡洋艦の艦長で、厳格そうな貌をしている。
清太はが生きて帰ってくると信じていたが、彼の所属する連合艦隊全滅した。明確に描写はされていないものの、戦死した可性が高いと思われる。どの、自分の子供達と再び会うことはわなかった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%81%AB%E5%9E%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A2%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火垂るの墓

384 ななしのよっしん
2021/06/27(日) 22:45:59 ID: O9gE2VSBne
あれを見てババアがただの親切で引き取った何て
思う方が妄想
メガネ居候ババア未亡人で男手いないから
入れてるだけ 
本音言うと3人が最低限の人数でそれ以上増やす気は毛頭なかったが持ちが転がり込んでくるとなれば話は別だ
それでまんまと持ってきたものと高価な形見を剥ぎ取り
要らなくなって追い出しにかかった 
にはあの話そう見える
385 ななしのよっしん
2021/06/27(日) 22:50:24 ID: OSvGwL7B4o
アッはいそうですね自分が妄想書いてました
今後絡まないよう注意しますんでごよーしゃください
それじゃ私はこれで
386 ななしのよっしん
2021/06/27(日) 23:08:28 ID: O9gE2VSBne
>>385
速い返信どうも
とにかくはそう思う もちろんどう思うかは個人の自由なのでご勝手に
でもこれで考えると何でほとんど血の繋がりもない遠い親戚が立補したか多少なりとも合点がいかないか?

これも妄想の域を出ないが大方清太の両親の前では軍人よいしょして良い人ぶってたんだろう 調子のいいババアが遣りそうな事だ 人のよさそうな清太のお母さんはさぞ騙され
安心してババア約束したことだろう

の見解は以上だ 連投失礼
387 ななしのよっしん
2021/06/27(日) 23:30:12 ID: 4oXWGy665i
良くも悪くも叔母さんって「普通の小市民」なんだよな
聖人では全然ないけど、バターやらやらが何もなくなってもなんだかんだ二人に飯は食わせる程度には義務感があるし、
その飯も中まで働いてる眼鏡とは違うとはいえ、自分も清太節子と同じもの食べてるから不当に食事減らしてるわけでもないし、筋は通してる
ましてあの時代は強ムラ社会だから、「あの海軍士官の長男がいるけどなんにもしないニートなんですって」ってうわさが立てば叔母さんごと後ろさされるのは想像に難くない
叔母さんの立場になったらたいていの人は劇中の彼女と同じようにふるまうだろう。
今日1日生きるだけで精一杯な時局だから「うちが焼けたらあの士官のにお世話になろう」と保険をかけとくのは立な自己防衛だしね

清太は清太で洗い物を流しにほったらかしにしてるし、居候させていただいてるって意識が薄い気がする
結局農家おっちゃんが言ってた「今からでもええ、叔母さんに謝って住まわしてもらい」が一番の正解だったというね
388 ななしのよっしん
2021/06/27(日) 23:36:22 ID: O9gE2VSBne
もう一言
今だって持ちにはみんないい顔して寄っていくだろ
そして没落したらコロッと手のひら返し
その心理と何ら変わらない
だから最初の方は優しかったんだ

本当に面倒見る気あったならいくら戦時中とはいえが子の様に面倒見るのが本当だろ 隆太引き取ったゲンのお母さんべたらよくわかる思うが
389 ななしのよっしん
2021/06/27(日) 23:47:32 ID: 4oXWGy665i
この平和な時代でさえ、再婚相手の連れ子は実子より不当な扱いを受けるのがテンプレだからね。いわんや食うもんにも困る時代をや
特攻隊員の継に宛てた遺書に「の種の女にある如き不祥事は一度たりとてなく慈しみ育て下されし」とあるけど、裏を返せば当時から他人の子をが子同様に面倒見るケースのほうが稀だったということがわかる

叔母さんはただただ一般人だったんだよ。それも、から爆弾が落ちてきたり重品になったりする時代のね
390 ななしのよっしん
2021/06/28(月) 00:11:18 ID: O9gE2VSBne
原作の野坂が実際に居候したおばさん
これとは違いとても親切だったらしいけどな
391 ななしのよっしん
2021/06/28(月) 03:30:56 ID: O9gE2VSBne
>>387
体裁言うんならなおのこと清太をどこかへ
ねじ込んだらしまいだったじゃないか
なぜそれもしないのかそれも働かないと
同じくらい大きな
アニメでは別に近所にどうこう言われてた
描写はなかったけど

ドラマは色々と滅アニメの設定と食い違ってる所も多い そもそも引き取ったまでは知られてなかったのではアニメの方基準では
392 ななしのよっしん
2021/07/01(木) 03:28:11 ID: nLmVh2gLLI
火垂るの墓ガチ勢ガイジとか初めて見たわ
393 ななしのよっしん
2021/07/03(土) 01:23:13 ID: 4oXWGy665i
なんだかんだよそにほっぽり出すほど非情ではなかったってことだよ
引き取る約束をし、実際に引き取った以上はに置いとく
だがお客様としていつまでも下にも置かない扱いをするほどの義理もない。大人の男として見られる年齢なんだからなにがしか貢献するのが筋
隣組という相互監視社会であれば「仕事くらいはできますけど」と申し出れば仕事はいくらでもあったはず
海軍士官の長男ならよその土地でも自分でそれくらいできるよう躾されてなければおかしい

アニメでは別に近所にどうこう言われてた
描写はなかったけど

まんまブーメラン
ババアは清太のに転がり込むつもりだったって断言してるけど、それこそそんな描写なかったよね?

おすすめトレンド