片山晋呉単語

カタヤマシンゴ

片山晋呉とは、日本プロゴルファーである。

概要

1973年1月31日生まれ。出身地は、茨城県下館(現・西)。
身長171cm、体重70kg。血液型B型

ゴルフ場を経営していたの影で幼いころからゴルフ興味を持ちはじめ、5歳の頃にはくもラウンドデビュー
中学時代にジュニア大会で優勝、高校ゴルフの名門・高校に通い、
日本大学進学後は日本オープン選手権・ベストアマチュア賞の受賞、
日本学生ゴルフ選手権競技(1994年)での優勝と、順調にアマチュアでのキャリアを積む。

1995年プロに転向し、3年1997年には初シードを獲得、翌年には「サンコー・グランドサマートーナメント」で
レギュラーツアー初優勝をはたす。
2000年には、谷口に最大で約6504万円の差をつけられたが、最後の4戦で3勝と脅威の追い上げを見せ、
見事初の賞王を獲得(177,116,489円)。
その後も2004年2005年2006年2008年と通算5度の賞王にく。
2008年日本オープンゴルフ選手権競技でツアー25勝に到達し、史上7人永久シード選手となった。

2001年の全プロゴルフ選手権で4位入賞、2009年マスターズ・トーナメントでも4位と、
その高い技術でパワー不足を補い、海外でも活躍している。

2018年6月時点で日本ツアー通算31勝(メジャー7勝、ツアー24勝)をあげている。

プロアマ戦の騒動

男子プロゴルフツアー2018年メジャー第2戦「日本ツアー選手権ビル杯」の開幕前日に
おこなわれたプロアマ戦で、片山男性の招待客に激怒される騒動がおきた。
プロアマ戦とは、大会のスポンサーが顧客などを招待し、出場するプロと一緒に大会前にラウンドするイベントで、
プロゴルファーには、スポンサーにとって大切な顧客を楽しませることがめられる。
現在では、たとえ体調不良であっても、プロアマ戦を欠場した選手は本戦にも出場できないというルールがあるほど、
プロアマ戦は重要な場なのである。

しかし、片山は最初のホールを終え、ゲストたちが次のホールへ向かおうとしている中で、
自分のパット練習を続けていたという。
しびれを切らした招待客の一人が、片山に次のホールへ来るよううながしたところ、
「まだ前の組が詰まっているじゃないですか」と返したのだとか。
これに招待客が激怒し、クラブハウスに引き上げて、
青木会長を出せ」とクレームをつける騒ぎになったと伝えられている。

片山はその後、招待客のもとへ訪れ謝罪をしたが、日本ゴルフ界の歴史に残る永久シード選手が
起こした騒動とあって、ニュースなどで大きく報道され、批判を集めた。
日本ゴルフツアー機構(JGTO)は片山に対し、制裁30万円と厳重注意を課した。
それを受けて、6月27日片山謝罪会見を開き、
「反するところは反し、やっていかなければいけないことを見極め、
ゴルフ人生の糧にしていきたい」「きちんと猛して、処分を受け入れる」と述べている。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%89%87%E5%B1%B1%E6%99%8B%E5%91%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

片山晋呉

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 片山晋呉についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード