爆薬単語

バクヤク
3.4千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

爆薬とは、火類のひとつ。爆破、炸のことである。

軍用から民間用(爆破解体、岩盤等の発破)まで現在も幅広く使われている。
爆薬、火、火工品は「火類」と総称される。(火類取締法)

概要

 爆発により物を破壊および変形させるための爆破、また炸裂により物を速に破壊・切断・穿孔させる炸など、火類の一種であり、代表的なものにダイナマイトTNTトリニトロトルエン)といったものがある。

Q:「爆薬っていうのは、軍隊や土建屋さんが爆破に使うのことでしょ?」
A:「違います。どちらも爆発物ですが法令上の扱いも少し異なります」

は推進的爆発によるガスを利用し、ロケットや弾丸などを推進させるものでであり少し違う。
爆薬は特に高い爆速(2000m/以上)で、火較にならない爆衝撃)を伴うものをす。

Q:「軍隊に火と爆薬の2種類もあるのは補給や管理の面で面倒だし
  どうせ爆発させるだけなんだから、弾(莢)の火も爆薬にすればいいじゃないか
A:「…と考えたあなた、発射時にごと爆発して重大な障を負う危険性があります」

爆発エネルギー空気中を伝搬する過程で急速に減衰していくものの…至近距離では関係ない。
ちなみに手元での使用・爆発を想定しない手榴弾爆弾地雷、榴弾(炸裂弾)の弾頭部分は爆薬が多い。(爆薬系統を手元で爆発・暴発させるのはただの自爆である)


爆薬や火を用いて加工し製造したものは火工品と呼ばれ、管など小のものから魚雷など大のものまで幅広く存在する。

 テロ等に使用されると非常に危険なため、爆発物マーカーと呼ばれる成分の添付することがが当該条約に義務付けられており、空港等にはその成分を検知する機材が設置されている。ただし業種によっては付着成分が誤作動を起こすことがあるほか、マーカー成分を添加しない非条約自作爆発物に対しては効果がいという欠点もある。(可塑性爆薬の探知のための識別措置に関する条約)

使用方法

 設置・運用方法は、ただ大量に使えばいいという訳でもなく、横に置くだけよりも巻き付けたり、を開けて差し込むほうが使用量に対する費用対効果は高い。適切量があっても配置が下手だと、手に爆発はしても効果が薄く、的は達成できない。いくら高性な軍用爆薬といえど「何でも壊せるぼくのかんがえた爆弾」ではないのだ。

 的。を使用不能にすれば良いのであれば全体を手に爆破する必要はなく、支柱などの要な構造材を破壊し自重で崩落(自壊)させることで爆薬量や労は少なくて済み、微妙に残ってしまっても危なっかしくて重車両は通れなくなる。

C-4爆薬などはプラスチック爆弾とも呼ばれるが、プラスチック素材でできている訳ではない
この場合のプラスチックは可塑性(かそせい:物体の形を変えやすい性質)をす。
実際、粘土のようにグニャグニャ形を変えられるため、取り分けて使用したり、に差し込みやすい。
ただしTNTなど、温めなければ形を変えられないもの(熱可塑性)も存在する。

起爆方法

 ちなみに軍用の高性爆薬は火を付けたりいたりする程度では爆発しない。
起爆には信管(小の起爆装置)による誘爆など、素手では出せない大きなエネルギーが必要。
誤解されがちだが、本当にデリケートに扱う必要があるのは信管のほうである。
軍隊で迫撃砲弾や爆弾の信管が外されており、別個保管されているのもこのため。(使用前に取り付ける)
特殊な弾/信管は専用機械爆発タイミング等を入する場合もあるが。(射撃

火をつけても爆発しないとはいえ、
漫画映画等で長いコードと繋がっているシーンは見たことがあるだろう。
あれは爆薬に着火して起爆してる…のではなく、あの先に接続されている「信管」に点火するもの。
リモコンのような線操作のほうが簡単そうだが、失敗の許されない爆破にはあれが確実。
(配線自体が細い爆薬の、それ自体が信管になる"導爆線"も存在するが、接続方法は少し異なる)

