無能な働き者単語

ムノウナハタラキモノ

無能な働き者とは、いつからか割と有名になった「組織論」「名言」である。

伝言ゲーム式に伝えられているので細かい言い回しは結構バリエーションがあるが、だいたいこんな感じで広まっている。

軍人は4つのタイプに分類される。

有能な怠け者は官にせよ。

有能な働き者は参謀に向いている。

無能な怠け者も連絡将校か下級兵士くらいは務まる。

無能な働き者殺するしかない。

そして、多くの場合はドイツの軍人「ハンス・フォン・ゼークト」の唱えた組織論だと説明されていることが多い。

だけど、原文(と思われるもの)とは結構異なっているうえに、実際にはゼークトの言葉ではないようだ。

流布

なんとなく説得があるっぽい内容であるため、日本でも軍オタ軍事オタク)の間では割と古くから言及されており、また経営・人材管理ハウツー本などで「従業員・部下はこう扱え!」とばかりに紹介されていた。

インターネットが普及した後にはさらに流布していくことになった。なお日本以外のドイツ語圏や英語圏でも結構広まっているようだ。

キャラクターなどにもよく合致し、創作作品などで「有能だが怠け者で、部下にうまく仕事を任せて自分は働きたがらない智将」や「無能な働き者で、官の器ではない愚将」的なキャラクターが登場する作品は結構見かける。だからこそオタで広まったのかもしれないが。

ネットロアとして

インターネット上では専ら「無能な働き者」部分にフォーカスをあてて引き合いに出される。しかし後述の通りこの言葉は

  • ゼークトの言葉ではなく別人の言葉である可性が高く、
  • その「別人」として有補は居るが本人の著作が出典として示されているわけでもなく、
  • それより前の時代の軍人の言葉として紹介されることすらあり、
  • 要するにオリジナルなのか明らかではない

というかなりモヤッとしたものである。そもそも流布されている内容自体も原文からは変されている。一種のコピペ都市伝説の類と思った方が良いだろう。

通用されている意味としては「無能な味方は有能な敵より恐ろしい」「地への善意で舗装されている」などといった言い回しと同義。

「頑ってやったこと、善意に基づいて行われたこと」は結果がどうあれ条件で尊いものと扱われがちだが、それを否定し、行動には思慮が伴うべき、さもなくば何もしないほうが被がでないぶんマシ、といった類の旨で用いられる。(思慮分別のない迷惑な努・善行の例としては、災を被災した直後の被災地に大量の千羽を送りつけたりとか)

単なる「悪口」と切って捨てることは簡単だが、同義の言い回しやこれを想起させるフィクション上のシチュエーションが多数存在することと、つい「あるある」と頷いてしまいがちな諸人の苦い実体験などなどがあいまって、根底的には「自分もついやってしまいそうな失敗」への恐れとめがあると言える。

出典

インターネット上の集合知の代表である「Wikipedia」での動向を見てみると、こういった言葉の出典の確かさについては割と把握できるかもしれない。実はWikipediaには出典があやふやなままの記事も結構多いが。

ゼークト

というわけでWikipedia日本語版の「ハンス・フォン・ゼークト」の記事を見てみよう。すると、現在の版(2016年3月26日閲覧)exitではこの「組織論」については全く何も触れられていない。だが過去にはそのゼークトの記事に、この「組織論」について確かに掲載されていた。

2006年3月に最初にこの記事に「組織論」について追記されexit、半年ほどは特に注釈もないままにゼークトの言葉として掲載されていた。この時期にこのゼークトのWikipedia記事を見て「ふーん、ゼークトの言葉なのか」と信じ込んだ人々も居たかもしれない。

その後は「ゼークトの著作にはこんな言葉は出てこないよ」という注意書きが追記exitされたり、「独自研究テンプレートが貼り付けられたりと紆余曲折があったようだが、ついに2014年9月にこの「組織論」は撤去されてしまいexit2018年6月13日現在は『都市伝説としての「ゼークトの組織論」』という項となり下記のハマーシュタインの記事へのリンクが貼られている。ゼークトの言葉であるという確かな出典が示されることは終ぞかったようだ。

