編集  

牙琉霧人単語

ガリュウキリヒト

牙琉霧人とは、CAPCOMゲーム逆転裁判4』に登場する架の人物である。

担当声優ゲーム本編では山本治(サウンドチーム牙琉響也と二役)。PV津田健次郎

概要

「牙法律事務所」を経営する弁護士であり、『4』の主人公である王泥喜法介師匠。また『4』におけるライバル検事牙琉響也でもある。また前作主人公成歩堂龍一拠品の捏造資格を剥奪された際、ただ一人だけ異議を唱えたことから交流が始まり親友となった。

法曹界で最もクール弁護士と謳われ、冷静かつ丁寧な口調で話す。一人称は「私」。また時々的な言い回しを用いることもあるが、第1話の亜内検事く「女の子にモテるため」らしい。とは似ても似つかない性格に見えるが、も「女の子に振り向いてもらいたい」という理由でバンド活動をしているので、結構似た者兄弟である。

同様、ドリルのように巻いた金髪が特徴だが、結構チャラ装のと対照的にスーツをビシッと着こなし、色白で、眼鏡をかけている。高級ブランドマニキュアなど、身だしなみにも気を遣っている。

年齢は『4』の現代で32歳であり、成歩堂より一つ年下である。

逆転裁判4での動き(ネタバレ)

以下、ネタバレのためスクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その正体は第1話の真犯人であり、逆転裁判4におけるラスボス成歩堂弁護士資格を失った原因で、作中で2名を殺した。

何よりも法を絶対視する男であり、「無知な民衆が法廷に関わるべきではない」という信条を持つなど、自身の職務にんだ誇りを持っている。そしてそれを汚すものであれば殺することもいとわないという、恐るべき狂人。さらに勝利をすために手段を選ばず、「拠が絶対」という法廷の原則を逆手に取り、拠の捏造罪を勝ち取ろうとし、自身の犯行については決定的な拠をもみ消すことで逃れてきた。

事の発端は『4』の現代から7年前、成歩堂がまだ現役弁護士だったころにさかのぼる。

ある事件の依頼を受けた彼は、1000万のをかけて罪を立するための拠を捏造。しかし、その依頼人から裁判の前日にポーカーの勝負を持ちかけられ、敗北したことで依頼を取り消されてしまう(実際には勝敗の問題ではなく、勝負を通じて彼の人間性を見た依頼人は「信頼できない」と判断した)。そして、依頼人が新たに選んだ弁護士は、よりによって彼が「勝負運とハッタリだけで戦う二流弁護士」と軽蔑している成歩堂であった。

理解できない理由で弁護人から外した依頼人、さらに自身の仕事を奪った成歩堂復讐を果たすため、彼はさまざまな作戦を練り始める。

まず、自身が行った拠品の捏造成歩堂に押し付け、さらにその事件の担当検事である也にその捏造を行った人物の(絵瀬土武六)を参考人として喚問するよう忠告した。計画は成功し、成歩堂は失脚。しかし依頼人は突然法廷から失踪、7年間行方をくらました。

次に、「失踪した依頼人の発見」と「必要に迫られた場合の、関係者の口封じ」を的として、成歩堂を始め周囲の監視を始める。その一環として実際に拠品を捏造した贋作師(絵瀬まこと)を殺するため、連絡用の切手にを仕込んだ。しかし、連絡用切手に特殊なものを用いたことが原因でうまく機しなかったため、その後もまだ幼いまことの性格やクセを利用し、毒薬マニキュアの「おまじない」として盛り込むことで、いつでも殺できるようにした。

7年が経過し、失踪した依頼人が成歩堂と接触。これを発見した彼は、依頼人を殺しその罪を成歩堂に着せることを画策する。しかし成歩堂には全て読まれており、自身の部下である王泥喜と連携した彼に追い詰められ、殺人罪で逮捕・有罪判決を受け、弁護士資格も剥奪された(第1話)。

独房にいる中で、かつて仕掛けた入り切手のは土武六の命を奪い、さらにマニキュアのまことも倒れ病院に搬送された。その事件の真犯人として法廷に呼び出される(第4話)。

王泥喜たちの追及は悉く可性どまりで、彼の犯行を確実に立できるものではなかった。そのことを嘲笑い、被告であるまことこそ犯人であるとするが、彼が呼び出された裁判は裁判員制度が取り入れられており、数々の拠ややり取りから良識ある裁判員はいずれも「被告人の罪」を疑わなかった。そしてそれを取り仕切っていたのは他でもない、成歩堂であった。

成歩堂に嵌められたことを知った彼は、なおも裁判員の否定と法の絶対性をするが、から「法を絶対視していながら、法の抜けを探し続けて逃げてきた」ことを摘され、裁判長からも「法は絶対ではないからこそ々がいる」と否定される。

そしてまこと罪判決が出たことを知った彼は、法廷に高らかな笑いをこだまさせるのであった……。

……

……………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタキャラ?

