火鉢単語

ヒバチ

火鉢とは、暖房器具である。

概要

奈良時代からあったとされる日本の伝統的な暖房器具。暖房器具としてだけではなく、湯沸かしや調理具としても使われている。を使うと煙が出るのでその代わりとしてを入れて使う火鉢は、上流の武公家に使われていたものが、江戸時代辺りに庶民にも普及するようになった。庶民に普及するようになったことでインテリアとしても発達するようになった。

火鉢の素材は陶器や金属、石製の耐火素材だけでなく、木やで出来たものもあるらしい。特に陶器製のものは普及率が高く、火鉢としての使い方だけでなく、庭先で植木鉢や金魚鉢として使われていることも多い。

また形も違いがたくさんあり、長火鉢、火鉢、くりぬき火鉢、大火鉢、大名火鉢、手あぶり火鉢…といった種類が存在している。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%81%AB%E9%89%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

火鉢

1 ななしのよっしん
2017/09/25(月) 19:15:14 ID: T3cQhquCed
火鉢と言えばが素敵な発破もいたな