犬塚キューマ単語

イヌヅカキューマ

犬塚キューマとは、革命機ヴァルヴレイヴの登場人物である。 CV小野友樹

概要

学園3年 学籍番号/AO775 部活/バレーボール部 誕生日 /1月9日 星座/山羊座 血液型/O型
身長/179cm 好きな食べ物/お茶漬け 嫌いな食べ物/納豆 趣味/式投資 苦手なもの/ただ働き

 「にはがついている・・・!そうだよなアイナ・・・」

ヴァルヴレイヴⅤのパイロット。明るく思慮深い、人当たりの良い性格でハルトショーコたちにとっての良き先輩でありハルトの身体異常を知りながらも受け入れ、理解した数少ないうちの一人。ハルト心も知っていたため1話では「かにとられてから泣いても遅いからな」と焚きつけるなどしていたが、彼が人間ならざるものへと化したことでショーコへの告白を断念してしまってからは彼をより心配するようになる。
その一方で「将来は世界一の大持ちになる」と言するほどの守銭奴でありけに余念がなく、劇中では

などを考えたが、彼自身のけのはさほど高くないご様子。(義捐を募った際、悪名高きPVが作成される前では3,414円しか集まらなかった) 
なお彼が銭に執着するのは幼少期の貧しさから病気を患ったの治療費が捻出できずに幼くして亡くしてしまったという後悔から来るという悲しいエピソード小説において説明された。しかしアニメではそんな事情には触れられなかったため、ただに意地汚いだけのように見えてしまうのがなにより悲しい事だったかもしれない。
個性的な人物の多い本作において至極まともな良識人であるがハルトの身体とヴァルヴレイヴIの奪還に協した際、「バイクのようにはいかないな」などと言いながら戦闘ヘリの操縦をこなすなど彼もまたをやらかす人。

10話での内閣総理大臣選挙後、上記の銭面への理解の深さからか新生ジオールの財務大臣に就任した。

~先輩の活躍~

櫻井アイナ情を抱いており行動を共にすることが多かった他、自らの存在を蔑むハルトに「化け物じゃない」と諭し、穏やかに接する彼女の優しさをみて誇らしげに微笑んでいた。しかし告白までには至らない関係でもあった。
かたや主人公強姦まがいの行為を経て婚するにまで発展したというのにえらい違いである。
そのため彼女が殺された際にはしく動揺するとともに深く悲しみ、を討つためにヴァルヴレイヴの搭乗者として志願する。
しかしタクミには安全性の保障のさを、エルエルフには「才希望ほど迷惑なものはい。敵を討ったら死んだ人間が生き返るのか?」と諭されてしまい、一旦はヴァルヴレイヴへの搭乗を諦めてしまった。

なおアニメにてエルエルフが選定した彼の操縦適正は(第9話参照)

重力耐性においてかなり不安要素が残るものと思われたが、実は上記の操縦適正はエルエルフによって意図的に悪されており、上記の評価は自身が劣った人間であるとしても立ち向かう精性を試されてのことであり、本来の彼の適正はA評価であると小説版にて明かされた。アニメではこの竄した操縦適正をエルエルフキューマへ見せるシーンく、操縦適正を竄していた事実への説明もほぼ為、逆にキューマがパイロットとして劣っていると勘違いしてしまう人も出てしまった。

その後再度襲撃してきたドルシア軍の陽動によりハルトサキを引き離され、電も落ちたモジュール77の窮地のどさくさに紛れヴァルヴレイヴへ搭乗しようとするライゾウを制止し口論を繰り広げた。その中でキューマの念、心中を察したライゾウの熱意にあてられ、自らのアイナへの思いを吐露し、自身も「の為に戦いたい」と決意を固めヴァルヴレイヴⅤと契約パイロットとなった。
契約には、他のメンバーはほぼ衝動的に人間を辞めている中で狂暴化したハルトに襲われた経験からか一葛らしい葛をした人物。憑きとなったその後は落ち着いた性格の年長者ということもあり、突出しがちなヴヴヴチーム揮するリーダーのような役割を担うこととなる。

ヴァルヴレイヴ搭乗後に戦場で亡くなったはずのアイナと邂逅したかの様なNT的なの描写があり、その際彼女にこっちに来ないでと「フラれた」事をハルトり、憑き物が落ちたが如く元の明るい彼へと戻った。コミックにて山田サンダーはノブと、小説にてハルトサキも亡きアイナと邂逅を果たしたかのような描写がなされたがなぜこのような現が起こったかは未だ不明。

2期でも自身の苦難に悩むハルトの理解者として支えるなど良き先輩として立ち振る舞いながらも相変わらずの銭への執心を忘れないなどあくまで彼は彼であった。
ヴァルヴレイヴVのパイロットとして地球降下作戦に参加し、ドルシアの武の徴であるイデアールブルーメを機体特性もあり苦もく撃破するなど戦果を挙げるが、ドルシアの新兵器キルシュバオム」の攻撃は受け止めきれないなど彼のメイン盾としての存在が窮地に陥るものの、皆のとなり続け威偵察を成功させる。

しかし21話にてマギウスのに嵌められ、またヴァルヴレイヴに関する秘密をショーコを始めとする他の生徒たちに隠していたこともあだとなり、他のパイロットと同様に周囲からの迫を受け、脱出の際にショーコを始めとした仲間たちに裏切られてしまう。
しかしそれでもアイナが名付けた「憑き」の名に込められた想いを胸に、ショーコたちのとなり皆を送り出した後、最後の使命として売り渡されたハルトエルエルフを救出する。奪還に成功し、せめてもとモジュールの近くまで送り届け、彼は残った敵を連れにして宇宙に散った・・・本当にこの作品、いいほど報われない。

ハルト異常性を間近で垣間見ながらもっ先にそれを受け入れサポートし、その最後には酷い扱いを受けながらも皆を守るとして殉じた優しい彼の死後が安らかなものである事を祈るばかりである。願わくば先に天国へとだったアイナと幸せに・・・

ヴァルヴレイヴV "火打羽"

学園地下の格納庫に保管されていたヴァルヴレイヴの中の一機。メインカラー。なお彼が搭乗の決意を固めた際、の前にあった号機ではなく離れた場所にあったはずのこの機体にいきなり搭乗しているが、これはライゾウが号機は自分が乗ると譲らなかったこと、キューマが皆を守る」を装備したこの機体に強く惹かれた為であることが小説にて説明された。

~他にも小説版では上述のようにアニメでは明かしきれなかった設定やアイナの優しさ、存在感の増加、ライゾウとに芽生えた友情なども描かれており非常に出来が良いのでぜひ読んでみてほしい~

第9話「」にて起動。キューマの高いポテンシャルもあってか初登場時点で常的な性を見せつける。特装備はヴァルヴレイヴの構成材質で最高硬度を誇るクリア・フォッシル」(袖や踵、を構成しているクリアパーツ)製のの羽のような大シールドと、全身に施された増加装甲類と全身にミラーレイヴから生成した特殊エネルギー皮膜によるコーティングを総称した「IMP。ドルシア艦隊の艦砲射撃はおろか、要塞攻略用の「超伝導流体加速」すらも傷で弾き飛ばすなど、での防御がよく描写される本作において一機次元の違う防御を誇っている。防御時には上述の特殊エネルギー皮膜がはじけ、き非常に美しい。また防御時の熱量上昇率も他の機体とべて大幅に低減されている。
 防御特化機体ではあるものの火力も非常に高く、門がボウガン状に14門並んだ火器ボルトファランクス拡散状態でも多数のドルシア量産機「バッフェ」を一撃で撃ち抜き、収束させることで艦隊のミサイル斉射をも防いだバッフェの集合防御形態ファランクス」をの上から撃ち砕くなど中距離限定の兵装とはいえ圧倒的な性を誇った。

そんな当機も13話にて号機に続き称を頂戴する。その名もBEAST HIGH
シールドにデカデカとロゴマークが付けられており非常にさまになっているが実はコレ、キューマの案によりネーミングライツを獲得した清飲料の名前である。お前、自分の相棒をそんな扱いでいいのか?
劇中ではその清飲料CMタレントサキが担当しており、彼女仕事を選ばないはっちゃけっぷりは一見の価値あり。
「君の中の覚める!」

Ⅰ・号機のような特殊号機のような手なギミックこそないものの兵器単体としての性は極めて高い堅実、ハイスタダートな機体といえる。

プラモデルは機体の胴体部になされた増加装甲類は基部が可動するため可動を阻することがく、玉である大シールドクリアイエローの一体成で構成されており、ジョイントの自由度の高さから原作と変わらぬポーズをとる事が出来る。武器のボルトファランクスにも若干の短さを感じさせるがまた別の色のクリアファクトパーツ弾道が成されており、VVVキットの中でもトップクラスの良作である。なおBEAST HIGHロゴシールは同梱されなかった。まぁいらないよね

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%8A%AC%E5%A1%9A%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

犬塚キューマ

44 ななしのよっしん
2013/12/14(土) 20:14:28 ID: DITKg6mE6p
策に引っかかった状態とはいえ、ハルトを壮絶な誤解から突き出したからなぁ。

しかも冷静に頭に血が上ったままだから誤解したままでいたわけなんだし、よほどの
事がない限りは叩きはなくならんだろうな。叩きやすい構図に陥っていたわけだし
45 ななしのよっしん
2013/12/15(日) 00:21:14 ID: IOs/YZi0Wi
>>43
編集したものですが不快に思われたら申し訳ない
どうしても説明をする際に「ショーコたち」と書かざるを得ないので悪立ちしちゃうんですよね
裏切りまでの過程もちょっと視聴者の共感を呼べるとは言い難いものですしショーコのまった決断が
ハルトを売り渡す助長をしたことは間違いく、その失態を拭う為に彼が犠牲になったことも否定ができません
22話になっても全く心できていなかったですし、彼の念を慮るとどうしてもショーコたちへの擁護がが…

なにかいい案がありますか(´・ω・`)
46 削除しました
削除しました ID: vH36s2bgbZ
削除しました
47 ななしのよっしん
2013/12/15(日) 03:08:26 ID: wGQAyNYqcZ
>>46
どういうふうに書いたらいいとかどこ削って
何を加えるべきかとか案出したら?
もしプレミアムなら自分で編集加えればいいよ
48 ななしのよっしん
2013/12/15(日) 03:10:43 ID: zgCHvEQzWo
気持ちはわからんでもないが、ショーコ嫌いという感情丸出し過ぎだろう
中立性がさ過ぎて編集者オナニーと言われても仕方ないレベル
49 ななしのよっしん
2013/12/15(日) 06:16:02 ID: IOs/YZi0Wi
ニコニコショーコを許せない潮の影を受けて感情的な文へと奔りすぎてしまいました
なんだかんだと言われてますが記事にするような事柄じゃありませんね
添削してくれた人、ナイス
50 ななしのよっしん
2013/12/21(土) 10:10:50 ID: oDtm+ZrOHJ
死後もなおアキラとして仲間を守った先輩…(;ω;)
51 ななしのよっしん
2013/12/22(日) 02:37:58 ID: he3NDAOxDD
先輩サンダーとLLFはこのアニメの良心
52 ななしのよっしん
2013/12/29(日) 13:39:59 ID: QFIYZDZOIQ
手放すと死ぬ呪いのアイテム扱いもされたけど、最後までアキラを守ってくれてありがとう先輩・・・
最期までも死後までも仲間を守るであり続けたんだな
53 ななしのよっしん
2014/10/11(土) 15:32:10 ID: DITKg6mE6p
>>45
まぁ、本来なら導者のイオリを出すべきだろうけど決定者はショーコというのも異論がつきやすい話だからなぁ。特にハルトがカミングアウトできなかったことが要因ではあるもののカイン大統領の謀略に掛かったことは否定できないしな。
ただ、その謀略が璧に成立するのを文字通り「自らをにして」阻止したというのが泣けるところだわ