ここまで述べてきたように、彼は間違いなく悪人であり、前作主人公を失脚させたかなり強大な敵である。はず。

……なのだが、ここまで読んできた人ならわかると思われるが彼の計画はところどころ雑でおかしく、さらに作中様々な小物っぽい言動、前述した的な表現による自爆ギャグ的な展開を多く見せているため、ファンからは「ネタキャラ」として扱われることが多い。

以下、よくネタとして扱われる部分の例。

  • 第1話の犯人として逮捕。このため「主人公師匠」としてのキャラは薄く、以降最終話まで全く出番はない。
  • 第1話の犯人としてをつけられる理由は、前述した的な言い回しが知っているはずのない現場の状況と一致していたためというとんでもない自爆。しかもそれが2回。
  • 7年前の元依頼人は裁判から失踪して指名手配中だったのだから、隠し通路で来るかわからない殺チャンスをじーっと待つよりも警察を呼んだ方が確実に復讐できたのに、殺したせいで地位を始め何もかもを失う。
  • 逮捕された際に「これが7年前の復讐というわけですか」と余計なことを言ったせいで、成歩堂過去のことを嗅ぎ付けられる
  • をかけて捏造した拠を使う相手が、その裁判がデビュー戦となる自分の
  • 捏造拠の文面が「いざ、さらば!」などやけに大げさで、ポエム癖のせいでファンからは「自分で必死で考えた」と推測される
  • 切手にを仕込む作戦は、まことファンだった魔術師の記念切手だったせいでとっておかれ失敗しかも7年もかかって別の人間に発動。
  • このトリック、「切手はめるもの」という前提で組まれているが、は「切手をなめるような人とは仲良くしたくない」とか言い出す。
  • まことを殺できるよう送ったマニキュアが希少なブランド品で、特徴的な形のビン。しかも全く同じものを自分も使っているのであっさり特定される。
  • した時に手に浮かぶ髑髏のような形の古傷をまことに「悪魔」と表現されるが、少女の何に緊して「悪魔」を見せたのか不明。なお、古傷の詳細は一切明かされず。
  • 独房に私物を多く持ち込み、VIP待遇のように見せかけておきながら刑務所の作業には普通に参加
  • 「レトリバーボンゴレは最高の親友」と言うが、噛まれている。前述の「悪魔」はこの傷という疑惑まで浮かぶ。
  • 7年間の間、一人で関係者を監視(ストーキング)していた。そのことでに「アニキはこの7年間、ビビりながら過ごしてきたんだ!」と糾弾される。
  • 「緊した人はみんな有罪ですか?」と、「みぬく」を全否定
  • 裁判員制度のことを知らず、カメラで別室の裁判員が見ていることを知らないまま余計な発言をしまくる
  • ブレイクモーションが超サイヤ人のごとく逆立つ髪の毛。そして成歩堂の名前を叫ぶため、「ダイナミック納得」とか言われる。
  • 過去には依頼人から裏切られ、第1話で親友と子の双方から裏切られ、最終話ではと法からも裏切られる、裏切られっぱなしの展開。ちなみに親友が一番嫌いなものは「裏切り」と「毒薬

他にもあるので各自で調べてもらいたい。→こちらを参照

また、第1話で本気で成歩堂を弁護しようとしていた理由や、資格の剥奪に異議を唱えた理由は明かされない。前述した法のみを絶対視する姿勢や、親友と呼ぶに手を噛まれたという話や、との関係などから「友は法のみ、家族からも扱いが悪く、成歩堂とは本気で友達になろうとしたのではないか(だから資格を奪いそこに付け込んだ)」という説が出されることも。もちろん拠はなく、あくまでネタである。当の成歩堂からは第1話であっさり切り捨てられたし。

