熱海市単語

アタミシ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

熱海市とは、静岡県東部に位置するである。

熱海市
面積 61.78km2
人口 71.6万人
36,272
ウメ
の木 アタミザク
カモメ
隣接市町村 静岡県

熱海市

概要

伊豆半島に位置し、相模湾に面している。 古来からこの辺りの地域は「多美」という地名であったが、温泉が吹き出したことからも熱い→熱い→熱という表記が定着したそうである。 町村制の施行などにより熱村→熱町を経て1937年に熱町と多賀村が合併し熱海市が発足し現在に至る。

関東地方からほどよく近い立地条件から、古くは江戸時代から温泉などの観光地・保養地として人気スポットであった。1964年には東海道新幹線熱海駅が開業し、1969年にはピークとなる年間532万人の観光客が訪れた。しかしその後昭和の古臭い観光地」というイメージが根付き観光客が減少の傾向にあったが、近年のレトロブームに乗っかりその古臭い印を「懐かしい雰囲気を残す」というイメージの好転につなげ、を上げてのイメージ戦略の見直しにを入れた結果、観光客は再び増加の傾向にある。加えて熱海駅ビル開業、大手リゾートチェーン店の進出などの新たな観光スポットの登場により、現在では懐かしさと便利さを秘めた観光スポットとして新たな魅を生み出している。

主な名所・観光地

来宮神社

来宮からほど近い場所の神社内には天然記念物に定され、2000年以上となる豆佐和気神社の大クスが植えられている。

熱海城

錦ヶの頂上に建設されている施設。とは言うが工は1959年であり、どちらかというとの見たをした商業ビルに近い。内部にはなどの展示や足湯、地下にはゲームセンターまである。隣にはトリックアート迷宮館も併設されている。

熱海秘宝館

からすぐ近く、熱ロープウェイの頂上と併設の施設。 詳細をここに記すには余白が狭すぎるので、ひとまず18歳未満は入場できない、とだけ説明しておこう。 なお、ロープウェイでは入場券を兼ねたロープウェイ乗車券も購入できる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%86%B1%E6%B5%B7%E5%B8%82

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

熱海市

15 ななしのよっしん
2021/07/07(水) 20:04:16 ID: fOF+JEQ3Pp
>>13
反社球団や反社企業ってるような社会に期待も善も
何も望まないよ
好き勝手やってくれ、どうせこのはあと20年保たないし
16 ななしのよっしん
2021/07/08(木) 23:15:18 ID: 1Th1ZFx3/0
静岡県は1日、3日にかけて大気の状態が不安定になり、局地的に大となる見込みだと発表した。2日には県内全町に大雨警報が発され、静岡地方台によると、熱海市には2日午後0時半に土砂災害情報が発された。
ただし、熱海市が発していた避難情報は、警レベル4の「避難指示」ではなく、警レベル3の「高齢者等避難」。2日午前10時に発したままで、警レベルの最も高い「緊急安全確保」を出したのは土石流が発生した後だった。
この対応はどうだったのか。静岡大防災総合センター山素行教授災害情報学)は、が短時間に集中して降ったわけではない点を重視し、「2日くらいにわたってそこそこの強さで降り続き、厳しく警するタイミングを計るのは特に難しい降り方だった」という。「警レベル3の避難情報は出していたわけで、全くのノーガードだったとはいえない」と、判断の難しさを摘した。
研究所の四(まつし)雄騎准教授文(すいもん)地形学)は「のピークから数時間遅れて土石流が起きるのが、火山岩の地形でよくある土砂災害の特徴。タイムラグが起きることもしばしばあり、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
17 ななしのよっしん
2021/07/10(土) 00:08:50 ID: 1Th1ZFx3/0
本当に申し訳ない

土石流の起点となった付近では、過去にも土砂災害が起きていて、熱海市から土砂の撤去をめられた当時の土地所有者が撤去に応じなかったことが分かりました。
熱海市土石流を巡っては、静岡県が起点となった付近の盛り土との因果関係を調しています。
熱海市議会の議事録によりますと、2007年にも今回の現場近くで土砂災害が発生し、の施設が埋没しました。
は当時の土地所有者に土砂の撤去をめましたが、「これは自然災害だから、々はやる気はない」という趣旨の回答をしていたことが分かりました。その後、土砂はが撤去しています。
の担当者は「そのような事実があったことは間違いない」とコメントしています。