ハマーシュタイン

ではゼークトでないなら名言だったのかと言うと、同じドイツの軍人「クルト・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルト」の言葉だという説がWikipedia日本語版の彼の記事の現在の版(2016年3月26日閲覧)exitに掲載されている。

また、Wikipediaドイツ語版の彼の記事の現在の版(2016年3月26日閲覧)exitにも該当する部分が出典書籍名付きで記載されている。よって、このハマーシュタイン(ハンマーシュタイン)の発言であるという説が現在のところ最も有とみてよいようだ。ただし、そのドイツ語Wikipediaで出典として付けられている書籍もハマーシュタイン本人の著作ではないようなので確実性については微妙かもしれないが……。

なお、そのWikipediaドイツ語版記事での表記を引用すると、

Ich unterscheide vier Arten. Es gibt kluge, fleißige, dumme und faule Offiziere. Meist treffen zwei Eigenschaften zusammen. Die einen sind klug und fleißig, diessen in den Generalstab. Diechsten sind dumm und faul; sie machen in jeder Armee 90 % aus und sind für Routineaufgaben geeignet. Wer klug ist und gleichzeitig faul, qualifiziert sich für diechstenhrungsaufgaben, denn er bringt die geistige Klarheit und die Nervenstärke für schwere Entscheidungen mit. Hüten muss man sich vor dem, der gleichzeitig dumm und fleißig ist; dem darf man keine Verantwortung übertragen, denn er wird immer nur Unheil anrichten.

とある。これを和訳すると

私は(将校を)4種類に分類する。賢明な者、勤勉な者、愚鈍な者、怠惰な者である。ほとんどの将校はこのうちの2つの属性を併せ持つ。

一部の者は賢明かつ勤勉であり、参謀本部におくべきである。

次に愚鈍かつ怠惰な者――彼らはすべての軍人の90%を成すが――ルーチンワークに適している。

賢明であり同時に怠惰な者は最高管理責任者に適任だ。重要な決断に必要な、明晰な頭と図太さを持つ。

気を付けるべきは、愚鈍であると同時に勤勉でもある者だ。責任ある立場に就かせるべきではない。常に損を引き起こすことしか行わないからである。

となる。

このニコニコ大百科記事の記事の冒頭で述べた「連絡将校か下級兵士」だの「殺」だのと言った言葉は見当たらず、そういった余分な枝葉がどこでどのように生したものかはである。

また、「kluge」は「有能」というより「賢明」といった感じ、「dumme」は「無能」というより「愚鈍」と言った感じであり、方向性が似てはいるが結構意味が異なる。

大モルトケ

だが、ヘルムート・フォン・モルトケ大モルトケロリコン)の言葉だとしてよく似た言葉を紹介しているドイツ語サイトもあったりする。例えばこのサイトexitなど。同サイトから引用すると、

Ist jemand faul und dumm, dann wird nichts aus ihm. Ist jemand dumm und fleißig, dann muß man ihn von allen  wichtigen Aufgaben fernhalten. Ist jemand faul und klug, dann ist er geeignet für diechsten Positionen.

これを和訳すると

怠惰で愚鈍な者は何の役にも立たない。勤勉で愚鈍な者は重要な仕事からは遠ざけなくてはならない。怠惰で賢明な者は最も上の地位に適している。

となる。

このサイトも含めて、「モルトケの言葉だ」とするサイトでは出典を明らかにしていないところがほとんどのようであり、単なる怪しい一説の域は過ぎない。

しかし大モルトケハマーシュタインより以前の時代のドイツ軍人であるため、確かにハマーシュタインの上記の言葉が大モルトケの言葉を下敷きにした可性は皆無とも言えない。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%84%A1%E8%83%BD%E3%81%AA%E5%83%8D%E3%81%8D%E8%80%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

