爆発反応装甲単語

バクハツハンノウソウコウ

爆発反応装甲(Explosive Reactive ArmourERA)とは、爆発することで敵弾のダメージを軽減、あるいはくす装甲である。要するに戦車とかにり付いている弁当もどきアレである。

概要

構造は金属の中に爆薬が入っているという、字面だけなら非常に簡単な代物。

敵弾が着弾した際にその衝撃を感知し起爆、敵の弾、特にHEAT弾メタルジェットを横合いから殴りつけることによりその侵を阻することで防御を行う。そのため防御の効果が発揮されるのは最初の一回こっきりである。横からぶつからないと弾やメタルジェットを邪魔する効果が薄く、敵弾をとして斜め30度ほどの度が付いていることがベストとされる。そのため戦車などに取り付ける際には具を使って斜めに取り付けるなどの工夫がされることが多い。また、敵の機関銃など素の装甲で耐えられる程度の弱い攻撃で爆発していたら面倒極まりないので一定以上の圧でしか爆発しない様になっている。

  • 利点
    • お手軽かつ格安で対HEAT防御を向上できる
       近年はゲリラや民兵がRPGなどの対戦車兵器を持つことはしくない。すでに配備しているAFVがこれを防御できない場合、装備の更新で対応しようとするとととんでもないコストと時間がかかる。しかしERAならばよほど軽装甲の車両でもない限り、貼り付けるだけで簡単にHEAT弾に対抗できるようになる。網装甲とかとべると場所もとらないので戦車の稼動も邪魔をしない。
  • 欠点
    • 随伴歩兵に危が及ぶ
      当然爆発物であるから着弾時には周囲に盛大に金属片をぶちまけることになる。これにより随伴歩兵を傷着ける恐れがある。
      …とはよく言われるが実際には戦車発射時の衝撃波や、敵のHEAT弾の命中・起爆時の破片も随伴歩兵には十分危険であることなどを考慮すると、そこまで大きな欠点とは言い難い。
    • APFSDSやタンデムHEAT弾頭に脆弱
      着弾時に爆発メタルジェットを形成するHEAT弾に対してERAは効果的だが、高速でカッ飛んでくるただの金属の矢であるAPFSDSには効果が薄い。また弾頭を二重化し、最初の弾頭がERAを起爆後に本命の弾頭が装甲を貫くタンデムHEAT弾頭には。ただしどちらもERAをタンデム化することによって対策可

上記のようにERAとは一長一短の要素が強い。しかし利点である格安で簡単に防御アップが狙えるという利点は非常に大きく、世代が古くなったり装甲の劣る戦車でもある程度実戦に耐えるようにできるため世界中で大人気である。

特によくにするのが、世界中にばら撒かれた装甲貧弱なパットン系列やモンキーモデルソ連戦車ERAを山盛りにし、場合によっては電子機器などのアップデートをも行う近代化である。時に整然と、時に乱雑にERAが貼り付けられたそのゴテゴテした姿はなんともいえない独特な雰囲気を漂わせている。

登場当初は装甲の貧弱な旧式戦車の防御増し程度に考えられていたが、近年では非対称戦の増加による死部分からの対戦車ロケットミサイルによる攻撃・被弾が増え、装甲では補いきれない側面の防御に効果的であることから今までERAを軽視しがちだった西側でも搭載事例が増えている。特に最近は西側対戦車ミサイルロングセラーであるTOWが西側3世代戦車相手に猛威を振るい、ERA搭載のロシア戦車がそれらに対して高い生存性を誇ったことから見直しが急速に進められている。そのため、これからもあちこちで利用され続けることだろう。

T-90[1]

シリアに輸出されたT-90にはショトラ(敵戦車レーザー測遠やレーザー誘導式の対戦車ミサイルの照準を自動的に感知して照準撹乱の赤外線レーザー、発煙弾によって敵弾の命中を防ぐ)が付いていた。しかし反政府軍のTOWがあっさりと命中する動画ネットアップロードされた。

明らかにショトラは機していなかった。装置のスイッチがそもそも入れられていなかったと思われる。ただ、T-90自身は撃破されなかった。爆発反応装甲が設計通り機したのだろう。

米軍の持つTOWの最新は爆発反応装甲への対抗として命中の前に小さな先行爆発を起こしてERAを過にはじけさせたり、ERAがない上面を攻撃するようにしているが、反政府ゲリラ提供されていたのはずっと古いモデルだった。