土地の元所有者は「被害が大きいので申し訳なく思う」と話しているということです。
静岡県熱海市で起きた土石流を巡っては、その後の土地の元所有者の代理人弁護士への取材で、元所有者が「被害が大きいので申し訳なく思う」と話していることが分かりました。
また、代理人弁護士には数日前に「今後
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
18 ななしのよっしん
2021/07/10(土) 21:41:20 ID: 1Th1ZFx3/0
静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で起きた土石流災害で、斉藤市長は10日、被災者向けの仮設住宅を建設せず、既存の営住宅などを活用する考えを示した。また、国土交通省土技術政策総合研究所(茨城県つくば市)に原因の調を依頼したことも明らかにした。土石流災害は10日、発生から1週間を迎えた。
土石流災害は3日午前10時半ごろに発生し、これまでに9人の死亡が確認されている。避難者は9日時点で574人に上る。
斉藤市長は10日の記者会見で「大変長い1週間だった。9人が亡くなったことは本当に残念だ」と振り返り、被災者の生活再建に向け、責任を持ってサポートしたい考えを強調した。内は地が少ないため「新たに仮設住宅を造るのは現実的ではない」と述べた。今後は被災者の自宅の状況を把握し、営、県営、民間の住宅を借り上げて移ってもらう方針という。
19 ななしのよっしん
2021/07/13(火) 22:49:33 ID: 1Th1ZFx3/0
静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で発生した土石流災害で、難波副知事は13日に記者会見し、土石流の起点周辺にあった盛り土について「違法な盛り土災害の原因」との見解を示した。
盛り土が降ダムのような状態になってがたまり、下部からが噴き出して一部が崩壊、その後に盛り土の全体が崩れた連鎖崩壊の可性があるとしている。県は、土石流発生のメカニズム盛り土に関する行政の対応が妥当だったか――の2点を検証するため、二つのチームを設置して調べる。
盛り土があった場所は、2006年神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)が取得し、11年に別の所有者に移った。
難波氏はこの盛り土について、周囲からが集まりやすい最上部に設けられた法令に反して届け出と異なる工事が行われた届け出の高さの15メートルえ、工法が不適切だった――と説明。盛り土の高さは最大50メートル以上で、適切な排設備はなかった可性が高いとの推測を示した。
県によると、土石流が起きる前の7月1日午前4時から3日午前10時までの累積量は約450ミリ盛り土の造成工事は10年
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
20 ななしのよっしん
2021/07/18(日) 14:57:37 ID: 1Th1ZFx3/0
これまでの県の調では、不動産管理会社への対応は行政導にとどまっており、罰則もある措置命は出されなかった。県は専門らを集めたチームを立ち上げて検証作業を進める予定だが、返り血を浴びる覚悟が問われる
21 ななしのよっしん
2021/07/25(日) 17:50:03 ID: 0xl/nxPsTl
土石流、遺族も恐れる「盛り土」の所有者を初直撃 「警察を呼ぶぞ、警察を!」
https://news.yahoo.co.jp/articles/bce48340a0ad45c4a2a2acd458d048ea49de2b4aexit
22 ななしのよっしん
2021/07/26(月) 16:04:22 ID: L4dROHvltj
有名なお笑い芸人が「熱は終わった」と言ったが、熱はまだ終わらないかと思う。

あと、雨女(雨男)は悪くないし、熱被害とは関係ない。
23 ななしのよっしん
2021/08/14(土) 11:41:40 ID: 1Th1ZFx3/0
静岡県熱海市伊豆山で発生した土石流の起点付近にある盛り土をめぐり、相解明と責任の追及をめざす被災者の団体が動き出した。被害者の会が13日、伊豆山で記者会見し、盛り土の土地の所有者らを来週にも刑事告訴する方針を表明した。9月末には損賠償請訴訟を提訴する準備も進めるという。
伊豆山の土石流はこれまでに死者23人が確認され、行方不明は4人。遺族や被災者ら約30人が12日、「熱海市盛り土流出事故被害者の会」を設立した。
加藤太郎弁護士は会見で「盛り土の流出は人災ではないかと考える。まず刑事事件の手続きに入る」と表明。所有していた土地に盛り土を積み上げた業者を業務上過失致死傷、盛り土を引き継いだ現在の所有者を重過失致死傷の容疑で告訴する考えを示した。
7月3日の被災から1~2カ刑事告訴と民事訴訟に乗り出す理由について、加藤氏は、行政による調は「年単位」を要する場合が多いとし、「速やかに提訴し、所有者などに資料開示めていく。法的措置をとりながら、並行して拠関係を収集していく」と説明。「事件が風化する前に速やかな措置を取る」と強調した
24 ななしのよっしん
2021/10/18(月) 09:21:29 ID: 1Th1ZFx3/0
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ea8430611e66103e04f077d6fd6e1a0fe92b107exit
静岡県熱海市7月に起きた土石流被害につながった盛り土について、県と2011年、安全対策を講じるよう命じる「措置命」を出すと決めた後に見送っていたことが朝日新聞が入手した内部文書などでわかった。業者側が防災工事を始めたことを理由に見送られたが、工事中断後も約10年間にわたって命は出されないままだった。命の対となる業者への連絡が困難となっていたという

朝日新聞の17日の取材に、斉藤栄・熱海市長は「今はお話しできないが、事実を明かしてみなさんにゆだねたい」、川勝太・静岡県知事は「行政の判断に対する意見はわかれると思うが、事実関係は今後開する」と述べた。
土石流災害の遺族らは先、土地所有者らが安全対策を怠ったとして約32億円の損賠償をめる訴訟を提起した。県やを訴えることも検討している