無能な働き者

351 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 19:04:09 ID: kLB/89jgqH
>>350
そこら辺はほ
352 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 19:12:46 ID: kLB/89jgqH
ミスした
>>350
そこら辺は理不尽な対応をせずに、きちんとお互いに報連相を底するしかないんだよな。まずはどうするかを導するのが前提とした学ばせていくしかない
実際問題、働く中で客や利用者と密接に関わる環境だと、「底したマニュアル」の通りに処理しつつ、“人対人”だと必ず不測の事態や今までの前例がなかった対処や工夫にぶつかる時が必ずある
も正社員として25歳すぎるとある程度その場での臨機応変な行動を期待されるようになったわ
正社員としての立場や責任もあるし、何よりも後輩などの自分が面倒みる立場になったからか、とりあえず冷静に事態や情報をまとめるも身につける必要が生まれてくるんだよな
それも人それぞれの得意や向き不向きがあるから身につけるのもけっこう波がある
それでもやってくしかない
353 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 12:21:25 ID: 0nCJHpUreR
有能無能は個人のめられる仕事(役職)から相対的に決まるように思われる
単純に考えると実績のある人間にはより難しい仕事が振られるようになる

個人のは素に考えれば、働き者ほど高い者が、怠け者ほど低い者が多いが個人のばらつきにより希少ながらの高い怠け者やの低い働き者も居る

怠け者は段々出世していって自分のを越える立場では本部の会議で意見を諾々と聞くだけになり、自分の持ち場に戻ればほどほどに示を出せるいい親分となる辺りで出世が止まるか引退する
人数分布からの低い人間は多く、高い人間は希少となり安定したピラミッドができる

働き者は出世する程に自分のを活かせる機会が増えて評価を上げ、いつの日か自分のを越えた地位にまで上りつめる。上に行くほどの高い怠け者は希少となるのでポストは働き者で埋まる事になる
本人にはこれまでつちかった自信と実と実績があり周囲にも彼の代わりができる人間はいない。これにより生じたと言える本人や組織にとっての悲劇話が偽はどうあれ世の中に
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
354 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 12:41:30 ID: 0nCJHpUreR
の低い働き者は、嫌われ者として排斥されたり弱者として保護されたり色々だが、同じ層の中では相対的に少数と思われるので組織として動けば対処の仕様がある
の高い働き者が悲劇を避けるには自衛の必要がある。自己啓発で怠け者に転向するのでもなければ、自分よりの高い人間の下に付くか(繰り上げ人事という潜在リスクはある)、自発的に専門化=参謀になるのが有効そうだ
自分の強みを分析して得意分野では働き者、苦手分野では怠け者になる→長短均した程度の仕事が回ってくる立場になる→得意分野では有能な働き者・苦手分野では無能な怠け者になって安定するはずだ……理想の上では
355 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 07:49:42 ID: kLB/89jgqH
言ってることはネットにありふれたことでまあその通りなんだけど
なんか文章に堅苦しさがあるというか、どうも「綺麗な文章を作って、逆に読みにくいことになってるのがわかってない」系の傾向がある気がする
無能な働き者にあらがちな、全く良い効果になっていない、むしろ悪化させてしまう親切心()ってアレ
とにかくもう少し自分の感情こめた方が良いよ
356 ななしのよっしん
2019/05/03(金) 16:12:54 ID: jRbOlDEqro
信者のフリしたアンチ(偽)
357 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 22:12:29 ID: TVo4YGp82c
無能な働き者
https://dic.nicovideo.jp/u/59152228
358 ななしのよっしん
2019/05/09(木) 22:19:47 ID: L+7NhAfiSd
無能な働き者とは税で養われているのに仕事しない・増税してくる・不気なのに経済は回復してると息を吐くようにをはき続ける安倍政権と今の政治家達。
そいつらこそ、明るい未来を奪い続ける最低最悪の魔王臣共です
359 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 19:48:55 ID: o9jz2hxtxF
いや、もっとわかりやすい無能な働き者の例が隣のにいるじゃん
アレべたら今の政治家はまだまともだなって思うわ
360 ななしのよっしん
2019/05/17(金) 17:48:25 ID: FBAhlODPQw
現実を知らずただ伝聞だけでおおっぴらに書き込む>>358のような人が無能な働き者ってとこかな