複合装甲の種類

イスラエル

アメリカ

フランス

イギリス

  • 名称不明 チャレンジャー2の非複合装甲部分(現在は複合装甲を追加)を防護する。タンデム弾頭対策を取っておらず、RPG-29による貫通を許してしまった。

ロシア

ウクライナ

ポーランド

  • エラヴァ1/2/3 PT-91に搭載。コンタークト5に匹敵すると言われている。

チェコ

  • ドィナ72/S T-72M3CZ/M4CZに搭載。コンタークト5に匹敵すると言われている。

中国

  • FY-4/5 96式、99式に搭載。ロシアのコンタークト5に匹敵すると言われている。

関連項目

脚注

  1. *「兵頭二十八の防衛2016」兵頭二十八 思社 2016 pp.58-59

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%88%86%E7%99%BA%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E8%A3%85%E7%94%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

爆発反応装甲

40 ななしのよっしん
2017/11/23(木) 03:38:47 ID: S87UJeiqnG
ぶっちゃけたくさんくっついてるの見るとキモくない?
41  
2017/11/25(土) 13:32:55 ID: Xq/fgKzQql
付けてないボツボツの鳥肌立つ
42 ななしのよっしん
2018/04/11(水) 04:12:02 ID: 9/WIS/UUwm
>>35
というか敵から発射されたHEATが直接ぶち当たったらどのみち周辺の歩兵被害が及ぶし、
ERAかったら戦車の大爆発という二次被害が発生するかもしれないのになんで殊更随伴歩兵被害がどうこう言われるのかなのよね
ERAに内蔵された爆薬による爆発なんてHEAT爆発べれば微々たるものなのに
43 ななしのよっしん
2018/07/06(金) 19:57:22 ID: 5P77KXbRbg
同じ爆死って言う結果でも、敵の爆弾で死ぬのと味方の爆弾で死ぬのは違うんじゃないですかね…

ERAを含むAFVアクセサリーをまとめた良い本はいだろうか
44 ななしのよっしん
2018/07/14(土) 17:51:17 ID: CBLHeFFYaW
随伴歩兵って具体的にどのくらい近くにいるものなんだろう。
弁当以前に発を考えればタンクデサントって訳にはいかんだろうし
45 ななしのよっしん
2018/07/20(金) 15:57:50 ID: KplwHPxv+J
ERA山盛りのT-72を運用してるシリア政府軍の戦闘動画を見ると随伴歩兵は直近には居ないか、居たとしても建物等の遮蔽物で身を守ってるな
進撃時は陸戦の基本である「射撃と運動」の運動役を務め、射撃役の戦車が前面で敵火力を制圧している間に戦車の両カバーする形で前進し、装甲を頼りに前進しなきゃならない場合は戦車にするのではなくBMPで運んでもらう事でERAの運用をフリーにしてる感じ
46 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 08:35:59 ID: Q8Kt5h8WBw
そもそも、爆発反応装甲でなくても戦車には間違いなく敵方の射撃が集中するんだからそんな近づくか普通。居たら心強いがケツにピタリと付くのは素人考えでも怖くて理だわ、轢かれるの嫌だし。戦車に進軍とは言うが、もう少し遠巻きなんでは。
47 ななしのよっしん
2018/08/10(金) 02:16:27 ID: 9/WIS/UUwm
>同じ爆死って言う結果でも、敵の爆弾で死ぬのと味方の爆弾で死ぬのは違うんじゃないですかね…
味方の爆弾ってのがERAって意味ならそんな可性は
48 ななしのよっしん
2019/05/31(金) 19:50:25 ID: BFk1UwJhs4
遊戯王の記事かと思った
>>azB071W5M5H6exit_nicoichiba
49 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 01:34:14 ID: 7RqXGsJe5R
ロシアのコンタークト5ってAPFSDSも破壊できるんだよな
ERAの威がもっと向上すれば、重ねないままタンデム弾頭HEATをも吹き飛ばせたりするのかな

行き着く先はガンダムSEEDアカツキみたいに、攻撃してきた方向にそのまま攻撃をお返しするものにまでなってそう(ERA金属自己鍛造弾と化してそのまますっ飛んでいって敵戦車に反撃する)