煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート単語

レンゴクコウリュウドラゴニックオーバーロードザグレート

の灼熱に焼かれ、幾度も幾度も帝国竜王よ!
炎の中で奮い立て、の分身
《煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート》ォ!

煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレートとは、カードゲームカードファイト!! ヴァンガード」のユニットである。
テレビアニメレギオンメイト編」、劇場版ネオンメサイア」の双方において櫂トシキ最後の切り札として登場している。
この項ではザ・グレートレギオンメイトである《煉 ドラゴニックネオフレイム》についても紹介する。

ザ・スペック

《煉(れんごくこうりゅう) ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート
ノーマルユニット
クランかげろう 種族フレイムドラゴン
グレー:3 パワー11000 クリティカル:1 シールド:なし
効果:起【V】:双闘20000】「煉 ドラゴニックネオフレイム」(相手ヴァンガードグレード3以上なら、このユニットは1度だけドロップゾーンから4枚山札に戻し、山札からカードを探し、双闘できる)
自【V】:[【CB】(1),あなたの手札から2枚選び、捨てる] このユニットリアガードアタックしたバトルの終了時、このユニットが【双闘】しているなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードをすべて【スタンド】する。そのターン中、このは使えなくなる。(コストを払わなくても、このは使えなくなる)
自【V】:[あなたの(V)にいるユニットと同名のあなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットアタックヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。

世界に設立された特殊部隊《煉》を統べる指揮官。この世界では好敵手である「ブラスター・ブレード」と出会わなかったため、禁断の反転に触れる必要もなかった。その結果、必要に応じて純め、形態進化を繰り返した姿こそ、この「グレート」なのである。しかし、これほどのを手にしながら、彼は己という存在に違和感を覚えていた。その答えを握る鍵が、このクレイに迫っている。彼方にて待つ『敵』を見据え、大君は今、その両強く広げる。

月刊ブシロード2014年10月号より引用

「迸れ煉の炎! エターナル・エクスプロジョン!」(RRR版)
「彼は煉の王。闘うことで己をる。」(SP版)
「煉の炎は、何度でも燃え上がる。」レギオンレア版)

《煉(れんごくりゅう) ドラゴニックネオフレイム
ノーマルユニット
クランかげろう 種族フレイムドラゴン
グレー:2 パワー9000 クリティカル:1 シールド5000
効果:このユニットが(R)に登場した時、そのターン中、このユニット【R】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットと同じ縦列にいる相手のリアガードドロップゾーンに置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットと同じ縦列にいる相手のリアガードを1枚選び、退却させる。』を得る。

特殊部隊《煉指揮官ドラゴニック・オーバーロード」直属の部下。「ドラゴニック・オーバーロード」が形態進化の過程で排出した余剰魔が、突然変異を起こして形となった存在で、厳密にはドラゴンではなく、魔で出来た特異生命体である。取り分け強大な戦士から生まれた為か、強い自と高い知を持ち、必要とあらば以外の命にも従う。正史では姿形もかった彼らの存在が知らしめる。世界正史とは違う、独自のを歩もうとしている事実を。

月刊ブシロード2014年10月号より引用

「煉の炎が、簡単に消えると思うな。」(RR版)
「最も熱い炎は、心の深くにある。」レギオンレア版)

ザ・概要

ムービーパック「ネオンメサイア」収録カード。G2との双闘の例に漏れず続き絵であり、双闘すると続き絵がぴたりと完成する。
特殊レアリティレギオンレア」が存在するカードであり、レギオンレアを引き当てたパックには、特殊加工されたザ・グレートドラゴニックネオフレイムの両方が封入されている。
並行世界においてのドラゴニック・オーバーロードの姿。4期において生まれたかげろうの新名称「煉」と、「オーバーロード」双方において起用が可な切り札。例によって例のごとく、名称にTHEのついたオーバーロードだが、このカードはジ・エンドに倣ってか全て片仮名である。
双闘に対応し、レギオンメイトであるドラゴニックネオフレイム双闘できる効果を持つレギオンリーダーである。双闘の効果と弱点については該当記事を参照。
双闘せずに使用できる効果は、ヴァンガードと同名ユニットを使用した1:1交換。攻撃した後の前列リアガードコストに使えば駄がないが、そのままではコストが狭いため、なるべくなら双闘と組み合わせて使いたい。双闘状態であればレギオンメイトと同名のカードでもコストに使用できるため、使用機会が大幅に増える。
ヒット先は相手のヴァンガードリアガードを問わない為、リアガードを狙えば発動は容易。ただし先に前列リアガードで殴ろうとすると、インターセプトで相手前列のグレード2を切られてしまう可性があるのでそこは注意。
双闘した時のスキルは、リアガードに攻撃をする必要こそあるが、カウンターブラスト1枚と手札2枚をコストヴァンガードが再スタンドするインドライブ!!を失わずスタンドできるため、手札消費2枚はすぐに取り戻すことが可。攻撃をヒットさせる必要なく発動できるが、双闘アタックで狙われた場合ガードには多大な手札を使用するため、実質ヒットは狙えたも同然である。
レギオンメイトであるドラゴニックネオフレイムは、コールしたターン中、かつ位置が定されているが、カウンターブラスト1の追加消費で相手を追加で退却させることができる。
ネオフレイムコールした列の正面をザ・グレートで殴りにいけば、ヒット時にその列の両方のユニット消し炭に変えることができるため、やはり相性はいい。
総じてザ・グレートコストがそこそこ軽く連発可な性であり、「フィニッシャー」としての起用より「」としての起用の方が有効に使用できる。「オーバーロード」であるため、勝負を決めたい時はGユニット《覇天皇 ドラゴニック・オーバーロード“The Ace”》に「(ストライド)」するといいだろう。
このカードは、名称を持つユニットではあるが、コスト定はあって「ヴァンガードと同名カード」であり、名称に依存していない。そのため、癖の少ない双闘持ちであるこのカードを、デッキ枚数を著しく消耗する越軸デッキサブヴァンガードに据える選択肢もある。
ただし、このカードもまたデッキ枚数を著しく消耗する再スタンド持ち。これをデッキを掘り進めて圧縮することによるトリガー率の上昇ととるか、デッキ寿命を縮める行為ととるか。

余談だが、ザ・グレート2015年7月現在、「カードファイト!! ヴァンガード」に登場する全てのユニットの中で最も名称が長いユニットである。

ザ・メディアミックスにおける活躍

アニメカードファイト!! ヴァンガード レギオンメイト編」の終盤にて、「煉」名称という新たなかげろうデッキを手に、の宮の地に辿りついた等が櫂トシキ
しかし、獅子心中のだの内ゲバだのといったゴタゴタ己の不始末を片づけたオリビエ・ガイヤールと、先導アイチの行く末を賭けてファイトをすることになった。
互いにデッキトリガーさえも味方につけ、最高のデッキり方で互の戦いを繰り広げる二人。そのファイトにおいて、櫂が遂に見せた最後の切り札にしての分身」
ターンを跨いで二度ヴァンガードを再スタンドさせることに成功し、ガイヤールのデッキヒールトリガー残数を上回るクリティカルの一撃を叩き込むことに成功し、ガイヤールを遂に下し、先導アイチ本人と遂に対面を果たすことになった。

自身を封印することでリンクジョーカーを闇に葬ろうとする先導アイチに対し、それでもと食らいつく櫂。再びは交差し、ファイト突することになった。
櫂はグレード3の初手からザ・グレートにライド。々にネオフレイム双闘し、追い詰めようとするが、リンクジョーカーデッキを使うアイチの分身の成れの果てブラスタージョーカー》の効果で、仲間とともに歩むである双闘状態すらもズタズタに裂かれ、レギオンメイトを喪ってしまう。
一度喪ったレギオンメイトは、二度り直すことはできない。それでも櫂は残りのザ・グレートを引き当て、何度も再ライドすることでシークメイトを有効化、双闘状態を復活させていく。「幾度も幾度も」、そう強調されている冒頭のライド口上はこの時の2回のライド時の台詞である。
それはまるで、何度裂かれようとも決して消えないメイトとののように。そして―――。←違う!

「全てを焼き尽くす煉の炎の中で、幾度も生まれ立つ炎の化身よッ!
《煉 ドラゴニックネオフレイム》! 双闘レギオン!!」

絶望などもうしない、もう逃げない。
アイチも決死のガード。しかし、再スタンドを絡め純度を高めたファイナルアタックは―――クリティカルトリガー、あの懐かしき槍の化身 ター》をスタンド前後で1種4枚のみ全て引き当て、全ての効果をザ・グレートに集約。ほぼ逆転不可能ダメージを貫通させ、遂に勝敗を決した。それによりアイチの身体から解き放たれてしまった"虚無"は・・・。

なお、このファイナルターンから全ての決着までの間、OP曲「KNOCK ON YOUR GATE!」が挿入歌として流れた。
自身を封印し一人になろうとするアイチに対し、必死で食らいつき、絶望未来を変えようとする櫂の強い意思と歌詞、その歌詞を歌い上げる小野正利氏の強いハイトーンボイスが絶妙に絡みあい全に合致しているのが印的である。作画については何も言わないであげて。


そのクライマックスと、エピローグ2話の間に位置している劇場版アニメネオンメサイア」においても櫂のメインヴァンガードとして登場。制作時期の関係からか、既に対峙したはずのアイチが「あれが櫂くんの新しい切り札・・・!」といているが
劇中では大会「スクランブル・メサイア」において起用。1回戦は光定ケンジとの対戦、《超次元ロボ ダイユーシャ》とのしい剣戟が描かれた。その後大会どころか世界崩壊の危機した中で、アイチと共に伊吹コウジに挑む時にも、己の分身としてライドし、未知の侵略「根絶者(デリーター)相手に不退転の戦いを繰り広げた。その際、ドラゴニックネオフレイムはザ・グレートの腕にわりつき、グローブ状の武器となっているシーンが存在する。

ちなみに、出所は不明だが特別なカードとして扱われたりは特にしていないようで、続編「カードファイト!! ヴァンガードG」のドラゴンエンパイア支部催の催しのクイズ大会においてこのカードが名前当てクイズのお題として出題されたことがある。
なお、その時のコメントは当然のごとくThis is THE 櫂トシキ」で埋まっていた。問題の答えになっていないからそれ。
後に「ギアースクライシス編」にて再登場した櫂が使用。省略ファイトながら安城マモルを下している。

漫画版ではこのカードに酷似した…というか、このカードから「煉」名称を抜いた《ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート》が登場。漫画で初めて双闘を実現したユニットである。
この時ヴァンガード2回攻撃しているが、名称が「煉」ではないのは、そのため(漫画オリジナル仕様)だろうか。

ザ・関連動画

ザ・関連商品

ムービーブースターネオンメサイア」については、ブルーレイ&DVD発売記念版の購入を強くおすすめする。
RRRのカードの封入率が12枚になっており、このカードを引き当てる確率がぐっと高くなるためである。

ザ・関連コミュニティ

ザ・関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%85%89%E7%8D%84%E7%9A%87%E7%AB%9C%20%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート

1 ななしのよっしん
2015/05/16(土) 20:13:49 ID: CComR3HmQp
ザ・記事作成乙

グレートですよ・・・こいつぁ・・・

急上昇ワード

2019/09/17(火)18時更新