このようにさまざまな言動がラスボスとは思えないほどしょぼくて間抜けであるため、『4』自体の評価もあって、彼はネタキャラとして一部で高い人気を誇る人物となっている。

余談だが、今までのシリーズに登場しなかった「サイコ・ロック」を発現した初めての人物である。しかし、彼の「サイコ・ロック」についてのゲーム中で解説されなかった。また現れるのは動機を聞いた時なので、「動機は嫉妬と逆恨み」であることから、そこまでして隠すことか?という疑問のも。なお、『逆転裁判5』で「サイコ・ロックは、深層心理から意識に発動したもの」と解説されており、これを彼に当てはめるなら彼の動機となる嫉妬プライドは文章や言葉では説明しようがないような意識の底から出てきたということなのだろう。やっぱ本気で成歩堂友達になりたかったのを意識に否定しようとしてたんじゃ…

2013年には『逆転裁判5公式サイト人気投票が行われ、ニコニコ生放送で結果が発表されたが、なんと彼は16位を記録した。これはみぬきの一つ下のランクで、『3』の星威岳哀牙より一つ上。彼より上のランクにいる『4』の人物(王泥喜也、みぬき)は全員『5』に続投しているので、『4』のみの人物としては最高ランクを記録したことになる(なお、『4』のみの人物で他に50位以内に入ったのは第4話の被告人・絵瀬まことのみ)。また、この人気投票で歴代シリーズラスボスは『逆転検事』の人物を除き全員50位以内にランクインしているが、その中での彼の順位は上から3番である

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


牙琉弁護士


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%89%99%E7%90%89%E9%9C%A7%E4%BA%BA
ページ番号: 5135541 リビジョン番号: 2019085
読み:ガリュウキリヒト
初版作成日: 13/08/27 23:17 ◆ 最終更新日: 14/05/08 21:28
編集内容についての説明/コメント: 差し戻します。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


やんき

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

牙琉霧人について語るスレ

32 : ななしのよっしん :2016/06/25(土) 03:25:36 ID: p3imtJ1bno
オドロキくんもハッタリや逆転の発想、弁護士ピンチの時ほど~を使うようになって、
もう全にオドロキくんの師匠なるほどくんになったんだなぁと思うとちょっとだけ寂しい
33 : ななしのよっしん :2016/06/25(土) 17:38:01 ID: KU5p06ZDxx
>>32
所々のモーションが人に似ているし全にナルホドが師匠になったとは言い難い。
それに基本的に理論だしオドロキくん
34 : ななしのよっしん :2016/07/07(木) 15:29:22 ID: XFcFvziBBT
何気にオドロキ君の師匠+字は違うけれど名前に「リュウ」が入っているんだな。
35 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 01:40:32 ID: O+veLYv/Oq
>>33
ダークオドロキくん(仮)の見下しドヤ顔以外に何か似てるのってあったっけ?
間に先当てて考えるモーションが人の眼鏡ブリッジ押えるモーションからきてるのかなと思ってたけど
めて見たら関係ない気がしてきた
36 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 13:20:03 ID: X3hfKIzppe
3のラスボス?は捕まった後も的が生きてたから最終話につながるけど、こいつの場合は1話で捕まったせいでネタキャラ街道邁進したんだろうな
37 : ななしのよっしん :2017/02/27(月) 09:54:32 ID: n7jnhjzuEn
ここに書かれてる通りに兄貴マヌケすぎるな
https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/29528.html

ラスボスなのに小物ネタキャラになってしまった(嫌われキャラよりはいいが)
38 : ななしのよっしん :2017/06/19(月) 22:48:32 ID: oOCwe6quK2
>>28
昔のカキコに答えるのも何だが、

成歩堂...成歩堂・・・からの、>>1発狂になる
39 : ななしのよっしん :2017/08/20(日) 03:28:09 ID: HFD7GW48ii
クソザコナメクジ
40 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 23:37:19 ID: cjFM8fU+vs
多分これからオドロキの掘り下げがあったとしてもさらっと触れられるだけで終わるんだろうな
哀れラスボス
41 : ななしのよっしん :2018/10/01(月) 00:14:37 ID: Qx6lhtQji/
>>36
的が生きてたってかちなみは死してなお復讐に燃える女だったからべるのも失礼なくらい格が違うんだよな・・
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス