灼熱カバディ単語

シャクネツカバディ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

灼熱カバディとは、2015年より裏サンデーマンガワンにて連載されている本格高校スポーツ漫画である。漫画家 武蔵野創のデビュー作。

2020年7月7日テレビアニメ化が発表されたが、放送日程は未定


その競技で使われるのは、

体のみ。

仲間と協し縄りに侵入する『敵』を捉え、

引きずり倒す事で勝利へとつなげるスポーツ

その様相いうなれば、

『走る格闘技』。

競技の名は…

カバディ!!!

第1話より

概要

有名なマイナースポーツ”こと「カバディ」を題材とした青春スポーツ漫画

妙な掛けイメージばかりが先行しがちだが、本作では 体一つでぶつかり合いながら得点をもぎ取るしい競技性を正面から描いている。

狭いコートの中、髪の毛1本でも敵の接触を許せば得点を抱えさせ、1プレーでの大量得点も有り得る独特のルールから来る緊感に満ちた「」と、一の攻防を巡る読み合いの先に生じる全身全霊を懸けた「」の緩急が凄まじい、ダイナミックな試合展開を描く迫の筆致が特徴。

また、マイナースポーツ特有の競技人口の偏りや導者不足、そもそも部活としての練習方法すら未成熟…などの問題点にもしばしば触れている。

役校のメンバーはもちろんのこと、試合ごとの相手チームの掘り下げも恒例となっており、彼らがなぜ「カバディ選手」となったのか、眼前の試合に至るまでのそれぞれの程も厚く、熱く描写されており、才・経験・情熱などあらゆる格差を抱えながらも試合という同じ土俵で衝突する選手たちの人間模様が織り成すカタルシスも見所である。

…などと書くとなんとも堅く暑苦しい作品のようだが、全編を通してアクの強い登場人物たちのコミカルシーンも多めで、試合中とは打って変わった底抜けのアホさを発揮する回もしばしばある。

登場人物

私立 能京高等学校

主人公たちが通う高校は「のうきん」と読む。

宵越哉(よいごし たつや)
本作の主人公1年生
非常にプライドが高く負けず嫌いなジャイアン『ナイトエンド』の名で生主として活動している。
幼少期に始めたサッカーでは中学時代1度たりともファウルされなかったことから『不倒の宵越』の異名を持つスター選手だったが、技術も勝負への意識も突出して高すぎた宵越について来れる仲間はおらず、また自分が結果を出しさえすれば周囲との轢も「なかったこと」のように扱われる虚な人間関係に嫌気がし、次第にスポーツそのものを嫌うようになった。
しかし高校入学直後、その身体の高さにを付けたカバディ部 井の策略に乗せられまんまと入部。当初は煽られるままに奮起していたが、次第に競技としての「カバディ」や仲間意識にも覚めていく。
カバディに関してはド素人からのスタートだったが、長年「スポーツマン」として生きてきたその体と精性は当初から一流のそれとして洗練されており、ブランクから本調子を取り戻し、カバディという競技に順応するに従い非な攻撃手として頭を現す。
相馬(あぜみち そうま
1年生仲間想いで明るく純な性格。クセ者ぞろいのカバディ部では屈人格者彼女持ち。
実家はド田舎の高地にある窯元で、地元では同年代の子供もほぼおらず、カバディ以前にスポーツそのものの初心者だったが、日常すべてが筋トレ同然という環境で育ち、小柄ながら強体の持ち
尋常ではない体性感覚があり、自分の全身はもとより、周囲の人間を含めたモノの距離感を正確に把握しながら身体を操る技術は高精度の「センサー」に例えられる。
伊達真(だて しんじ
2年生。白目すごい筋肉が誇る脳筋パワープレイヤー
見たは厳ついが慎重で、柔軟性に欠ける不器用な性分はそのままプレイスタイルにも表れてしまっている。が、スピードテクニックがない代わりにパワーに関しては見た通り圧倒的で、一度敵を捉えれば、歴戦のパワーレイダーが相手だろうと互以上に渡り合って見せる。
共に苦渋を味わってきた澄と共にの守備を支える。
みすみ きょうへい)
2年生。「ナメられる」事を嫌い、「カックイイ」事を何より好む元ヤン
伊達ほどの筋肉ではないが恵まれたガタイを持ち、機転と執念深さを武器に戦う特攻守備。
高校までスポーツ経験もなく、試合では足手まといにしかならなかった1年次の自分をプレイで救い続けた部長の王には現在でも恩義を感じている。
伊達カバディ部に誘った本人で、よき相棒として共にの守備を支える。
慶(いうら けい)
カバディ部 副部長。3年生。
とてもにこやかで外面はいいが、悪魔的に腹黒的のためには手段を択ばない。
情報収集・分析に長け、挑発や励を駆使して巧みにメンタルに働きかけることもしばしば。
ブレーンであり、試合中はコート内のを務める。
部長の王とは古い付き合いで、井カバディを始めたきっかけでもある。
正人(おうじょう まさと
カバディ部長。3年生。
情け深く穏やかな性格で、一見してスポーツマンには見えない奢な体を持つ魔王
スポーツの才には恵まれなかったが、「カバディ」に対する上のを原動限界えて鍛錬を積み重ねた結果、もはや異次元レベルの技術に到達した作中最強格の攻撃手。中学時代に日本選抜としてアジア大会に挑んだ事から、『世界』と呼ばれる選手の一人。
「極限まで研ぎ澄まされた“基礎”」、「敵のを封じる“カウンター”」、「そもそも敵の思惑通りに触れさせない“危険察知”」などなど、王の卓越した部分は数々あるが、それらの印すら吹き飛ばすのが、攻撃手としてスイッチが入った間に表れる血に飢えた怪物の如き形相であり、なんというか一人だけスポーツ漫画というジャンルからはみ出してる感がある。
伴伸賢(ばん のぶたか)
1年生長身に強面リーゼントという威圧的な貌だが、性格は控えめで自己が苦手。
小学生時代のとある出来事から宵越を一方的に尊敬しており、彼の助けになるべく関と人見を誘いカバディ部に加わった。
宵越と同じく元サッカー選手で、カバディ初心者ながら侮れないフィジカルを持つ。
隆太(せき りゅうた
1年生。丸い眼鏡と丸い身体が特徴。
人当たりがよくコミュニケーション高めだが、そこはかとなく人の癪に障る才がある。
相撲経験者で入部時点ではカバディの制限体重を越えていたが、減量と練習の結果 顔がちょっと精悍になった。
人見希(ひとみ ゆうき
1年生。元々の顔立ちに加え、実家の美容室でカットモデルをしている関係から艶やかな美の持ちで、見た目は美少女そのもの
「謙虚に、器用に、他人に気に入られるよう生きればいい」という家族の考え方に疑問を持ち、泥臭く貪欲に勝利を奪い合うスポーツマンの世界へと足を踏み入れる。
面では間違いなくカバディ部最弱であり、まだまだ戦と呼ぶには心許ない部分もあるが、可さで作品に貢献してるので問題ない。

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%81%BC%E7%86%B1%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%87%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

灼熱カバディ

1 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 11:43:45 ID: F1ssUHPHzW
アニメ化決定
2 ななしのよっしん
2020/07/10(金) 12:01:34 ID: Q0HX8MyXhT
この作者ほんとどんどん絵が巧くなってるから凄い

最新刊とかマジで全ぺージクッソかっこよかったぞ……
3 ななしのよっしん
2020/07/18(土) 20:56:46 ID: +PyeWzeRZU
アニメ化と聞いてマンガワンで一気読みしたら面かった。
カバディカバディ言う海外スポーツとしか知らなかったけど、
こんな熱血溢れるスポーツ漫画として表現できるものだなんて凄い新鮮だった。

アニメ楽しみにしてます。

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり