牛乳を注ぐ女単語

ギュウニュウヲソソグオンナ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

牛乳を注ぐ女とは、フェルメールの絵画である。

概要

1657年ごろに描かれた絵画。机の上にある容器に女性牛乳から注いでいる。女性の表情は微笑んでいるようにも、集中しているようにも、悲しんでいるようにも見える。机の上には牛乳が注がれている容器の他にパンが置かれている。背景には他のフェルメールの絵画にも見られる、から差し込むが描かれている。

現在フェルメールの出身であるオランダのアムステルダム美術館に所蔵されている。

なぜ牛乳を注いでいる女性の絵を描いた?

美術の分野でも複数の解釈ができるため、答えるのは難しい問いである。

当時の生活として

描かれている女性メイド政婦)である。机の上のちぎられたパンの様子から、この絵はブレットディングを料理している様子だと判断できる。ブレットディングとは、燥して硬くなったパン牛乳砂糖などの甘味料を加えて作る料理である。描かれているのはパン牛乳に浸すために牛乳を容器に入れているところであり、少しずつから牛乳を加えて分量を調整しているのである。

当時はしくなかった勤勉に労働する女性そのものを、忠実に気高い雰囲気で描いた作品である。

官能的な意味として

当時、メイドは性的なイメージを想起させる存在でもあった。フェルメールの前時代や同時代にはそのように描かれた作品が数多く存在している。

「牛乳を注ぐ女」には一見すると気づかないが、性的イメージを想起させるものが描かれている。例えば右下タイルにはキューピッドの絵がある。その手前ののようなものは足温器である。当時の足温器は女性スカートの中に入れて足を温めるために使っていた器具である。日常的なものとして足温器が描かれたともみなせるが、スカートの中に入れることから、当時の絵画では女性の性的奮の徴ともされていた。

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%89%9B%E4%B9%B3%E3%82%92%E6%B3%A8%E3%81%90%E5%A5%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

牛乳を注ぐ女

1 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 21:55:19 ID: OYgfeZrfwO
ウィキペディアでは牛乳を注(つ)ぐ女
だったけどどっちが正しいですか?
2 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 23:41:07 ID: z78ZBGSzLW
小学館デジタル大辞では「そそぐ」ですね
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/295969/meaning/m0u/%E7%89%9B%E4%B9%B3%E3%82%92%E6%B3%A8%E3%81%90%E5%A5%B3/exit

もともとオランダ語のものを日本語に訳していますし、食べ物・飲み物であれば「注ぐ」の読みは「つぐ」「そそぐ」の両方が使えますので、どちらでも構わないかと思います
3 ななしのよっしん
2020/11/28(土) 19:53:38 ID: HW3py4ex/n
https://twitter.com/Chanta_in_inari/status/1324333468302520320?s=19exit
抱えて笑った
4 ななしのよっしん
2020/12/25(金) 17:01:28 ID: fARJaFAM6X
「働く女性」に気高さと共にコスプレフェチシズムを連想していたのは今も昔も同じなのか
5 ななしのよっしん
2020/12/25(金) 17:10:25 ID: hFk74oQ3Yw
牛乳女性も単なる徴(シンボル)なんだよなあ