火縄銃単語

ヒナワジュウ

火縄銃とは、原始的なの一つである。

概要

マスケットマスケット銃)のうち、火縄(可燃物を編み込んだ縄)を用いて点火する日本語で「火縄銃」と呼ぶ。

戦国時代である16世紀(1543年説が有)に日本に本格的に伝わった。これを「伝来」という。その後、戦国時代安土桃山時代江戸時代などの戦場において活躍した。

火縄のことを英語matchマッチ)とも言うため、この点火方式を「matchlockマッチロック式)」とも言う。

伝来は、種子島に漂着した船に積まれていたマッチロックの領である種子島恵時が船の乗員から購入したことに始まっている。そのため、火縄銃を通称「種子島」と呼ぶこともある。

機構

  • ゆっくり燃えるように調整された火縄が、具に挟まれて火皿の近くに保持されている」
  • 引き金トリガー)を引くと、火縄が付いた具が火皿側に移動する」
  • 「火縄の火が火皿に盛られていた火に移ることで点火し、弾が発射される」

という機構を持つを「火縄銃」と呼ぶことが多い。冒頭で原始的とは言ったが、これは結構進歩した機構である。

火縄銃以前 - タッチホール式

このように進歩する以前はどうしていたのか?というと、初期のは、火種を火皿に手で直接くっつけることで点火していた。このように直接手でくっつけるような方式のは、火種に火縄を使ったとしてもあまり「火縄銃」とは呼ばない。

こういった旧い方式を「タッチホール式(touch hole)」とも呼ぶ。火種が触れる(touch)ための(hole)が身にいているためこの名がある。「直接手でくっつける」というイメージしにくい人は、スタジオジブリアニメ映画もののけ姫」の中にそういった機構の兵器が登場するので鑑賞するとよい。面いし。

少し話がそれたが、このタッチホール式では狙うのが難しいのは容易に想像できる。一人で撃つとすれば片手で構えてもう片手で点火しなければならないから両手で狙う安定性が望めないし、火種に意識が向くので狙いに集中できないし、火種を近づけるための動きで狙いがぶれる。

マッチロック式登場

そこで、引き金を引くだけで点火できるような工夫がなされていった。

その方法こそが「ゆっくり燃える火縄を具で固定して」「引き金を引くと、火縄が付いた具が火皿側に近づいて点火する」という方式である。ちなみに、引き金というアイディア自体はクロスボウにおいて既存のものである。

この引き金と火縄を使って点火する方式は、火縄(英語matchマッチ)が要となるため、「マッチロック式」と呼ばれる。

ただし最初のうちは、火縄を挟む具は引き金と直接連動していて、火縄は引き金を引いた距離例して火皿に近づいた。つまり引き金を引くによって、火縄を火皿に「押し付けて」いたのである。

マッチロック式の中でも、こういった「押し付ける」方式を「sear lockシアロック)」とか「sear matchlockシアマッチロック)」とも言ったりもするようだ。sear(シア)とは「焼き印を押す」「焦がす」「焼け焦げ」という意味である。

日本の火縄銃の基本形 - スナップ・マッチロック式

だが、シアマッチロックの方式では引き金を引き始めてから点火されるまでにわずかながらもタイムラグがあり、やはり狙いがそれる可性がある。

そこで、火縄を挟んでいる具の固定に工夫を加えて、「引き金を引くと具がバネのによって火皿側に弾かれ、時に点火される」という方式が採られるようになった。この機構を備えたものは、マッチロック式の中でも特に「snap matchlock(スナップ・マッチロック)」と呼ばれることがある。

日本の火縄銃は基本的に、マッチロック式のの中でもこのスナップ・マッチロックが採用されている。伝来の時に購入されたがスナップ・マッチロックであったためと思われる。

火縄銃もこうして機構の発展を順を追ってみると、良を重ねた末に生まれ、当時の技術のを集めた兵器であったことがわかる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%81%AB%E7%B8%84%E9%8A%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火縄銃

11 ななしのよっしん
2017/07/24(月) 13:10:39 ID: 512UpPc73D
川越大使喜多院の近くにある 川越歴史博物館で本物の火縄銃を持たせてくれるぞ
(頼んでもいないのに解説員のおじさんが嬉々として持ち出してきてくれるw)

厚だったから10筒だと思われるが、これがクソ重くて、まともに構えてなんかいられない代物だった
日本火縄銃は肩づけでなくづけで構えるから、重心が先端に近くなってしまい重く感じるんだそう
12 ななしのよっしん
2018/07/29(日) 14:01:46 ID: l3TfUsabmE
戦国時代に敵のを前列に持たせた楯で防ぐという発想を思いつく武将や軍師は表れなかったのだろうか。
当時の技術でもちょっとした複合材みたいのを貼り合せで作れば種子島程度の威では抜けない位の物は出来そうな気がするんだけども
13 ななしのよっしん
2018/07/29(日) 20:29:04 ID: TFy6+nExZJ
種子島程度、と言ってくれるが、火縄銃の威ってかなりのものだよ。
まあ、>>12が言う用途に使われたものとして「束」というものがある。その名前の通りを束ねて火縄銃を防ぐにしたもの。
だけどこれにしたって貫通がないことを利用して作られた物であって、火縄銃の威が低いというわけではない。
14 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 15:22:57 ID: l3TfUsabmE
火縄銃の威ってかなりのもの
現代でいえば徹甲弾みたいな技術は未発達だったしライフリングとかも当時はまだ日本まで広まってなかった様なんで結構な距離詰める所までは行けそうに思ったんですけどね…
その束というのは見た所複合材の類ではないみたいですが相当分厚くしてたようですね…。甲陽軍艦にはだけでも50m位までは貫通されずにいけるとか書かれてあるそうなんで、の後ろに木鉄板でもれば大砲でもい限りは防げそうなものだけど
15 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 15:56:18 ID: KrBAYSJ8W/
いくらが防げようが最後には直接戦うことになるから
取り回しが悪く剣戟の最中で割られる可性も高いに手間かけて
軍勢前面の農民混じりの雑兵皆に配るとなると費用&手間対効果が、とか?

それこそ技術が今ほど発展してないからだって手工芸だし
壊れた部分を簡単に補修交換出来るわけでもなさそうだし
16 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 16:09:48 ID: Cbhurc6PJr
だよ、野戦は動き回るから意味が
特に日本の使い方は西欧の一列に並んで合図で撃つ弾幕、斉射じゃなくて
小さなグループごとに任意で狙うやり方だったし
17 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 16:21:48 ID: Z8fWSRHDsG
>>12
家康に敵石垣登らせようとしたけど
側が撃ってきたからの楯数十枚支給したって記録もあるらしいから
束以外にも弾防ぐ製のもあったっぽい
18 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 16:56:47 ID: l3TfUsabmE
調べたらで大という木鉄板り合せた押しを東軍?が使っていたようですね。16cm+10cm相当厚いタイプというより対撃だったようですけど
忍者が楯というのはちょっと想像し難いんですけど小の楯を籠手みたいな感じで手に括り付けてたりしたんですかね?機動隊シールドみたいなのは流石に持ち運びキツイだろうし
19 ななしのよっしん
2019/03/14(木) 16:46:20 ID: 1x+uJdbV7M
ってさ、かなり雑に束にしても正面からみると傾斜ができるんだわ。
運良くどん中を貫いても次の層の傾斜に当たるから必ず弾がそれる。
は表面がつるつるして堅いし、から取ってきて縄で束ねるだけだし調達が簡単。
素材としても軽いしね。
ただ、これを地面に立ててとしてを放つのは難しい。
束が発明されてもが生き残ったのは不思議ではない。
20 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 15:07:32 ID: 512UpPc73D
火縄銃って火の量を自分で調整できるから威が一概にどうこうってのは意味がない
耐えなければいけない籠中と決着を急ぎたい野戦中では同じでも使う火量は変わってくる