「安全に運用でき、必要な際に確実に爆破できる」のが「高性爆薬」である所以である。

むしろ爆発しなさすぎて当初は爆薬である事に気づかなかった事例も。
(TNT爆薬の事例)1863年に発明→1891年に爆薬として使用できる事を発見される。(28年後)

いくら安全性の高い高性爆薬であっても危険物である事に変わりないため
職場の机に置いてあったり、ばたに落ちていても粘土代わりにいじって遊ばないようにしよう。

爆破解体

ビルの解体=爆破解体なイメージを持つ方もいるが
日本では法規制、住宅密集地が多く、資リサイクルもあるためビルや建物の爆破解体の事例は少ない。周囲の被害を最小限にし、中途半端に倒壊しかけの危険な状態で残らないよう、計算した量やタイミングでの起爆が必要なため「ただド手に吹っ飛ばせば良い」訳ではない点にも注意したい。
1992年琵琶湖畔で行われている

映画では迫が出るよう、ド手な爆炎を上げて倒壊させているが
実際は意外とらない。(それでも爆破の音響や迫が凄いため、大勢のギャラリーが訪れる)

爆薬を使いたい!爆発させたい!

爆薬を使いたい!ド手に吹っ飛ばしたい!とのある方は
炭坑・掘削現場、陸上自衛隊(施設科やレンジャー訓練)などへどうぞ。 ※施設科:工兵
弾薬・信管を製造する企業日本国内にあるため、製造工程を眺めるのは至福のひと時かも。
しかもすべて合法。取り扱いには十分注意して、ぜひ楽しんできてください。

※「うちの業種でも爆薬使えるよ!人材募集中!」という方、追加募集。
(非合法を除く)

ハッハッハ。

爆薬を作りたい!

作ってはいけません…と言っても
中学生高校生厨二病をこじらせた人が「作りてぇな!」と言っている例や
危ない人が作ろうとする、作ってしまう事例は世界中にある。

 手元での製造中に自爆し両失明を含めた重篤なリスク(即死のほうがマシ)や
爆発した間に警察消防が即スッ飛んできて、即お縄になるというリスクが高すぎる上に
十分な威をもつ爆薬を作るには、十分な安全知識や化学知識、機材、大量の材料が必要になる。
材料になりうる物は免許が必要だったり、購入量が制限されていたり、購入時にバレる)
仮に爆弾だけ完成しても、起爆装置がいい加減だと勝手に点火してしまい、運搬中に自爆する羽になる。

それでも、いくら止めても「作りたい!」と言うは絶対にいるわけだが…
爆弾を作ってたら暴発して、両腕、顔面や両が中途半端に抉られて何時間ものたうちまわって死ぬ」
「特に眼球は容易に損傷し二度と再生しないため、小規模な爆発でも重大な事故
「一命は取り留めても、四肢切断や失明など、死ぬまで多大なハンデを背負って生きる

という悲惨すぎる結末が待っている点も十分に考慮してほしい。
むしろ即死の方がマシであるが、素人の中途半端に作った威では難しい。
だけは大丈夫」とか言わないように。

映画漫画現実で元特殊部隊の人が手際よく作っているが
文字通り「特殊な訓練を受けています」状態なので、素人は真似しないように。

爆薬を描きたい!作品に出したい!派手に吹っ飛ばしたい!

漫画創作作品の中ではご自由にどうぞ。
粘土のような塊に起爆装置(タイマー、線、有線)+配線だけでもそれっぽい。
小さなコードリール、プライヤー/ペンチ、ポケットナイフといった工具もいかがだろうか。
ちなみに、ワイリさんがカチカチやってるのはM57発火具。(実在
軍用品でも引っるもの、捻って爆破するものなど特性によって多岐に渡る。

ただし実際は手な煙は上がっても、手な爆炎は上がらない。
フィクションに割り振って爆発させてもいいが、弾薬貯蔵庫・燃料貯蔵庫ならアリかも。

関連動画

関連商品

爆薬に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

爆薬に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%88%86%E8%96%AC
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

爆薬

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 爆薬についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改